Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2009-11-05

もりかるっ!! 二節目日記 23:11 はてなブックマーク - もりかるっ!! 二節目日記 - さるたに秘密ブック

仕事と『罪と罰』の都合で参加し損ねていた「もりかるっ!!」二節目に、最終日だけ参加してみました。前節ではポイントを獲得できずにゴブリン止まりだったので、今節では勝ち点獲得を目標にしたいところですが…アリーナ5って何すりゃいいんでしょう?

 

Go! the first battle!!

ダイジさん(風ブック)、wakaさん(火ブック)、バトラーさん(水ブック)がお相手。

 

同じゴブリンといってもボージェス&レッドキャップ(※)の応援を受けてそうなダイジさんが制限なしブックって反則だろ!? …などと寝言を言ってる余裕もないほどブックプレイング共々マップと噛み合わず、貴重な水レベルネッシーへダイジさんの地変が刺さって涙目になったり、抱え込んだ防御アイテムがwakaさんのスワップで巻き上げられて涙目になったりしてるうちに最下位で終了

 

wakaさんが強引に上げた高額領地をバトラーさんが奪取したり、終盤でダイジさんとwakaさんが抜きつ抜かれつの熾烈な入争いを繰り広げたりしてましたが、私はそんな熱い展開に絡むことも無く、ただただ敗戦処理に終始してました…。

 

※レッドキャップ…『カルドセプトサーガ』に登場したクリーチャー。配置されたゴブリンの数に応じて戦闘能力が上がる上、他のゴブリンをスチームギア並に強化する応援能力を持つ。

 

YOU HAVE ENCOUNTERD THE 2ND 'MORI KARU'

性懲りも無く挑んだ第2戦は、かよさん(地ブック)、Harjieさん(風ブック)、カイチさん(風ブック)がお相手。

 

序盤で北エリアへ飛んだかよさんとHarjieさん、南に残った私とカイチさんが目の前の相手を牽制しあうという展開となり、ブックパワーでかよさんが押され気味ながら、Harjieさんは私が序盤から握っているイビブラを警戒して慎重に立ち回っています。

一方の私は置いたクリーチャーをカイチさんに片っ端から潰され、この環境でほぼ無敵なウナギと隣のネッシーによる2連鎖を維持するので手一杯な有様。

 

そんな膠着状態が続く中、カイチさんのレベルクンフーモンクライトニング陥落させた私のナイトへカイチさんのスペクターチャリオット侵略! ST60以上が出なければ落ちない事を考えると、手持ちに一枚しかないカウンターアムルを使うのは却って高リスク…と判断した結果、ST60オーバーのフルスイングでナイト陥落

逆上した私のイビブラが不埒で不運なスペクターへ突き刺さるや否や、枷が外れた北エリアで怒涛の伸ばし合いが開始され、ブックの非力さをものともしないプレイングでかよさんが勝利を収めました。

 

かくして3位で終わった私の消極的な立ち回りと安易なイビブラ撃ちで割を食ったカイチさんから、試合中の怒涛の侵略以上に応える説教を喰らう羽目になりましたとさ。

 

うちうちう

対戦の合間に、異様なテンションが漲る部室Wiiの『罪と罰 宇宙の後継者』について聞かれたので、以下のムービーを紹介したりしてました。

部室では任天堂の公式ムービーを紹介しましたけど)

自機と照準を別々に操作するという独特のゲーム性…というと一見素人お断りなゲームですが、ケレン味の効いた演出でプレイしている自分に酔える素敵アクションシューティングなので、だまされたと思ってプレイしてみてください。

…上達しようとすれば、9リットル程度の血反吐を吐くことは覚悟してもらわないといけませんが(苦笑)。

 

そしてこちらはNintendo64で発売された前作『地球の継承者』

中古の64本体+ソフトならWii本体を導入するより安上がりな上にWii版とは違った面白さがあるので、出来れば両方プレイすることを推奨します。

こっちは5リットル程の血反吐を吐けば何とか格好はつくレベルの難易度ですし。

 

それと、セプト部が誇るファミコンマイスター八朔さんとレトロゲーム談義ができたのは収穫でした。

『メモリアル★シリーズ Vol.5』は『へべれけ』目当てで買ったのですが、地味に出来がいいらしい『ラフワールド』も暇を見てプレイしてみようかと思ったり。