Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2010-04-04

続・ゼネス杯参戦記 04:10 はてなブックマーク - 続・ゼネス杯参戦記 - さるたに秘密ブック

ここからは非ゼネスなガチブックを使用しています。

天子様が来る!」 written by さるたに(ローランド)
Creature19Item6Spell25
クレリック2カウンターアムル2アーマースミス1
ヘッジホッグ3カタパルト2シャッター1
パイロマンサー2フュージョン1シンク3
G・イール2フレイムホイップ1チャリティ2
キングトータス3ドレインマジック2
ネッシー2ホープ2
ムジナ3ホーリーワード21
ナイト2ホーリーワード31
ホーリーワード63
ホーリーワードX4
ランドプロテクト1
リコール3
レイクリープ1

プレミアム天子様 (まんがタイムコミックス)

プレミアム天子様 (まんがタイムコミックス)

単行本化自体はめでたいのですが、4年前に出た1巻の復刻と2巻以降は出してくれないんですか芳文社さん。

天子様が来る! 1 (まんがタイムコミックス)

 

…ついでに『マダム・パープル』も復刻&続刊希望

開運貴婦人マダム・パープル 1 (まんがタイムコミックス)

開運貴婦人マダム・パープル 1 (まんがタイムコミックス)

 

クリーチャーを選ぶに当たっては、配置制限なし&領地コスト持ちはネッシーのみと、事故りにくさと殴り合いの強さを重視してみました。

 

HW2&3は以前のリーグHEXAで味を占めて投入。

フレイムホイップバロンウナギ強打を狙えるあたり、意外とイケるのでは…と考えて採用してみました。

 

ゼネス杯 4戦目

1位キオウ(id:Kiou)さん10273G
2位パン助(id:pamsuke)さん404G
3位森陽(id:ShinYoh_4124-8099-1522)さん364G
4位さるたに(ローランド)(id:Sarutani-281G

結果:4位

 

序盤から手持ち魔力を確認せずにシンクを撃ったせいで、せっかく地変した土地を手放したりするなどのダメダメなプレイで低空飛行を続けていたところ、森陽さんがキオウさんのレベル4を踏んで枯渇寸前に。

 

サドン終了の可能性も出てきたところで、パン助さんもHXWで回避できた件の横高額を踏んで、気が付けば私が2位。

…けどこの流れだと、次にあの横を踏むのは…と思っていたら、案の定レベル5に上がった件の土地を私が踏んでサドン終了

 

結局、トップのキオウさんが6000近くの通行料収入を得ての一人舞台でした。

 

ゼネス杯 5戦目

1位さるたに(ローランド)(id:Sarutani6420G
2位カイチ(id:Kaichi)さん5526G
3位ヤマト(id:yamatoppp)さん3968G
4位ヨシ(id:YOSHI-00)さん1396G

結果:1位

 

私が水、カイチさんが地、ヤマトさんが風、と属性がバラけたお陰で各自が順調に土地を確保しますが、ヤマトさんが抱えたローカストスワップを警戒してレベル3を量産する私とカイチさんの慎重さにヤマトさんは不平タラタラです。チャリティで1枚しかドローできないのがそんなにイヤですか。

 

そんな膠着状態が続く中、私のランプロ付きレベルネッシーへ皆が立て続けにハマってくれて、一気に達成圏内へ突入。

私の入を阻止すべく、カイチさんとヤマトさんがまでの土地を一気にレベル上げしますが、ここで乾坤一擲のHWXドローが決まって達成勝利。

 

そういや、もう一人対戦相手がいたような気がしましたが…はて、誰でしたっけ?

 

ゼネス杯 6戦目

1位ヨシ(id:YOSHI-00)さん6505G
2位さるたに(ローランド)(id:Sarutani3022G
3位えすあーのれ(id:esuanore)さん2135G
4位すみれ(id:sumirededo)さん742G

結果:2位

 

目下連敗中で凹みまくりのヨシさん、逆転優勝を狙うすみれさんといった、色々な思惑が絡んだ卓となりましたが、試合展開も波乱万丈な荒れ模様でした。

 

中盤あたりでネッシーウナギ拠点を擁した私がトップに立ちましたが、低空飛行を続けていたヨシさんが私のレベルネッシーHWXでの直踏みジオ特攻を成功させるという漢プレイを決めてくれやがります。

 

これを機に浮上したヨシさんと、拠点が磐石なえすあーのれさんによる一騎打ちの様相を呈しますが、達成圏内に入ったえすあーのれさんが私の連鎖を切るために手持ちが0になったところ、その隙を突いたヨシさんに連鎖を切られたり、足スペルが使えずヨシさんの高額を踏んだりして、一気にヨシさんが独走態勢に入ってしまい、全員でヨシさんへ集中攻撃をかけましたが、結局達成を止める事は出来ませんでした。

 

しかしこの試合を振り返ってみると、連敗が続いて「カルドを嫌いになりそう…」とボヤいてたヨシさんへの同情が、私のプレイングに甘さを生んだのかもしれません。

 

…という事にしておいてください(苦笑)。