Hatena::Groupculdcept-ds

OPAMの日記 RSSフィード

2010-05-06

曇りのち雨、ところにより・・・

21:56

五月前半ランキング二戦目は、一人、雷マークの人が居たのですが、このマーク、単純に途中切断の回数のみを表すものなのかな?

曇りマークで、勝てなかった試合でも、最後までプレイしてる人にも多々あっていたので、あまりアテには、してなかったのですが・・・

まだ序盤というか、これからだろ?

ターンくらいで、雷の人、AIに変身しました。

AI化した人、無属性バラ撒きモスマンブックで、開始してすぐに、ボージェス先生を風に置いて、いい出足だったのにな~。

オレの森に置いた、リリスフードラム侵略リリスの隣に前のターンで、森空き地能力で移動してた、オレのドリアードが居たため、オレの手札五枚(に止まって、ドリー移動させたので、カード使えなかったんですね)先生効果で、フードラムHP60ながら、先制支援効果で、リリスのツメが60ダメージ、と同時に長い間が有り、AIになりました~。

20GのフードラムとLV1の通行料で、自分から切断するのは理解出来ないので、(風土地確保とボージェス配置を最初の5ターンで出来てるし)きっと、回線の調子悪かったんでしょうね。

AIの末路

当然ながら、無属性モスマンブックをAIが使えるはずも無く、途中でボージェス回収して、グレムリンと交換したり。ウェザリングなどは持ってましたが、それ以外は、グレアム持ったモスマンで攻めるブックだったようで、土地のLV上げることも無く(というか、ドレインの的になってた)無属性クリも他の人が止まったとき、どんどん倒されていったので、AIの影響は殆ど無く、実質の三人戦状態に。

参加セプター

火の人:火単、ガスクラ、キメラゴーレムあたりが撒き要員+地変武器防具巻物は、攻めと防御半々くらいで、攻め要員はファイアードレイクな感じ。

水の人:水単ダゴンマッドクラウンなどに、防御アイテムで、守りメインな感じ+地変と40巻物も所持、G・イールリザードマンなど、無効や先制防御アイテム使用可能なクリを配置

オレ:五色、アイテムは攻め、守り半々、足スペル以外は、テレキ一枚刺しと、前回の反省から、ターンオーバー2枚。

AIの人(?):無+モスマン。AI化により、無力化。

試合経過

AI以外の三人は、ほぼ連鎖総魔力など同じ感じで、誰も(AI含む)高額踏む、落とすせずに、中盤まで推移。(ただし、オレは地変が無いので、連鎖総魔力ともに少し低かったです。)

序盤から全員のブックの色が、はっきりしていたので、オレは森メインで行くことに。早い段階でドリアードミューテ>森空き地へ移動と出来たこともあったし、他の二人とも色被らない。AIに試合邪魔されるのも、イヤだったので直止まりでは、モスマン召還出来ない森を選択。

中盤、ターンオーバーを引いたので、即撃ちしました。

火の人のLV4ドレインローパーの隣の無属性土地に、オレのファイアードレイクがいます。火の人は、バックラーファルコンソードを所持、オレは、ファルコンソードを持っています。火の人が撒いた火クリのおかげでSTの増加充分だったので、ファルコンソードを使用して、LV4の火を落とします。(ターンオーバーで、素のSTは50)

が、オレの火の土地は、そことAIの置いたモスマンを倒すために移動して火に入ったダークエルフの二つのみ・・・。二連鎖なため、総魔力でやっと並んだくらいです。(モスマン倒すときに、パイエティコインで、火の護符10ゲットしましたが、コイン一枚しか持ってないんで護符は、おまけ程度)

試合終盤

火の人のダイスが、よく水土地に止まる数字だったため、(途中、ダゴンバインドミストなどを使ったり)水の人は、火の人に水土地取られて、取り返したりって感じで、撒きより再配置、再奪取って感じに。シンクが少ない(引きが悪かった?)のか水土地は四連鎖で止まってたと記憶(うろ覚え)それでも、森土地無属性土地を1つずつ持ち、ダゴンリザードマン土地はLV4,5。

火の人は、火空き地に止まる、地変撃つで、五連鎖以上を確保、キメラ、ガスクラ、ゴーレムがLV3,4。

オレは、ドリアードランプロした上で、LV5に。その段階で森の連鎖は3しか無かった。あとは、LV1の風土地二つ、ファイアードレイクで取った火LV4とダークエルフいるLV1火を所持。無属性土地は持ってない(地変無属性土地自体が減っていた)ため、森の連鎖伸ばすには、ダイスで森に止まるしか無い状態。(残り二つあった森にはAIのバトルギア、水の人のケルピーだったため、倒すのは可能でしたが・・・)

ラスト5ターンあたりから

三人、総魔力では差が無いものの、オレがLV3のキメラ踏んだため、連鎖したLV3の魔力分、火の人が上昇。スリープと回収したリリスを持っていたものの一本道の一歩先にLV4のガスクラウドが居た上に、火の人は、対巻物アイテムは無かったけど、カウンターアムルネクロスカラベを持っていたので、通行料払うことを選択。

ここで、火の人が、この通行料収入と周回ボーナスで、から二歩の自領地(もちろん火)のアンシーン土地をLV4にします。もう少し先に居るLV3ゴーレム土地増資する手段も有ったのですが、オレが手札に、テレキネシスを持っていたからと思われます。(ゴーレムの隣は空き地だった。)単純に、そこ以外の火の土地通らなかったので、残り3ターンほどで、足無かったから、次の自分の土地=LV3ゴーレムまで、ダイス運悪いと届かない可能性を考えたのかも、しれません。に止まっていれば、隣が自領地転送円でテレキ不可のキメラかガスクラを上げたと思われます。

LV4になった、アンシーンの隣は、どちらにも水の人の、G・イール(水土地LV1と無属性土地LV1)が泳いでいます。水の人は手札に40巻物を持っていますが、イールさんは、ドラゴンでは無くウナギなので、巻物は読めません。

また、テレキで、アンシーンイール、どちらを動かしても、どちらも倒れません。

(水の人は、火の土地持って無いとはいえ、そこをテレキして、どうにかなるとしても、水の人が美味しいだけなので、やりませんが・・・)

残り2ターン

状態

一位=火の人:アンシーンを上げたので、手持ち魔力は、アイテム使う程度に残っているくらい。ただ、これから通るのは、LV1の風土地と自領地の火土地のみでまで、8,9歩くらい。(は1つしか通れないので、パーミ引かない限り周回にはならない)

二位=水の人:総魔力で火の人より、少し低いが、手持ち魔力も800くらいある。ぴったり(LV4アンシーン隣の)水土地LV1のG・イール土地に止まり、そこを増資。ほぼ火の人との差は、なくなります。さらに、アンシーンの先には、自領地無属性土地)のイールと有ります。(に入っても、目標魔力に到達は、難しい状態)

三位=オレ:LV4ガスクラは踏まなかったものの、空き地に止まらず、連鎖伸ばすことは出来ず。手持ち魔力は、LV3キメラに払ったので、テレキ+クリ召還+スリープ代の300弱くらい。

四位=AI:すでに存在を忘れられてました。変なとこに、ウェザリング撃ったりしなかったので、賢いんじゃないかな?

行動

行動順は、AI>火の人>オレ>水の人

AI:どこに居て、何してたか、覚えてない。

火の人:自分のLV3ゴーレム手前の風土地に止まりました。AIのグレムリンが居ますがLV1。通行料を払い、無駄な出費をしません。

オレ:ぴったりに止まるダイス。二つあるの一つしか通ってないため、手持ち魔力補充のためにもへ止まります。しかし、手持ち魔力が少ないため、土地上げ出来る余裕も無く、そのまま終了

水の人:ダイスが1。一本道だったため、G・イール隣のLV4アンシーンへ。果敢に巻物を使い攻めますが、ネクロスカラベにより、ゾンビが鎮座。通行料により、火の人が、一気にトップに。

最後のターン

AI:略

火の人:の二歩前、自分のLV3ゴーレムの三歩先のファイアードレイクのいる自領地まで進みました。ゾンビ化したLV4収入により、資金は有りますが、止まった自領地の横は、オレのダークエルフ、LV3ゴーレムの隣は空き地とAIのグレムリンなので、投資せず終了しました。

オレ:ここでゾンビをテレキしても、火の人はカウンターがあります。その後、水の人が、G・イールで、ゾンビを攻めれば落とせますが、オレにメリットが何も有りません。そこでLV3のゴーレムをテレキで隣の空き地へ移動させました。今いるから、7歩だと空き地となったLV3に止まれる可能性があったからです。

ここで出たダイスが、7。

LV3ながら、火三連鎖と火の人の総魔力落ちた相対効果で、トップになりました。

火クリは手札に無かったので、デコイを置きました。

水の人:足スペル無かったので、ダイス1~7の範囲で自領地または、他の人の高額領地は、一歩先の無属性地のG・イール、六歩先がからの分岐次第で、森に置いたケルピー、オレが直前で置いたLV3火のデコイの二箇所です。ダイスは5以下だったため、無属性土地だった、G・イール土地を水にして連鎖伸ばしますが、通行料出費が痛かったため、火の人に届きませんでした。

結果と反省

一位:オレ

二位:火の人

三位:水の人

四位:AIの人(?)

言うまでもなく、ダイス運で勝てただけな上に、AI入ってたので、四人戦のカオス状態では無かったので、スペルアイテムの使い所が絞られていた。

35土地の狭さから、カードの回しを、もう少し高速にしないと、単色地変に展開でついていくのが厳しい。

現在の所持カードからの選択だと、ホープチャリティに変えてみる。

あとは、カード次第で、微調整。