Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2010-02-03

新春ジャッジメントショー 03:13 はてなブックマーク - 新春ジャッジメントショー - さるたに秘密ブック

1月某日、NSR祭が大盛況のなか、その陰でひっそりと催されていた妖しいサバトへ潜入してきました。

 

ジャッジメントブックに満たせ! 今日こそは審判の日!」

ジャッジメントを撃てる機会あらば富める者へ迷わず放て!」

ジャッジメントディスカードする不敬者に神の裁きあれ!」

ジャッジメントリフォームする背教者は永劫に呪われよ!」

 

異様なテンションが漂う中、私と同様、好奇心につられてサバトへ潜りこんだと見える二人の男性が女司祭に誘われて神殿の奥へ消えていくのを見送っていると、私の周りをいつの間にか3人の神官が取り囲んでいます。

 

あっちにはお姉ちゃんがついてるのに、何で私はヤローに囲まれにゃならんのだ…と少々不満に思いつつ、用意したブックが懐に収まっている事を確かめて、私も神官たちへついて神殿の奥へと向かいました。

 

…神殿の最奥で、どれほどの狂気が待ち受けているかも知らずに。

 

面倒くさいので、以降はフツーに書きますです。

 

ジャッジメントブックに4積み”

ジャッジメントドローしたら、現時点で手持ち魔力が最も多いセプターへ即撃ち”

 

こうした特殊…というより特異なルールで行われた対戦会へ飛び入り参加してみたものの、ジャッジ4積みなんて素っ頓狂なブックの持ち合わせはないので、即興で既存のブックを編成しなおします。

 

え~とジャッジ4枚に…そうだ、バリアー入れて周りの潰し合いから逃げるのも嫌らしくて面白そうだな。そうなると足はフライテレポに…せっかくだからハウント入れてもいいかな。

…などと超テキトーに組んだ水ブックを使用したのですが、あろうことか肝心のバリアーを入れ忘れてしまい、単に移動スペルが弱い走りブックに仕上がっていました。

試合中、「あれ~? バリアー引かねえなぁ…」とか言ってたのがあらゆる面で間抜けすぎです。

 

試合前のダイスにより、対戦相手はなおなおさん、すれいんさん、無面目さん、マップカリンとなりました。

 

カリンといえば狭い土地で殴りあう典型的な戦闘マップ、さぞカオスな展開になるだろうと思っていたら、3番手のすれいんさんが初手で早速ジャッジメントドロー

まだ何も行動しておらず、従って一人だけ魔力を消費していなかった私へジャッジメントが炸裂し、初期魔力がいきなり80Gになってしまう異例の事態に頭がクラクラしてきました。

 

序盤はなおなおさんが順調に火連鎖を伸ばしてリード、無面目さんが風連鎖を確保しつつ後を追うのを横目で見つつ、私は初手ジャッジの痛手とダイスのビミョーさから思うように連鎖を伸ばせず苦しい展開となりました。

ちなみにすれいんさんはギルドラプターグースバランスで現金を稼いでは、リンカネウィザードアイマインドシーカーを駆使してジャッジメントを撃つ事だけに専念しているようです。

 

そんな中、全体的にSTが低めの状況を見て、なおなおさんが強気に土地レベルを上げていき、北の火連鎖はたちまち危険地帯と化します。

この危険地帯で最初の犠牲者となったのが無面目さん。

なおなおさんの高額地を踏んで手持ちがマイナスとなり、セオリーどおりに最も高額の土地を手放しますが…。

「あ、それはマズいんじゃ…」「え? あぁッ!!」

そう、高額地売却によって無面目さんの手持ち魔力がなおなおさんの手持ちを上回ってしまい、「手持ちが最大の人へ撃つ」というルールに基づいて放たれたすれいんさんのジャッジメントが無面目さんの頭上へ炸裂! 高額踏みのダメージを倍化させてしまいました…合掌。

 

これでなおなおさんが完全に独走態勢となってしまったため、私と無面目さんが必死で追いかける1対2の環境となり、私と無面目さんとで立て続けに戦闘を仕掛けていきます。

私のブック侵略向きではないものの、手札フュージョングレアムを抱えてなおなおさんの拠点を虎視眈々と窺います。

 

ちなみにすれいんさんは現金輸送したり枯渇したりしながら、自前や他人から奪ったジャッジメントを撃つ事しか考えていない様子。

「すれいんさんがなおなおさんにスワップ撃ってくれたら、なおなおさんの拠点を落とせるんですけど…」

「私のスワップはジャッジを奪うためのものです!」

…そうか、この人はカルドをやりに来たんじゃなくて、ジャッジメントを撃ちに来たんだな。

 

二人がかりで攻めたてて、ようやくなおなおさんのレベルケットシーフュージョンで粉砕。

ボージェスも排除して、水連鎖に居座るなおなおさんの高額クレリックグレアム持ってブン殴るべく南に置いていたナイトを回収しようと思っていたら、手札オーディンランスヘッジホッグがある状態でクレリック踏めダイス目が出たため、急遽シンキングタイム。

確かなおなおさんはギア持ってて、他に防具は無かったはず…と直踏み侵略を敢行! そしてなおなおさんの手札に輝くガセアスフォーム

ぎゃああぁぁぁっ!!

これでまた引き離されたものの、を使ってナイト手札に回収し、再度クレリックを狙える体勢を作った直後、クレリック一歩手前の高額アンシーン踏んだためナイトカウンターアムルで粉砕して、遂になおなおさんをトップから引きずり落とすことに成功!

…そして次ターンクリーチャードローできないまま1を出し、高額クレリックを踏んづける私。

 

といった攻防を傍観していたすれいんさんが、残りターンが少なくなったところでHWXを手に何やら考え中…そして先ほどアンシーンから奪った高額領地を守る私のナイトHWXでのギルドラプター侵略をかましてくれます。

アイテムグレアムしか持ってなかった私は当然防げず超ガッカリ。

 

結局、私も無面目さんもすっかり力尽きてしまった状態で最終ターンを迎えたのですが、ここで最後の大波乱。

「…しょうがないなー」と呟いたすれいんさんが、まさかのスワップでなおなおさんのスチームギアを強奪。これで無防備となったクレリックを素ダイスでの直踏み侵略で撃破して、私を抜いて2位へ浮上してしまいました。

 

「で、何でほとんどクリーチャー入れてない私が2位なんですか?」

……ンなもん、私が聞きたいです。

cepter_naonaocepter_naonao2010/02/04 10:34お疲れ様でした!
さるたにさんもCCD対戦におけるすれいんさんの恐ろしさを体感していただけたようで・・・(笑)
「バリアーが入ってないバリアー4積みブック」・・・さるたにさんも天然な方だったんですね。安心しました。

seleniteselenite2010/02/04 14:11女司祭って私のこと?ねえ私のこと?(゚∀゚)
さるたにさんの書き方うまいから本当に妖しい儀式やってたみたいだ(笑)
向こうの卓も楽しかったけど、こちらも4人でくんずほぐれつハチャメチャバトルだったみたいで面白そうです。
すれいんさんの信念が伝わってきました。

SarutaniSarutani2010/02/06 05:20>なおなおさん
 
何というか、すれいんさんは色々とありえませんでした。
…いや、マジで。
 
>さるたにさんも天然な方だったんですね。安心しました。
 
まあ私は基本的にネタ要員なんで、意識してるかどうかに関わらず、あれこれやらかしてしまうのですが…さすがに今回のブック構成ミスは酷すぎました(苦笑)。
いつもこんな風で…ゲフン、いつもこんな風じゃないんですよ!
 
>女司祭様
 
私はミレイアさんのファンなので、つい特別扱いしてしまいました(*´д`*)
 
>4人でくんずほぐれつハチャメチャバトル

実際のところ、妖しさランキング的にはセプト部史上屈指の迷対戦になったと思います。
…もう一度同じシチュエーションで再戦しろと言われたらスゲぇ葛藤しそうですけど。