Hatena::Groupculdcept-ds

秋月堂blog DSセプト部支所

2008-11-04

口ハウント論転じて 20:35

昨日部室口ハウントについて意見が交わされていたので、それについて。

そもそも、ある程度のレベルになったら引っかかっちゃダメです。

引っかかるのは自分の手が自分で明確に決めれてないって事ですから。

どうして良いか分からなくて悩んでる際に他の人の言うがままに手を打ってしまい

しかもそれが、本人を有利にするよりも口を出した人間の有利になるようになってしまう。

これが、口ハウントが嫌われる要因なんですよね。

じゃあ、そうならないためにはどうすれば良いか?

基本的には場数を踏むことがまず第一です。

多くのケースを経験すれば、のちに同じようなケースに遭遇した時に

どう対処して良いか分からない、という事はないでしょう。

で、その際に教えてあげられる人がいればなお良いのですが、

なるべくなら、対戦後に要点をアドバイスするという形が好ましいと思います。

対戦中に自分で考える機会を失うのはよろしくないですので。

そして、特定の1人に教わるのではなく、いろいろな人に教えてもらえる方がいいでしょう。

人にはそれぞれのスタイルがありますので、

1つの事柄に対してもさまざまなアプローチがあります。

全てをおぼえる必要はありませんが、

その中から自分にあったやり方をおぼえ、

自分のスタイルを確立すれば、自分の打つべき手を迷う事も少ないでしょう。

ま、あとは「自分は初心者」、「自分は弱いから」という考えを早いうちに捨てる事ですね。

こういった自信の無さが、人の言うことを受け入れてしまう要因になりますので。

セプト部にもDSからはじめた方、旧作経験者だが対人経験のなかった人、対人戦をやりまくってる人といます。

発売前から、結構差が開いちゃってるのが現状ですけど

ボクはこの差がなるべく無くなればな、と思っています。