Hatena::Groupculdcept-ds

あじへいの「セプター人生これからだ」

2008-10-12

Tという男

17:12

ファミ通などにも新カードの情報が掲載されまして。

新カードについてあれこれ考察しようかなあとも思ったんですが、

使ってみんことにはわからん!と私の脳が考える事を拒否したので、かわりにどうでもいいこと書きます。

友達数人でカルドセプトセカンドエキスパンションを遊んでいた頃の話なんですが。

Tという男がいまして、そいつは普段あんまりゲームをやらない男なんですが、カルドセプトは気に入ったようで、よく対戦をしました。

セカンドエキスパンションが発売されて少したった頃。

いつものように友人の家でメンバーが集まるのを待っていると、

Tが「とんがりコーン買ってきたけど食う?」みたいなトーンの言い方で、

「メダル全部集まったけど見る?」と言ってきました。

えええ!?メンバーのほとんどがまともにカード集まってないのに、お前は何者!?

セカンドエキスパンションをやった人はわかってもらえると思うのですが、メダル集めと言うのはかなり大変なのです。

しかもTは、攻略本、ネットの情報などに頼らず、自力で全部集めた。

すごい。賞賛されるべき行為であった。

でもメンバーのほとんどは「引くわ…」という反応でした。

Tは「なんで引くんだ!すごいだろうが!」と怒ってましたが。

私はひそかに「ものすごいカルド愛だなあ」と尊敬していたのです。

だんだん、時間がたつにつれ、セカンドエキスパンション対戦会も少なくなって、

カルドの対戦相手がTだけになってしまい、ほそぼそとタイマンで勝負するようになった頃。

ようやく私も全てのメダルをとることができました。

それを早速Tに見せました。

そしたらTに、

「いやあ、他人が全部集めたのを見るとあれだな。引くわ」と言われた。