Hatena::Groupculdcept-ds

カルドセプトDSメモ(M7星雲分室)

2008-12-14

【ロングソード】

22:04

ここ数日、ちょっと使ってみているマイナーカードがこれです。


ロングソード】(武器)

コスト:10G

T+30

以上。シンプルな効果です。


☆良いところ

先制持ちクリーチャーの窮地を救うことがある

・何と言ってもお手ごろ。10G追加で簡単にT50~80が叩きだせる

カウンターアムルを持っている相手が「ここなら捨ててもいいかな~」というところを落とせる(こともある)

ガセアスフォームを持っている相手が「以下同文

グレムリンアムルを以下同文

・要するに、オーディンランスヘルブレイズを使うまでもないLv.1侵略のお供に嬉しい。クリーチャーもあまり選ばない。

・実は見せカードとしては、クレイモアに近い働きをしている(気がする)。どうせ高額領地は落とせないorアイテム使われるし…

ロングソード?これは初心者かも?と思わせることで、相手の警戒心が薄まる(かもしれない)


★悪いところ

・決定力のあるダメージは叩き出せない

・当然、ブックの中の1枚を占めるのでその分スペル等が1枚減る。領地を取れなければ収益は確実にマイナス

・持ち続けるにはあまり向いていない。タイミングを図りすぎると手札を圧迫する



ぱっと見良い点が多いように書いてみました。カッコ書きが多い気もしますが(笑)

通常、STが50とか60のクリーチャーって相当コストが高いかHPが少ないものですが、ST+30がたったの10Gですよ!

この点だけ考えるととてもお買い得です。

レベル侵略にはST50相当のクリーチャーを使うことが多いと思いますが、なかなか高コストだったり、

その後の守りに向かなくてクリーチャー交換(結局2度手間、コスト2回払い)になったりしがちです。

その点ロングソードなら手札1枚は使ってしまいますが、攻めるときだけ高STでそのまま守りに使うなんてこともしやすいです。


ヘイスト1枚とどちらがいいかなんて決められる話ではありませんが、試しにブックに入れてみての感触は良好です。

侵略が多少しやすいというのもありますが、相手が油断してくれる効果は、本当にあるかもしれません(^^;

カード4,000枚

11:02

昨日はひどい負け方を続けてちょっと愚痴っぽくなってしまいました。

いろんな人がゲームをやっているのだし、意図的にゲームを壊してしまおうというのでなければ

仕方ない面はありますよね。少し編集してソフトな表現にしてみました^^;




ひとりで対戦」で「」をプレイ。これで一応全マップを試しました。

同時にカードが4,000枚を超え(4,009枚)、丁度4枚になったカードが2種。

あと4枚ないカードは何だろう、と見てみると…


クリーチャー

ジャガーノート(3)

チュパカブラ(3)

ソン=ギョウジャ(3)

トウテツ(3)


アイテム

シルバープロウ(3)

ソウルブラスト(3)

ダイナマイト(3)

ハンドボム(3)

プロテウスリング(1)


スペル

ディスコード(3)

ハウント(3)

リフォーム(3)


ジャガーノートレア度なのと、プロテウスリングが1枚しかないのが気になりますが、

3枚以下のカードはどれも4枚入れるようなカードではなさそうでした。そういう意味では運がいいかも。

メダルは49種。ストーリーキャラから100勝って、かなり時間かかりますよね。