Hatena::Groupculdcept-ds

秋月堂blog DSセプト部支所

2008-11-13

何が無駄かを知る為に 18:13

前回の記事でプレイヤーに与えられた権利について触れたのですが

対戦初心者な方は、何を行うのがいいのかわからないかも知れません。

ボクとしては、自分で考えて答えにたどり着いて欲しいので

具体的に何をするのが良いっていうのは書きたくありません。

ま、その辺は他の方がそのうち書いてくれるんじゃないかと思いますが。


その代わり、それらを考えていく過程で、教育上よろしくないブックの紹介をしておきます。


まずは、ライフフォースブック

これは自らスペルターンを放棄する事で、

コストの高いクリーチャーアイテム

タダで使い放題にするというコンセプトなのですが、

この、スペルターン放棄というのが手順を理解する上でよろしくありません。


次に、フルスペルブック

こちらはクリーチャーアイテムを廃して、

強力なスペルで場のコントロールを行って勝つブックです。

盤面を全て把握して、はじめて戦えるブックで、

これからそれをおぼえていこうという人にはお奨めできません。

ていうかはっきり言って、

基本の分かってない人が使っても

ただの迷惑行為の連発になってしまうのがオチです。


この2つのブックはどちらとも、

権利の片方を放棄した上で、もう片方の権利に特化したブックだと言えます。

ならば、そういったブックで片方ずつ理解すればいいのではないか

という意見も出そうですが、そんなことはありません。


何故なら、自分が出来ない行動の意味を理解出来てないまま使っても、

制限された状態での正しい行動を見出せない事が多いからです。

どうせやるなら、身になる試合をして欲しいですので。

それに、権利行使の回数が人の半分ということは、

一度選択を間違えると、挽回が難しくなる可能性が高いです。


そういえば、今日はシレンが出てるんでしたっけ。

これでカルドが繋がりやすくはならないかなぁ・・・?