Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2009-09-22

カルドセプト大往生DS ~これが俺達のやり方~ 08:51 はてなブックマーク - カルドセプト大往生DS ~これが俺達のやり方~ - さるたに秘密ブック

ウェザリング部長「あなたのカルドDS2」という記事を読んで、私なりに色々と考えてみました。

f:id:Sarutani:20090906141014j:image

 

さて、『カルドセプトDS2』について考えるならば、上に挙げた写真のような悲しい事態を再び招かない為に、ゲームマニア以外へも売れる要素を意識すべきでしょう。

 

私が当時DC版をプレイしていた際、画面を見た姉が「うわ、この杖(ゴリガン)キモい!」という呟きを耳にしたという個人的な経験と世間の流行を配慮すると、主人公へ付き従う相棒には美少女を配するのがベターでしょう。

 

そして幅広いニーズに応えることができれば、より広い客層へアピールできるというのは自明の理。

 

というわけで、ゲーム序盤にパートナーを選択できるようにしましょう。それも美少女。

選んだパートナーによってゲームバランスが変化するようにすれば、コアゲーマーへのアピールもばっちりです。

 

配置能力強化タイプ

f:id:Sarutani:20090922075057j:image

クリーチャー召喚コストが軽減されます。初心者向け。

 

周回能力強化タイプ

f:id:Sarutani:20091022061344j:image

マップ毎に設定された最大ダイス数が通常より増加されます。中級者向け。

 

領地能力強化タイプ

f:id:Sarutani:20091022061345j:image

領地に止まると、全ての自領地領地コマンドを実行できます。上級者向け。

 

戦闘能力強化タイプ

f:id:Sarutani:20090922075407j:image

戦闘中、自クリーチャー能力値が強化され、敵クリーチャー即死能力成功率が半減されるかわりに、クリーチャー召喚コストは通常より割り増しされます。

 

死ぬがよい

そして本作をやり込んだコアゲーマー層に多い不満としては、NPCキャラの思考ルーチンが弱いので1人プレイが退屈、という意見がシリーズを通して聞かれます。

 

大宮ソフトデザイナーズノートを読む限り、NPCはあくまで対人戦へ向けた練習相手であって、それほど強くする必要はないと考えているようではありますが、ランク戦では飽き足らず、されども身近に強者はおらず、セプト部のようなコミュニティも知らないまま、ライバルを求めてやまない豪傑が欲求不満を胸にカルドから去った可能性も否定できません。

 

というわけで、ストーリーモードをクリアーした強者へ送る素敵な葬送曲(プレゼント)。

f:id:Sarutani:20090922075408p:image

大佐創造神からの処刑宣告を受けた末に送り込まれた2周目は、熟練セプターの思考ルーチンを再現した隙の無いプレイングに加えて、3対1のハンディキャップ戦や、「いっそ2対1なら…」と言いたくなるハンデ付きに等しい同盟戦を始めとして、クリアーできるものならやってみやがれ! と言わんばかりの極悪難易度でセプターの心をヘシ折ってくれます。

 

通常のプレイヤーは、ここまでくればもう結構と、常人レベルで楽しめる対人戦へ興味が向くと思われますが、ここまでやっても物足らない極々一部の極まった人たちには、最終鬼畜抑制神バルデアス様による粛清が待ち構えています。

 

究極ともいうべきブックプレイング、ありえないダイスドロー運に加えて、毎ターン毎にマップへ降り注ぐ凄まじいダメージスペル(※)を凌いだ上に勝利を掴むには神懸った技術と運が要求されます。

 

※凄まじいダメージスペルの参考動画

 

…さて、これら全てを実践した『カルドDS2』は本当に売れるのか!? と聞かれたら…。

レベル拠点を守るバルダングレアム持ちの高STクリーチャーが攻め込んできた時くらいには見込みはある、と答えておきます。