Hatena::Groupculdcept-ds

カルドセプトDSメモ(M7星雲分室)

2009-01-05

セイレーン

22:00

第二回Wifi予選に向けて、いろいろ調整しています。

その間に考えていたこととして、拠点としてのセイレーンの長所、短所(脅威)についてメモ書きをします。


<<セイレーン>>

【長所】

先制援護はつおい。モスマンサムライ無効化(エルブンクローク怖い)

アースシェイカーに無傷。

アイテムがなくても侵略に耐えられることが多い。援護クリーチャー次第でいろいろできる。

HP50のクリーチャー援護に使えば、フュージョン強打に耐える(HP80) 巻物系にはとにかく強い。

(追記:チャームには弱いです。先制で倒せれば良いのですが。)


【短所】

イビルブラストで沈む。MHP強化orランプロが欲しい。アーシェや他スペルを考慮して多くの場合後者。

援護クリーチャーが確保できないと、脆いことも。

土地コストが1つとはいえ、必要。


【脅威】

セイレーン普通に堅くて強いのですが、援護がメインとなるためグレアムを握られると脆い所も。

グレアム握られた侵略は多くのクリーチャーにとって辛いですが、援護持ちは特に感じます(素が強くないので)。

レベル5だとそうそう落ちませんが、青天井系とか貫通系相手だとコロリといくことも。


カリブディス

HPが60なため、レベル3以上だと普通に落ちます。

エンジェルケープなら耐えられます。


ファイアードレイク

頻度的にも高そう。ST80はマップによってはなかなか超えないが、HP40。

このため、セイレーンの支援+10は重要で確保しておきたいところ。

フレイムロードエルダードラゴンがいると先制で倒すのに支援+20必要。

両方いたら+30必要なので、ベールゼブブでもいない限りほとんど無理そう。


モスマン

先制持ちのST青天井ですが、人族無効化なので普通は大丈夫。

上記の通り、エルブンクロークとか被られたら無効化できませんが…

相手がエルブンならこちらもアイテム(援護)が使えます。


コアティ

HPが30なので先制で大丈夫。

ウイングブーツを使われたら、こちらも援護or無効化アイテム

アースシールドトライバルメイル持ちで来られたら厄介なことも?

援護で耐えられない場合はアイテムで。毎回書くのも大変ですがこれは仕方がないですね。


デュラハン

あまり多くは見ませんが、来られたら辛そう。

HP50なので、支援と応援で+20があればグレアム持ちには対処できます。


クラステ

意外な気もしましたが、HP50とST40の貫通なので、グレアム持たれると支援+20ないと倒せず、負けます。

一応エンジェルケープなら回避できます。


ナイトメア

HPが30なので先制で倒せます。コアティと同じ。

ヤケクソのファルコンソードとか来ても、援護グレアム無効化防具かどうにでもなります。ステキ。


アームドギア

相手が貫通狙いで援護クリーチャーを使うと言うことは、

こちらもアイテム援護が使えるのでそうそう倒されません。

怖いのはサイクロプスサムライナイトパラディンアシュラF・ジャイアント

こちらもHP60以上の援護は考えにくいので、高STで倒してしまうかグレアムで壊すか無効化するか。

支援効果込みで、サムライなら+ST40、ナイトならST+50、その他ならST+60が必要です。


チュパカブラ

誰?

持ってこられたら正直びびります。計算できません。ST20・ST40でしたっけ。


サムライ

人族無効化なため普通は大丈夫です。先制でも余裕。


ラドーン

HP40なため、支援+10で倒せます。

エルダードラゴンフレイムロードがいたら+20。両方なら+30。


フレイムウィビル

これが成長したら、大抵のクリーチャーでは無理ですね(´・ω・`)

だんだんコメントが手抜きに。



ここまで考えて感じるのは、やはり先制クリーチャーなのでST+効果がかなり重要です。

普通の状態でもだいぶ堅い方だとは思いますが、ST+により本気侵略に対してだいぶ強くなりそうです。

支援はもちろん、ベールゼブブウィルス応援があると防衛率が上がりそうですね。

ターンオーバーも、ブックによっては十分使えそうです。

もちろん、相手のグレアムを事前に消しておくという戦略もありだと思います。


さっと書いたので書き漏れ、ミスがあるかもしれません。

ご指摘は歓迎ですが、すぐに日記を修正できるかはわかりません。ご了承ください。

ディー・ダムカップ参加しました

20:48

(チーム名は敬称を省略させていただきます)

(21:00 案7追記)


昨日、ディー・ダムカップに参加しました。

同盟戦はほんと楽しいですね。何よりチーム戦というのが燃えます。

嫁(くぅ太郎)も満足したようで、参加して良かったようです。

結果は27達成の3位。

最も狙い通りにいったのが2戦目(vsぴーたんず)だったのですが、タイミングを失い敗北。

18Rの1人目で光るも、2人目(相手)にリコールを割られたのがターニングポイントでした。

ダメ元ではありましたが、やっぱりバランスの悪いブックは厳しいです。

それにしてもミスが多かった…


(ちなみに嫁(くぅ太郎)と太郎さんとは何の関連もありません。

(本人が名前をつけてWifi接続した時点では太郎さんのことは何も知らず、

セプト部で何名かの方を混乱させてしまったようです。

(場違いですが、今まで触れることができなかったのでここでお詫びします。



さて、あまり準備することもできず(当たり前かも?)迎えてしまったディー・ダムカップですが、

ブックを組む段階で悩み、ボツになった案があるので過程を紹介します。

決して同盟戦で使えないものではなく、単に今回採用しなかっただけということをお断りしておきます。


【案1】ウィビルブック

同盟戦といってまず思いついたのがこれ。

4人中2名がウィビルを撒けるので、単純に強いと思います。

対策されていたら厳しいですが、アベレージを残す必要がなく、何回か対戦できる本対戦会では活きると思いました。

但し、ウィビルに尖らせることと、早いで決着をつけることを両立させにくいと感じたため、採用せず。

なお、どこかのチームがウィビルブックで来るということを考え、何らかの方法で対処できるようにとは

どのブックを組む時も考えていました。それがスペルであったり、速攻型であったり、クリーチャー相性であったり。


【案2】妨害ブック

2vs2となる同盟戦では、相手に与えた不利益は自分たちの利益に直結します。

なので、妨害系スペルを満載するという案が思い浮かぶのは自然なことと思います。もちろん勝ちを狙った上で。

しかしこれも、早いで決着をつけることと直結させにくいため、廃案となりました。

楽しい家族対抗対戦会をそんな方向にもっていきたくない!という気持ちもありました。

なお、エキシビジョン用と思って作ったブックと、対地雷職人対策ブックには、妨害要素が多めになっていました。

マイン党が大人気すぎて嫉妬していました(?)


【案3】ドレイクブック

同盟戦なら火のクリーチャーを簡単に増やせるので、ファイアードレイクの火力が上がります。

ウィビルも入れて、ウィビル特化ほどは尖らせないでいけるかなと思っていました。

しかしブックを組む(時間的、知識的)余裕がなく、結局深くは考えないまま本採用することはありませんでした。

ブック2人、エルドラ+フレイムロード応援グレアム持って突っ込むドレイク…めっちゃ強そうですよね?

デコイに食いちぎられそうですけど。


【案4】モスマンブック

同盟戦なら無属性クリーチャーを以下略。

エレラスがきたら痛いところですが、無属性クリーチャーは軽くて性能が良く、

ラントラを含めていける可能性はあるんじゃないかと思っていました。

実際にブックを組んではいたのですが、あまり打ち合わせができていなかったため実戦では使いませんでした。

ヘッジホッグほしいよー

1回ぐらい使えば良かったとも思います。


【案5】マイコロンブック

水が不利なマップに見えたので、深く考えずにやめてしまいました。可能性を感じてはいましたが…

どこかのチームが使うかな~と思っていたら、ぴーたんずがマイコロンを採用していました。


【案6】カタス焼き!

実は密かに狙っていました。

しかし、焼きブックスペルレア度のものが多く、2枚縛りな上相方のカードが十分でなかったので見送りました。

パウダーイーターですし(´・ω・`)

何より、初の同盟戦でいきなりフル焼きに当たっても楽しくないでしょう!…ということにしておいてください。


…すみません、カードが揃っていたら、準備ぐらいはしていたかも(笑)

カードが不足していたため、あまり真面目に考えるまでには至っていません。

2人で組めれば、ブック性能としてはなかなか強そうな気がします。


【案7】大量マナブック

速攻で上がるために浮かんで消えた代表案。

大量マナといってもブックには4枚しか入れられないので、当然リフォームで変換することになります。

考えていたのは、シャッター等普通に使っても汎用性のあるカードをお互い4枚入れておき、

味方がリフォームを引いたら撃って全てマナに変えるというもの。

同盟戦だと足系スペルが強化される(HWXフライ)ため、大量のマナが使えれば加速度的に加速(日本語破壊)

できるかなと思いました。

で、ここでネックとなったのが2枚縛り…そう、リフォームレア度なのです。

ブックに2枚入れて、引くのを待って、しかも相方(もしくは敵セプター)が対象カードを持っていなくてはならない。

確率が低くはありませんが、速攻型の戦略としては辛い(序盤に1発は撃てないと意味が薄い】と感じて廃案にしました。

(参考資料→サイドバーX枚積みカードの引き方分布 自己宣伝(笑)) 

カードマナ変換を終了し、役目を終えたリフォームリフォームしたかったのですがそれも2枚縛りでは適わず。

思いついた時は、同盟戦ならではの戦略だと思ったのですが…残念。


【案8】シルバープロウ

最後まで悩んだのがこのアイテムの選択。

シングルよりも同盟戦で活きてくるアイテムの筆頭候補でしょう。

しかし、領地レベルが上がるまでは使いにくいこと、

対戦会優勝には絶対的速さが求められるためタイミングを選びにくいこと、

そして何より、ゴザの基本地価が全て80Gであること!

これはつまり、レベル3→4に上げるのに320Gしかかからないということでもあり、

「100Gするアイテム」のシルバープロウを入れるのを躊躇う十分な理由になりました。

可能性は十分感じていましたが、連鎖がしやすい同盟戦ではラントラの方が使いやすいと思い、

今回は地ブックラントラを採用しました。

今回の対戦会では、グリコのおまけが上手く使っていました。バジリスクの無力を感じた瞬間!!

レベル5の領地にバジ+プロウだと、下がる→上がるなのでレベルを維持できます。もう忘れません。


実はこのシルバープロウジーニー入りのエキシビジョン用ブックには、抑止用も兼ねてこっそり忍ばせておきました。>それって普通の使い方じゃん!



実際の対戦会では、1戦目で運よく勝利ができたため、その後は最短勝利を目指し走り型の地ブックでいきました。

危険回避は足とバジリスクに頼り、アーマースミスで嫌なクリーチャーを消しつつ目標は20R以内!


しかし、やはりそうは甘くありませんでした。当然のごとく、妨害スペルが全部こちらに飛んでくるため

なかなかうまくはいきません。結果、他の対戦では全敗。

覚悟はしていましたが、もうちょっとブックと気持ちに余裕を持たせても良かったかなーとは思いました。

といっても勝ち目がなかったわけでもありません。

冒頭で書いたようにプレイミスが多く、自滅した感があります。うーん精進しないと!


最後に、対戦会に関わった多くの方々、ありがとうございましたm(_ _)m

メダルほしかった!(ぼそっ

zovenzoven2009/01/08 00:31ひどい手札事故を見てしまった気がする。

M7_XLRM7_XLR2009/01/09 07:15コストなしクリーチャーが13~14枚しかなかったので序盤の手札事故は十分起こりえるのですが、あの試合はけっこう酷かったですよね。
コストありが5枚なのに、引いても引いても…><