Hatena::Groupculdcept-ds

秋月堂blog DSセプト部支所

2008-11-14

Ecological 14:22

エコ。それは現代における人類の課題。

資源には限りがありますし、自然環境の保全も必要です。

1人1人の出来ることはわずかですが、

それをみんなが行えば、大きな力になります。

それに、地球に優しいということは、

結果的には自分にも優しいということになります。

自分や自分の子供の未来の為にも、

1人1人がエコを意識して生活する事が大切だと思います。



では、具体的にどうすればいいのか?

エコの基本は節約だと思います。


使わない家電の電源をオフにする。

過剰な冷暖房を行わない。

ゴミを減らす。

etc...etc...


そんな当たり前だけどなかなか出来ない事の積み重ねが

大切な事なんじゃないだろうかと、ボクは思います。



それはバブラシュカにおいても同じで

上手な節約をする事が、

より良い環境を作ることになると言えます。


1.カードコストを抑える

基本的にはコストの高いカードほど高性能です。

ですが、高いカードばかり使っていては、

魔力が足りなくなり、何も出来なくなってしまいます。

だからと言って、0Gのカードばかり入れていても

力負けしてしまうのがオチです。

必要最低限の水準を決めたうえで

なるべくカードコストを抑える事が出来れば

その分、魔力増資にまわすことが可能になり

達成への近道へと続きます。


2.手順と支出を秤にかける

魔力消費と手順のロスのどちらを取るべきか。

こういう選択をしなければならない状況は多いと思います。


例えば、拠点候補のクリーチャー無属性に置かれている場合。

領地コマンド地形変化したら100Gで済むところを

150Gの地形変化スペルを使うというのは、魔力的には50Gの無駄ですね。

でも、この直後にその土地をLv5に上げればどうでしょう?

領地コマンド地形変化からレベル上げという流れを取るのなら

この土地に対して、領地コマンドを2回使うことになります。

これが上記の例では1度の領地コマンドで済みます。


マップの形にも撚りますが、これは周回1周分の手順の短縮になったと言え、

最後の詰めを行う終盤では大きな意味を持つことになります。


時は金なり、ってやつですね(*'-')b


3.最短距離を最短時間で

1周する時間が短ければ、その分有利になれます。

その為にも最短距離を通ることが望ましいです。


とは言っても、欲しい土地があったり、相手の高額地があれば

迂回することも必要になってしまうでしょう。

そうならない為にも足スペルが重要になってきます。

あまり温存するようなものではありませんが、

ある程度の使いどころというのも意識してみるのも良いでしょう。


こんなとこかな?

それでは、良いエコライフを!

環境破壊は程々にねっ☆