Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2009-10-20

カルドセプトDS 一周年記念大会参加レポート 07:54 はてなブックマーク - カルドセプトDS 一周年記念大会参加レポート - さるたに秘密ブック

少々時期を逸した感が拭えませんが、カルドDS発売1周年記念の参加記録を挙げてみます。

 

最高に楽しめるゲームで私たちを楽しませてくれた大宮ソフト

そしてこのゲームを盛り上げるべく努力を続けるセプト部の有志、

加えてWiFi対戦へ精力的に取り組む幾多のセプターたちへ。

 

本当にありがとう。

これからもよろしくお願いします。

 

第二回ガーゴイル杯

当日は時間の都合で一戦しか参加できず、ブックトリデンテ2で使った水ブックに無理矢理ガーゴ先輩×2をねじ込んだだけという、やっつけ感漂いまくりな状況でしたが、序盤にHWXヘイストを引きまくって領地を確保するという快調ぶりで走りまくり。

 

…しかし序盤で足スペルを引きまくれば後半の踏みが怖いわけで、ひでのりさんがT字路に置いた高額ディーダムを思い切り踏んづけて首位から転落した上に、次ターンダイスは7。

 

を通ってマップ右下の分岐に行けば、次ターンでりちょさんの高額領地を直踏みするダイス目が出ても回避可能…でしたが、2枚あるガーゴ先輩の内一枚がヤマトさんのスミスで叩かれ済みな上に、ひでのりさんの手札スワップが見えている状況では残り一枚の手持ちガーゴ先輩を配置せざるを得ないわけで…と祠を踏むルートを選んだらカルドラ様から遅延呪いを賜って、手持ちに足スペル侵略手段もない状況で2歩先にあるりちょさんのレベルドリアードへ1/3勝負を迫られるという大ピンチ!

 

ここまで不運が続いたら、次あたりで神ドローが炸裂してくれてもいいよなー…と思っていたら、現在最下位の私にりちょさんのスナッチが炸裂!

 

※以下は試合後の感想戦におけるりちょさんのコメント。

ほこら遅延は可哀想だった」

「そして手札に足あるか覚えてなくて適当にスナッチした。」

…適当ってなんだァァァッ! 俺のファルコンソードを返せェェェッ!!

 

そして私は予定調和的にりちょさんの高額領地を踏んづけましたとさ。チャンチャン♪

しかも次ターンHWXドローされるという見事なオチまでついて大爆笑(泣)。

 

この連続高額踏み枯渇寸前に追いやられたものの、総魔力では2位だったひでのりさんがうっかりガーゴ先輩を配置し忘れていたお陰で最下位は免れました。わーい。

 

終了時の総魔力はひでのりさんの一割もありませんでしたけどね。

 

口&アイコンハウント大会

新大陸での対戦は未経験だったので、とりあえずHWXヘイストパーミを4積みした撒きとドローを重視した水ブックで挑戦。

 

りちょさんとHarjieさんが火、たきさんは地という状況で、パーミを活用しつつ付近を制圧するという理想的な展開でしたが、もっと足とパーミがほしいなー、とカウンターアムルリンカネで流した数ターン後に、(またもや)りちょさんがティラノ(場にはエルドラあり)&カタパルト手札に抱えて私の虎の子であるレベルディープスポーンを直踏みできるダイスを引いてみたり。

 

「ん~、アイテムファルコンソードだけだっけ…」

りちょさん、やめて…やめてあげて!(無言の祈り)

「えーと、確か…」

自信がないなら避けた方が無難ですってば!(無言の祈り)

 

…そしてりちょさんのティラノ(ST50+カタパルト+ST30エルドラ応援ST+10)と、私のディープスポーン(HP50+地形効果+HP40)の戦闘が開始されましたとさ、チャンチャン♪

 

うあぁぁぁん! あんたなんか、その存在方法をガス球へと転じてしまえぇぇぇッ!!!!

 

とはいえ、りちょさんに獲られたレベル4の隣にナイト配置するチャンスに恵まれ、ダイス次第で取り返せる望みはありましたが、無念にもクリ交換により奪還の望みは無くなり、その領地ラントラして達成勝利を目前としたりちょさんを止める手段はありませんでした。

 

「こりゃ、りちょさんの勝利っぽいですねー」

「いやいや、最後の一手でさるたにさんが変なカードを引いてきたら、もしかして…」

「残念ですけど、地変を撃つ手持ちも残ってないですよー」

などとボイチャしながらテキトーにダイスを振ってレベル領地に着地して2位終了…と思いきや。

「「「え?」」」

「ん? …ンギャァァァァァッ!!」

操作ミスで高額エルドラを踏んづけて、まさかの最下位転落。

…死にてぇ…。

 

口&アイコンハウント大会 2戦目

さっき使った水ブックに微調整を加えて再戦。

 

Harjieさん、八朔さん、はーすさんの3人が火被り、しかもHarjieさんはウィビル無属性の低コストクリがメインの護符戦重視、八朔さんはエルドラライフォといった、いかにも面倒くさそうな状況でゲンナリ。

 

そんな侵略強めな環境な上、はーすさんの手札メテオが見えている事と、Harjieさんの南火護符ロックで八朔さんがレベル上げを控えていたりと、場の侵略力が高い割には静かな展開が続きます。

 

そんな地味な状況が続く中、はーすさんがショップへ入った際に

「ここはエレラスでしょー」「うんうん、ここで撃ったらデカいですよねー」

という八朔さんと私の甘言に乗ったかどうかはともかく、次ターンで放たれたはーすさんのエレラスで手持ち領地が残り1つまで追いやられたHarjieさんはご愁傷様でした(笑)。

 

後半で私が呟いた「ディスコード撃ったら面白いことになりますよー(エルドラ全滅)」という誘いはスルーされましたが。

 

結局、我慢できずに増資した私のレベル領地へはーすさんのメテオが撃ち込まれた終盤以降は場の流れが一気に加速

大量の護符を抱えていたHarjieさんが一気に伸びて逆転勝利を収めました。

 

…結局全戦全敗…というか、ここのところ勝利を収めた記憶がございません。

 

この悲しみに耐えかねて、続編『宇宙の後継者』へ備えるという名目で64の『罪と罰』に逃避した私を誰が責められましょうか。