Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2010-01-28年明けにしんそば 雑感あれこれ

年明けにしんそば 雑感あれこれ 05:39 はてなブックマーク - 年明けにしんそば 雑感あれこれ - さるたに秘密ブック

ルールに何も縛りが無いことだし、せっかくだから普段使わないタイプブックで挑戦してみました。

まぐ☆ばぐ」 written by さるたに(ローランド)
Creature21Item6Spell23
G・クローラー2カウンターアムル2イビルブラスト1
アームドギア2グレムリンアムル1ウェザリング2
クレリック2ハンドカフス2シャッター1
サムライ2フュージョン1チャリティ2
デコイ2ドレインマジック2
バトルギアα2パーミッション2
ヘッジホッグ3ヘイスト4
ボージェス3ホープ2
ジーニー1ホーリーワードX4
モスマン2ランドプロテクト1
リコール2

 

一戦ごとに手を入れつつ基本方針は4戦とも同じで、相手の拠点モスマンで狙い、地土地拠点アームドギアで対処するコンセプトの無モスブックです。

バロンG・クローラーマミーガーゴイルバトルギアαアームドギアドリアードディー・ダムサムライクレリックアームドギアによる貫通を狙います。

アームドギア援護要員なら、サムライサイクロプスでよくね?」

「そもそもアームドギアより猿の方が、応用が利きやすいんじゃね?」

…ですよねー。

見返すと、かなり夢見がちなブックに仕上がってしまってます(苦笑)。

 

1戦目

Harjieさん、にょろんぱさん、メランコさんと対戦。

 

Harjieさんとにょろんぱさんが火ブック、メランコさんは無の竜族をエルドラで強化するブックだったため、モスマンを止められるクリーチャーが場に存在しないという凄まじい状況になってしまいました。

Harjieさんの高額拠点モスマン踏みで2度も奪いつつも今一歩届かず、最終ターンまでもつれ込んだ試合は2位で終了

 

2戦目

たかしさん、ぬぬぬさん、こっきゅんさんと対戦。

 

たかしさんとぬぬぬさんが地ブック、こっきゅんさんが水ブックだったため、殴る相手はもっぱらこっきゅんさんという状況に。

中盤でデコイレベルを上げてから、隣にデコイを置いてるたかしさんがテレキを持ってる事を思い出して顔面蒼白になったり、後半でヘッジホッグレベルを上げてから隣にカリブディスがいた事を思い出して顔面蒼白になったりとミスを連発してしまいながらも全て見逃してもらい、終盤で頭一つ抜けたこっきゅんさんを追う展開になりますが、際どくクリーチャー交換を間に合わせたこっきゅんさんの拠点を落とせず試合終了

最終ターンモスマンでの侵略を期待したのか、ぬぬぬさんが私にヘイストをかけてくれたものの、こっきゅんさんを止めるには、私が素ダイスジオファーグから交換したアンダイン即死を狙うしかない状況において、こう言ってはナンですがミスプレイと言うべきだったと思います。

 

二心でそうそう無様な事もできない」というこっきゅんさんの意地を思い知らされる事となりました。

 

3戦目

ぬぬぬさん、kaZuさん、まそっぷさんと対戦。

 

この試合はメモを取り忘れてしまったので詳細は失念してしまいましたが、今回も地水ブックが相手のためモスマンが活躍できなかった上に、私が置いたクリーチャーが片っ端から直踏み侵略で落とされまくるという散々な展開で終始最下位だった事は記憶しています(苦笑)。

 

4戦目

部室で募集していた卓が早々に埋まったので、諦めて新しい卓でも立てるか…と思ったら、「にょろんぱさんがDS落っことして液晶割ってしまったため、1枠空きました」ということで代わりに参加。

…にょろんぱさんにはご愁傷様としか言いようがありません。

 

ヤマトさんが水ブック、ヨシさんと総督閣下が地ブックで、またもモスマンが空気と化す展開にゲンナリ。

その上に無属性クリーチャーが少ない状況となってしまい、モスマンが活躍したのはヤマトさんが連鎖要員に置いたレベルネッシーをギリギリのSTで落とした場面くらいでした。

 

しかし場の侵略力が低いのでボージェス付きの無属性クリーチャーが落とされる危険は低い状況でありながら、連鎖と手持ち魔力が増える度に総督閣下が増資した土地踏みまくるといった残念すぎる展開となってしまい、一向に総資産が伸びません。リザルトを見ると他の3人が150~300G程度しか支払ってないのに、私一人だけ1500程も通行料を支払っていたという有様です。

 

そんなこんなで、ヤマトさんとヨシさんが一進一退のトップ争いを繰り広げていたのですが、ヨシさんが私の手札にある…と思い込んでいたイビブラを警戒して(実際は中盤で使用済み)増資の機会をためらう隙に、ヤマトさんが達成圏内に到達しますが…ここでまさかのヤマトさんAI化。

「やばい、このままじゃAIに勝たれる! 止めろォー!!」

…いやヨシさん、そりゃ止められるモンならAIであろうが無かろうが止めたいんですけどね。

結局は誰も何も出来ないままにAI達成勝利を見守ることとなりました。

 

このあんまりな幕切れに、終了後のボイチャは試合中のハイテンションがウソのように盛り下がってました(苦笑)。

2010-01-25仄かな魔力 雑感あれこれ

仄かな魔力 雑感あれこれ 08:19 はてなブックマーク - 仄かな魔力 雑感あれこれ - さるたに秘密ブック

冬コミの新刊同人誌でぱんつや下乳を堪能したり、新作ゲームで恥ずかしがり屋なぽっちゃり娘をハダカに剥いたりと煩悩に身を任せて最近はランク戦をサボり気味ですが、セプト部主催の大会には時折顔を出しています。

 

第一戦

仄かな魔力…またの名を貧乏対戦。

 

使用できるカードは30G以下、ただし基本ST0のクリーチャーは使用可能というレギュレーションでは、アイスウォールカリブディスブラッドプリンリリスマイコロンムジナを使える水属性が最強じゃね?

んでもってファンタズム付きデコイも入れたら無敵じゃね?

 

…と安直に考えてブックを組んだのですが、2戦して2位、3位とビミョーな結果に。

 

らぷそでぃさん、hsuさん、kasupiさんに相手してもらった1戦目では、序盤から祠で護符を貰いまくったり、マイコロン配置したりと悪くない展開ですが、意外とマイコロン繁殖を狙うチャンスに恵まれません。

 

…ノリノリで私のキノコへドッペルゲンガー侵略を仕掛けてきたKasupiさんは置いといて。

 

感想戦でも指摘されましたが、このレギュではST0か高STクリしかいないのでキノコ栽培には不向きな環境でした。

そんなこんなでトップに立つhsuさんの拠点であるレベルデコイ支援効果付き)に対して、Kasupiさんはウサギ、私はデコイと、直踏みすれば確定で落とせる状況に二人してwktkしてます…が、結局二人とも一発逆転の機会に恵まれないままhsuさんのゴールを見守る結果となりました。

第二戦 

先の対戦でパッとしなかったマイコロンをリストラ、その代わりにパイエティコインを4積みしてみたブックで挑んだ2戦目のお相手は、hsuさん、まそっぷさん、にょろんぱさん。

 

序盤からファンタズム付きデコイ横に配置して俺様サイキョー! と思ったそばから属性被りのにょろさんに片っ端から水領地を奪われて、もうどうすりゃいいのかどってんばってん! みたいな窮地に陥りますが、中盤以降は少々強引ににょろさんの土地を奪いにいって、何とか水連鎖を確保します。

 

トップをhsuさんとまそっぷさんが、最下位を私とにょろさんが競うという膠着状態に業を煮やしたまそっぷさんが自分の連鎖を失うリスクを覚悟でショップエレラスを購入。

 

この時点で私はアーマースミス、hsuさんはシャッターを持っていたのですが、私はエレラスを撃たれても損は無いのでスルー、hsuさんはまそっぷさん自身も損をする事からブラフと判断してスルーしたのですが、結局放たれたエレラスで場が一掃され、その後の再配置でリードしたまそっぷさんが逆転勝利。

 

この大胆なプレイで2位へ転落したhsuさんはお気のでしたが、状況に駆られてhsuさんが増資したバルダンダースのカモフラを私のファンタズムで上書きしなかったのは一生の不覚でした。

地形効果が無ければ、横付けしたデコイ侵略高額領地を奪って順位を上げる可能性は高かったろうに…。

 

ちなみにこの対戦でコインを4積みしていたのですが、活用するチャンスはありませんでした。

その上に試合後の感想戦

「(にょろんぱさんと)2人で争ってるのを見てはメシウマでした(・∀・)ニヤニヤ」

とまそっぷさんに勝ち誇られたりと散々な有様です。ムキーッ!! 

2010-01-18君に決めラⅡ~悪霊の神々~ 雑感あれこれ

君に決めラⅡ~悪霊の神々~ 雑感あれこれ 04:26 はてなブックマーク - 君に決めラⅡ~悪霊の神々~ 雑感あれこれ - さるたに秘密ブック

こないだ貰ったゲームバトンの後遺症で、公開するアテもないゲーム紹介のテキストを当たるを幸い書き殴るという非生産的な活動がどうにも止まらず悶絶中な今日この頃。

 

『ガンダム・ザ・バトルマスター』『くるみミラクル』『こみゅにてぃ・ぽむ』『コロコロポストニン』『ルングルング』の話なんて、今は亡き某ユーゲーBBSでもなきゃ誰も食いつかないのは分かっちゃいるのですが…。

 

一戦目

ちょうど大会開始直後のタイミングで部室にログインできたので、募集中の部屋へ参加して部室に戻ってみたところ、どうやら皆でかよさんを誘っていた卓へ私が滑り込んでしまうという、空気の読めないチョンボをやらかしてしまったようです。

 

ドモボーイさん「さるたにさんは3人の男を敵にまわした・・・・・」

総督さん「ゆるせねぇ さるたにさんは3たい1の試合をする」

 

試合開始前からヘイトコントロールに失敗してしまい、虐殺される予感に震えていましたが、結果的には2位で終了。詳細については失念しましたが(先週の試合ですし)、少なくとも粘着プレイを受ける事はなかったのは覚えています。

総督さんが試合に私怨を持ち込まないという、HNの元ネタとは無縁の良識人だったのが幸いでした。

 

二戦目

ポイントが入ってコボルドに昇格したので175ポイント以内のブックを組む必要に迫られますが、某ダライアスバーストにかまけていたせいで、部室に入ってからブックを組み始めるという体たらく。

 

チャットでダベリつつ、とりあえず硬くて安いクリーチャーを入れて…とやっつけ気味にブックを組んでたら火土地に置けないクリーチャーが多数入った水ブックを組んでしまい、土地確保のために護符購入機会を諦める羽目になったりと散々な展開に。

 

とはいえポイントをやりくりしてねじ込んだフュージョンのお陰でどうにか3位で終了

 

三戦目

前回の反省を踏まえて、真面目にブックを組んでみました。

 

スペルに手を抜けない以上、クリーチャーのポイントをやりくりする必要がありますが、護符戦に持ち込まれたら勝ち目がないので序盤のバラ撒き勝負で負けたら終了…とならないよう、それなりに殴れる構成にしたい。

ついでに高額領地プレッシャーをかけられるようにもしておきたい。

 

…などと色々欲張った末に組んだのが以下のブック

ヒトライフ」 written by さるたに(ローランド)
Creature19Item5Spell26
アームドギア2ウォーターシールド2グレイス2
サムライ2フュージョン2シャッター1
S・ジャイアント2ブーメラン1シンク3
アンダイン2スナッチ1
ウィザード2チャリティ2
キングトータス2パーミッション2
クラーケン2フライ3
シーモンク1ホープ2
マイコロン2ホーリーワードX3
ムジナ2マジックダイス3
ランドプロテクト1
リコール3

ネーミングの由来は採用したクリーチャー種族人族が一番多かったから。うじゃ。

よみきりものの… ヒトライフ (ビームコミックス)

よみきりものの… ヒトライフ (ビームコミックス)

ポイント制限の効果土地の防衛力が下がると考えて、フュージョン2枚&巻物強打持ちクリーチャー3枚に加え、アームドギアサムライ高額領地への侵略力を意識した構成にしました。

サムライは低ポイントながらST50と人族即死が魅力的な上、アームドギアとの相性がいいので採用しました。

 

こうした切り札を揃えていれば高額領地を避けてルート変更を強いられる機会も減り、パーミッションの必要性が下がると判断して、パーミを2枚に減らしたポイントを足スペルに費やしました。

 

…と気合を入れて臨んだ三戦目ですが、終わってみれば最下位で終了

 

序盤はそこそこ連鎖を確保していたのですが、土地を思うように取れなかった水被りのKasupiさんが西水護符を一点集中で購入する流れに風来のシュンさんが絶妙に護符を相乗りして、自身の土地がほとんど無い状態ながらも見事に達成勝利。

利用された形となったKasupiさんもダイス次第で勝てる状況ではあったのですが、あと一息で届かず無念の2着。

 

この展開ではクリーチャー戦闘能力なんて全然関係ありませんでした。

 

ちなみに終盤で3位だった私は、前ターンまで防御アイテムを持ってなかったKasupiさんの高額領地に「3位でも4位でも変わんねー!」と、そのターンでのドローを覚えていない状況で直踏み侵略を仕掛けたのですが、きっちり防がれて最下位に転落。

 

せめて即死を期待できるサムライを捨てていなければ…とこっそり後悔してみたり。

 

結局、三戦して2、3、4位という、絶妙かつパッとしない結果で終了

このペースなら、もう一戦すれば1位を取れたんじゃ…と思わなくもないですが、スケジュールの都合でそれも叶わず。

 

けど「もりかる」系の大会は、ブック構築にパズル的な楽しさがあって面白いですね。

第3部「そして伝説へ…」にも期待しています。

tendon-blocktendon-block2010/01/20 01:45ひゃあぁ~
暗いじゃねぇかーーーー!
と、言うわけでヘイトはここぞって時に発揮するので、今はチャージしてるところです。あしからずw

SarutaniSarutani2010/01/22 00:34>総督閣下
 
では今後、マップに明りを絶やさないようにフュージョンやホーリーブライトを積んで、溜まったヘイトを炸裂させないよう心がけますです。

2010-01-11

ゲームバトンをもらいました 11:28 はてなブックマーク - ゲームバトンをもらいました - さるたに秘密ブック

ミレイアさんからバトンをもらったので、喜び勇んで長文エントリーを書き上げてしまいました。

ゲーオタって、すぐ調子に乗るから困りますね。

 

続きを読む

seleniteselenite2010/01/11 11:49なんて素敵なご両親でしょう。ソフト買い忘れたりダブったりするのも可愛いw
うちは『ゲームなんて目と頭が悪くなるからダメ』って家庭でしたからうらやましいです。
サターンは名作シューティングもたくさん生み出した名機でしたね。私ももっとやっておけば良かった。
あと、私のエントリーのティンクルスタースプライツに☆をつけてくれてたけど、あれはサターン版でした。
間違えてドリキャスのほうに書いてた(;´∀`)失礼しました。

ゆみみみっくすとだいなあいらんが出てるのも嬉しいです!ヽ(´▽`)ノ

Yuki-a-MASYuki-a-MAS2010/01/11 22:16か、書きましたよ!!

SarutaniSarutani2010/01/11 23:39>ミレイアさん
 
ちなみにダブった『スーマリ』の片方は、店で同価格だった『魔界村』と交換されました。
なんて素敵なスパルタ教育。
考えてみれば、ゲームをしてても夜更かしさえしなければうるさく言われなかったのは、
当時自分で思っていたより恵まれた環境だったかもしれません。
 
『ティンクルスター』はオマケが盛りだくさんなサターン版、忠実移植のDC版と、
どちらも甲乙付けがたい良移植でしたね。
 
『ゆみみ』『だいな』は全エンディングを見るまでやり込みましたけど、
どうでもいいところまで凝った作りで、最後まで飽きずに遊べるところがいいですね。
聞くところによれば、『だいな』は100回クリアー時に専用のエンディングがあるとか。
 
>こっきゅんさん
 
突然渡したバトンを受けて頂いて、ありがとうございました。
軽いネタ振りが予想以上の反響を呼んだようで何よりですw
 
未知の世界を踏破するという『ドラクエ』の醍醐味は、
確かに他作品と一線を画するものがありますね。
MPも薬草も使い切った末に見つけた次の街で二人目の王子を引きずって教会を探したり、
初期『ドラクエ』の思い出といえば、つい旅の苦労話が浮かんでしまいますが、
「冒険」としては正しい形だし、それが苦痛でなくやりがいになる絶妙な完成度が
『ドラクエ』を不朽の名作にしたんでしょうね。

2010-01-07書き初めのススメ

書き初めのススメ 05:20 はてなブックマーク - 書き初めのススメ - さるたに秘密ブック

そういえばここ数年来、ちゃんと書き初めをした記憶がありません。

 

PCや携帯が普及したことに伴い、自分の手で文字を書けなくなる事を懸念されて久しい昨今ですが、日々進化するネットのサービスは、そうした心配を既にフォローしてくれています。

 

「書き初めくん - はてなセリフ」

http://serif.hatelabo.jp/bd8d4e68d87fe012901fb4e08e1e6dd630edd41f/

 

はてなのサービスなので、セプト部員なら誰でも利用できるのがありがたいですね。

…手書きじゃなきゃ意味ねーよ、という正論は置いといて。

 

ちなみに私の書き初めはこちら。 

ウソ避け上等 さるたに - 書き初めくん - はてなセリフ

『カルド』において高額地を素ダイスで避けねばならない状況に追い詰められても、無事に回避できますようにという願いを込めてみました。

 

ついでに、シューティングで敵弾を避けられるようにという願いも含まれていたりして。

2010-01-06

トリデンテ3日記 ~アリーナ8編 07:56 はてなブックマーク - トリデンテ3日記 ~アリーナ8編 - さるたに秘密ブック

Harjieさん(火)、ヨシさん(水)、dhlkaiさん(無ライフォ)と対戦。

 

開幕時の手札バトルギアαβライフォと分かりやすくて厄介なdhlkaiさんの手札を見て、私を含めた他3人はいきなりゲンナリ気味。どうせバトルギアの隣に置いたら合体狙いで殴られる事を考えると、思うようにクリを配置する事も出来ません。

 

領地コストが必要なクリーチャーばかりドローしているHarjieさんやヨシさんも苦労してますが、防具ドローできない私も横の好位置にいるバトルギアの隣にクリを置けなかったりと、やりづらくって仕方ありません。

 

などと停滞していたら、Harjieさんが足スペルでdhlkaiさんのライフォを消してくれたり、ヨシさんが例によって悲鳴を上げながらも水領地を確保したりして、気が付けば横一線の団子状態に。

つーかボージェスやらエルドラやらが置かれて、戦闘中の補正がややこしいったらありゃしない。

実際、「エルドラの応援ってカウンターアムル効果ST=0)の後に適用されるんだー」とか言ってたし。

 

そんなこんなで拠点が安定せずに皆して現金輸送気味な状況でしたが、比較的安定していた私のレベルネッシーへHarjieさんのローカストが突き刺さってから全員一気にレベルを上げ始め、周辺が急遽危険地帯になるというアリ8らしい踏み環境となったり、現金輸送に危機感を抱いたdhlkaiさんが上げたレベルバトルギアβをヨシさんが目ざとく落としたりと、一進一退のカオスな環境に突入。

 

やりにくいなぁ…と歯噛みしていたら、いつの間にやらHarjieさんが火連鎖を伸ばしてトップになっていたりして、相変わらず混戦に強い人だな~と感心しつつ、自分も総魔力を伸ばさなきゃとレベルを上げたアンダインをdhlkaiさんのグレアム持ちクレリックに直踏み侵略即死を決められて最下位転落! あばばばば!!

 

などと追い詰められた終盤戦、残りラウンドも少ないんだから仕方がねぇ…と、現状2位にいるヨシさんのレベルブラッドプリンHWXでのジオファーグ踏み侵略を敢行!

ヨシさんの悲鳴を聞き流しつつ挑んだ勝率60%のバクチはどうにか成功して、トップのHarjieさんへ数百G差まで迫りますが、dhlkaiさんがを直踏み! 先ほど奪った私のレベル4をフュージョンを使った移動侵略で確実に奪われる状況を目の当たりにして頭を抱えますが、現状で最下位だったdhlkaiさんは戦意喪失気味だったそうでこの侵略をスルー。

試合後の感想戦でもヨシさんが指摘してましたが、確実に順位を上げるチャンスを逃すのは上策とはいえないような…先だって私から奪った水レベル4と合わせれば、連鎖補正込みで2位にはなれていたでしょうし。

 

結局、切り札を全て引き切った私にHarjieさんの首位を揺るがす余裕は無い上、シンク持ちのヨシさんも自分の順位が変わらない仕事をする気はさらさら無いようで、そのまま2位で終了

数百G差でトップを奪い損ねたのは悔しいですが、この混戦の中でそれなりに優位を保ったプレイングが出来たことと、昨日のアリ7戦で虐めてくれたヨシさんを凹ませる事が出来ただけでも満足しておきます。

2010-01-05

トリデンテ3日記 ~アリーナ707:36 はてなブックマーク - トリデンテ3日記 ~アリーナ7編 - さるたに秘密ブック

 

第1戦

ドモボーイさん(火)、Harjieさん(風)、ヨシさん(地)と対戦。

序盤からマップ北部のT字路にネッシー配置、一気にレベルを上げて踏みに期待しますが、みんなしてスルーしてくれます。足スペルで避けられるのは仕方ないにしても、素ダイスでもあっさり越えられたりして、結局試合終了まで誰も踏んでくれませんでした。

 

そして序盤の好調が嘘のように人の領地踏んだり直踏み侵略連鎖を削られたりして、「自分が生き残る事しか考えてねーwww」とヨシさんに嘲笑われる有様です。

 

トップ争いの行方は、達成額に達したヨシさんのガーゴイルへドモボーイさんがフュージョンを叩き込んだものの、120Gを費やした事でドモボーイさんが周回ボーナスを得ても極僅かな額で達成には至らず、その隙を突いてヨシさんが達成勝利。

そしてHarjieさんと私は僅差で最下位争いを演じていましたが、僅か8G差で及ばず最下位。

 

しかしこの試合は敗戦自体も悔しいですが、ブックのアクセントとして入れたグロースボディをヨシさんに鼻で笑われたのが悲しかったです。

ウナギフュージョン耐性付けられますし…」

ダゴンでいいじゃん」

「…それに、アンダインチャームとイビブラ耐性を付けられるですよ?」

…強いとまではいいませんが、グロースボディはいいスペルですよ?

  

第2戦

ポニョナレフさん、wakaさん、ヤマトさんと対戦。(各人のブックは失念)

 

この試合はクリを置けないわ踏みまくるわと、まるでいい所が無い完敗でした。

 

試合自体はwakaさんがライフフォースを強力な妨害スペルとして活用し、私やヤマトさんの移動スペルパーミッションを絶妙に潰して序盤の伸びを抑えたのが効いたのか、中盤から追撃するヤマトさんを振り切っての勝利。

 

ちなみにwakaさんが北祠の横に置いたドラゴノイドが異様に強く、皆が通りかかる度に通行料を支払っていくという謎の吸引力を発揮していました。

 

第3戦

八朔さん(水)、Harjieさん(風)、ポニョナレフさん(無モス)と対戦。

 

まさかの水被りに驚きつつクリーチャー配置。八朔さんが序盤のドローに苦しむ隙を付く形で私は近辺の土地をキープ。その後マップ西の水土地は八朔さんに押さえられたものの、踏みの期待値的には優勢です。

 

一方で風被りとなったHarjieさんとポニョナレフさんの形勢は、マップ南のT字路をモスマンで押さえたポニョナレフさんが一歩リード。八朔さんやHarjieさんの高額踏みもあって独走体勢となりますが、モスマン対策のために無属性バラ撒き要員を皆で回収したり、八朔さんのHW3ハメが見事に決まったりと、目に見えて好調だったポニョナレフさんにもブレーキがかかります。

 

そのお陰で比較的横一線の展開となりますが、八朔さんのジオファーグ特攻以外に拠点が落ちる心配のない私が一歩リード…と安心してたら、Harjieさんが目標魔力を突破!

きゃー大変ー!! と焦っていたら、Harjieさんが私のレベルウナギ踏んでくれたお陰で私が目標額に到達。足スペルの引きに恵まれてそのまま達成勝利。

わーい。 

 

ちなみにリザルトを見てみると、他の人たちの通行料支払い額が1000Gを超える中で、私一人が総額160G少々という強運っぷり。八朔さんが2000G以上を支払った事を考えると、要所々々でリコールドローできた事が大きな勝因でした。

2010-01-03今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします 04:32 はてなブックマーク - 今年もよろしくお願いします - さるたに秘密ブック

昨年はプライベートで色々あったので年賀の言葉は自粛させて頂きますが、

新年を迎えるにあたって、セプト部の皆様にとって今年が良い年であるよう願っています。

 

ランク戦日記 その1

新年初カルドはランク戦での3人戦。

全員水被りな上に対戦相手の一人はランキング上位で見覚えのあるセプターさんだったりと、早くも修羅場の気配が漂います。

 

序~中盤はシャッフルにより水土地が集中した西エリアの覇権を巡って、件の有名セプターさんと血で血を洗う殴り合いとなりました。

なかなか防御アイテムドローできない私の水土地を、報酬での損失に目をつぶってまでダゴンで潰しまくる有名セプターさんに対し、お返しとばかりジオファーグクレリック即死で水土地を奪い返していきますが、最終的には水無効クリーチャーでの連鎖を確保した有名セプターさんへ軍配が上がり、消耗した私は東エリア空地を狙わざるを得なくなりました。

 

しかし東エリアの少ない水土地は潰し合いを静観していたもう一人のセプターさんが確保済みな上、私が通ろうとするケルピー踏みによる増資で一気にレベル4へ増資

これは踏んだり蹴ったりな大ピンチ…どころか、私にとって逆転に繋がる大チャンス。手札にキープしていたライトニングでまんまとレベル4を奪取したのを皮切りに、ようやくドローできた地変アイテムで東水連鎖を確保して、トップを狙える状況へと返り咲きます。

 

そして私と有名セプターさんが達成圏内となった終盤戦、有名セプターさんの切り札であるチャームに対してはクリーチャー交換で対策済みと安心していた矢先、ニンフドローしたもう一人のセプターさんがカウンターアムルリフォームして、パイロマンサーが守る私の水レベル4を素ダイスによる直踏み侵略で強奪するというサプライズが発生!

正直言って悶絶モノの状況ですが、ここまで見事に博打プレイを成功されてはグゥの音も出ません。

 

結局、この試合は2位のままで終了し、有名セプターさんの入を見守る事となりました。 

尚、この見事なニンフ侵略を決めたセプターさんは(別タグで無ければ)はーすさんとは別人である事を付け加えておきます。

 

ランク戦日記 その2

正月休みのせいか4人戦のメンツが集まりにくいので、またも3人戦。

よく見ると、対戦相手にはEvyさんの名前が見えます。

 

この試合対戦相手が風・地という環境で、水土地が6つも集中した東エリアの水連鎖ランプロG・イールグロースボディで強化したアンダインで早々に確保した私が終始トップを独走。

序盤にEvyさんのリフォームシンクを失ったものの、ブック相性に加えてドローダイスも好調な私は危なげなく達成勝利を成し遂げました。

 

ひとりごと

しかし発売から一年以上が経った『カルドDS』で未だ相手に不自由することなくオンライン対戦を楽しめるのは、大手タイトルでもない本作にとっては非常に恵まれた環境というべきですね。

 

しかも採算には繋がらないと思われるのに、休むことなくランキング戦の環境を整えてくれる大宮ソフトのスタッフ陣に対しては足を向けて寝られません。本当にありがとうございます。

 

もちろんセプト部員を始め、今なおカルドをプレイする全てのセプターのお陰でWifi対戦が楽しめる事も忘れてはいません。

皆さん、本当にありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いします。