Hatena::Groupculdcept-ds

秋月堂blog DSセプト部支所

2008-11-12

駄文 15:49

昨晩のバンパイアリーグにて心理戦云々という台詞が出たのでそこを拾ってみます。

この言葉が使われるのは、大体が戦闘においてのアイテム使用の読みあいですかね。


例えば、手札武器がある状態で、移動侵略する場合。

倒せない相手に対して、普通は武器を使います。

攻められた方は、武器を使われると倒されるので、普通は防具を使います。

この「普通」を利用して相手の裏を斯きます。

1度目は武器を使わず、防具を無駄遣いさせて2度目を確実にしたり、

逆にそれを読んで防具を使わなかったり。

こういった読みあいの面白さもカルドの魅力です。


で も ね 、

真に大切な心理戦はマップ上ですでに行われているんですよ。

相手の拠点もしくは拠点候補の隣に、

攻撃能力を有したクリーチャーを置いたという事象。

こっちの方が大事なことなんです。


何故なら、それだけでその相手は畏縮するからです。

防具やそれを使うための魔力を残さなければいけなくなったり

逆に防具を持ってないときには、無理なドローで引き込もうとしたりと

相手の行動を制限出来るようになります。


しかし、実際に移動侵略を行うというのは

自分の手番を消費するというマイナスな行動なので、

それ以上のメリットがなければそもそも無駄な行動ですし、

たとえメリットがあったとしても、その場所での攻防は終わってしまいます。

その間に相手が別の場所に展開し、結果試合に負けてしまうのであれば

手順としては問題があったと言わざるを得ません。


そうそう、悪い例として前にこんな事がありました。

ボクはその時火単を使っていたのですが、

ボクがばらまいたクリーチャー何箇所かに対して

G・アメーバを横付けして何度も移動侵略を繰り返す

という人がいました。

どうでもいいばらまきクリーチャー1体を倒すのに

領地コマンドを2回も3回も使うのが、勝つ為の手段なのでしょうか?

結局その人は、自分の手番を無駄に消費し続けて

まったく総魔力を伸ばす事が出来ず、

終いには、他の人の歩数ロスなしに回避できた高額値に

相手が防具持ってるのを覚えてないまま踏みに行って振り込み

その後もこちらの土地侵略するだけでゲームを終わらせてました。


まぁこれはAIの方がマシじゃないかというぐらい極端に悪い例ですが、

実際問題として、各プレイヤーへの行動の権利というのは

ラウンドごとに、ダイスを振る前にスペル1回使う権利と

ダイスを振った後に、

手札からクリーチャー配置する。

手札から相手領地侵略戦闘を仕掛ける。

領地コマンド土地レベルを上げる。

領地コマンド土地属性を変化させる。

領地コマンドクリーチャーを移動する。

領地コマンドクリーチャーを交換する。

のうちどれか1つを1回だけ行う権利がある、ということです。


これらの行動を使って、一手一手を達成に近づくように進めていくのが

本来のこのゲームの目的であり、

冒頭に上げたアイテムの駆け引きも、

この達成への手順を最適化するための手段の1つになります。


ただ、行動の種類は多いですが、実際に行える回数は限られており、

バインドがかからない限りは、その回数は全員が同じです。

ならばやはり優先させるべきは自分を伸ばす手であり、

睨みを効かせていたクリーチャーを実際に動かすのは

本当に止めなければいけない時が来てからで十分でしょう。


カルドはあくまでもボードゲームです。

戦闘で勝つ事が勝利条件ではありません。

まずは盤をよく見て自分の形を作る。

誰かが達成しそうなのは見逃さずちゃんと止める。

ただし、他の人に出し抜かれては意味がない。


カルドって難しいですね(*'-')b

higejonhigejon2008/11/12 16:28深いですね~。
移動侵略をするにしても、闇雲に総魔力を上げるチャンスを棒に振ってまでするのはナンセンスということですね。
貴重な領地コマンドを一回消費するからには、達成を阻止する、または第三者以上に自分が利益を上げられるくらいじゃないといけないと。
参考になります^^

自分もけっこう「これ倒せるな」って思ったときに欲しい土地じゃなくても移動侵略しがちなので、他人の妨害よりも自分を伸ばす事を肝に銘じてプレイしたいと思います。

Akitsuki_DSAkitsuki_DS2008/11/13 19:31>「これ倒せるな」って思ったときに欲しい土地じゃなくても移動侵略
これを地形変化なりレベルアップなりにするのがまっとうだと思うのですよ。
隣の人と色かぶってなければ、地形変化は攻めないというサインであり
お互い延ばしていこうねという不可侵条約にもなります。
ま、いつ裏切るかは本人しだいですけどね(黒