Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2010-07-12

ピンクスゥイーツ ~代々木それから~ 01:49 はてなブックマーク - ピンクスゥイーツ ~代々木それから~ - さるたに秘密ブック

前回の日記では書き切れないことが多すぎたので、代々木杯で出会った人たちについてその2。

 

他にも書き切れないほどに代々木で出会った人たちについてのネタは山ほどあるのですが、そんな事を言ってたら永遠に終わらなさそうなんで、一旦ここで締めとさせていただきます。

 

ぶっちゃけ、また今回のようなイベントがあれば…と思うことしきりです。

 

もっちーさん

セプト部の顔であるもっちーさんは代々木杯へ挑むにあたって、腕に冷えピタ貼ってたりとフィジカル面でも万全な態勢で今回の大会に挑んできた模様です。

 

そんな感じで勝負に賭けてるっぽいもっちーさんでしたが、私と会ったときは「ろーりー、腕ワシャワシャやん♪」といきなりスキンシップをかまされてドギマギしてみたり…これって恋!?

 

…とはいえ、たきさんがプロデュースした2次会の途中で「飽きた。帰る」とあっさりエスケープしたときはそのフリーダムぶりに驚きましたが、後日日記で代々木杯にかけた意気込みを見ると、あの激闘で色々と複雑な心境だったのかな~と思ったり。

 

それはいいんだけど、唐突に同じテーブルで一人ぼっちにされたときは、ぶっちゃけ途方に暮れたですよ!

 

ダイジさん

リアルで顔を会わせるのは初めてでしたが、試合会場で「お、ろーりーろーりー♪」とフレンドリーに声をかけてくれたのはありがたかったのですが、それを交流のキッカケにできない私のヘタレっぷりを悔やむ事しきりでした。

 

りちょさん

交流会でやたらと恰幅のいい浴衣姿の人がやってきたので何事かと思いましたが、その正体はりちょさんでした。

 

ルックスはいいし浴衣も似合ってはいるんですが、その佇まいがあまりにも相撲の新弟子っぽいと思ってたら、日記でみんなして「新弟子」「新弟子」言ってるので、私だけじゃなかったんだと安心してみたり。

 

…もしかして、私が言い出しっぺ?

 

はーじーさん

いい年こいた悪ガキ集団こと名古屋勢+αの引率役を見事に務めたはーじー先生には、この場を借りて感謝の言葉を言わせていただきます。

 

だけど、第2戦を連勝して突破したときの悄然とした表情は未だに忘れられません。

 

試合結果見たら、次にIORIさんとかもっちーとかの強豪と当たりそうで…どうしよう…」

「いやいや、はーじーさんも十分強いじゃないですか」

「………はぁぁぁ~~~」

 

その後、第3戦の組み合わせで1卓目にならなかった事に心底安心してたようでした。

 

ぬぬぬさん

「アレ、そんなにすごいモノなんですか?」

「…え?」

 

外見どおりにクールな佇まいのぬぬぬさんが、決勝戦での激戦を称える表彰式を見ながらつぶやいた一言の意味が一瞬分かりませんでした。

 

「アレってフツーに売ってる本でしょ? なんでみんなあんなに騒いでるんだろう…」

「いやいやいや! イラスト描いてるさめだ小判先生直筆のサイン本ですよ? 世に二つとない逸品じゃないですか」

「でも、中身は一緒ですよね…ん~」

人によって価値観は違う事は理解していたつもりでしたが、いざ目の当たりにするとリアクションに困りましたねw

 

などといった事を帰り道にまそっぷさんと話してたら、「いやいや、そこはさめだ先生の作品を見せてですね!」

…止めやしませんが、成年向け作品の取り扱いには要注意ですよ。

 

少年さん

スタイリッシュなネクタイ姿がトレードマークの少年さんでしたが、どうも道中においては渋い表情が印象に残ってしまいます。

 

それは多分、代々木へ向かう車中においてのスパー戦が原因かも。

 

とかく殴り場になりがちな新大陸ではありましたが、私の手番で防具を切らした少年さんの土地へやたらと止まります。

 

「え~~~」

「すんません。なんか妙に都合のいいタイミングで少年さんの土地に止まるんで…」

「いいっていいって。取りあえず少年を殴っとけばいいから」

「了解です」

「さすがは全国16位の少年さん!」

「ちょwww お前らwww」

 

ってな感じで、スパーとは名ばかりの少年さんフルボッコ祭り開催…いや、決してワザとじゃないですよ。

 

けど、試合終了後に怒りのアイコンラッシュをかました少年さん(全国16位)の心境やいかに。

 

風来のシュンさん

ちょいと酸欠気味? なんて声が上がるほど人口密度が過剰な試合会場で「体力勝負なら勝てる!」と言い放った山男セプターは、行き帰りのハードスケジュールをものともしないタフネスぶりに裏打ちされた爽やかさを終始失わないナイスガイでした。

 

そして代々木から帰還する車中において、セプト部の現状と将来について熱く語るシュンさんを見ていると、こういうちゃんとしたオトナの人がセプト部へ気をかけてくれている良縁がありがたく思えたり。

 

まそっぷさん

大阪から私を車で拾ってくれたりと、まそっぷさんには今回すっかり世話になりっぱなしでした(ぺこり)。

 

「いや~、話してた時は酔っ払ってたしな~」と待ち合わせしてたはーじーさんと連絡が取れなかったり、代々木杯へのエントリーに関して部長から教育的指導が入ったりと、はっちゃけぶりが目立つ人ではありますが、そのアグレッシブさはプラス方面にもしっかり働いていたのでした。

 

帰りの車中で話してくれた大阪におけるオフ会の構想は、身内でのゲーム大会に収まらない意気込みを感じさせてくれました。

 

代々木杯がオリンピックセンターなら、こっちは万博で!」

セプト部に限らず、みんなが参加できるような大会にしたい!」

「勝ち負けだけじゃなく、”この人のプレイが見たい”という意見を尊重したい!」

 

などなど、その場の思いつきじゃ済まないレベルのアイデアを聞くにつけ、まそっぷさんへの尊敬の念が高まる一方です。

 

私信――まそっぷさんへ

…つーわけでまそっぷ(id:masoppu3398)さん、先日の日記で表明した大会について、以下の情報を提供してもらえると助かります。

 

・会場の具体的な情報

・必要な機材(PC、偽トロetc)の調達状況

 

大会の開催予定日が10月となれば、日程にそれほど余裕はないと思われますので、私の手の負える範囲であればなるたけ手を貸したいので、ご自身の日記もしくは以前連絡したメールアドレスなり、この日記へコメントをもらえれば幸いです。

 

sarutani_secret_memo@yahoo.co.jp

※上記メールアドレスへの応答でもOKです。(@は半角へ直してくださいませ)

mochimochi_1192mochimochi_11922010/07/13 08:39猫科の生き物ですフリーダムです、ニャ''~
あの卓一人になっちゃったのかwゴメンw次、埋め合わせするから…ネ?

mochimochi_1192mochimochi_11922010/07/13 08:45忘れてた、ツイッターやろうぜ

masoppu3398masoppu33982010/07/13 22:31さるたにさん代々木杯はオチカレサマでしたー
私の日記にお返事を書いたので一読下さい。

shonen13shonen132010/07/14 00:28今まで私が裸婦像杯であったことに比べれば
正直あれくらい当たり前なのでなんともないですよww
DドアとかDドアとか・・
アイコンは普段使わない分ああいう場だと無駄に連発
したくなるんで特に意味はないんですwwサーセンwww

SarutaniSarutani2010/07/15 01:10>もっちーさん
 
はーじーさんの日記でも書かれてましたが、
あの後隣のテーブルに拾ってもらったのでノープロブレムです。
 
ツイッターはよく分かんないなりに始めてみました。
こないだダイジさんに部室で色々教えてもらったので、
過去ログを見ながら色々つぶやいてみますです。
 
>まそっぷさん

日記へコメントさせてもらいましたー。
とりあえず、ブログへ宣伝エントリーを上げたですよ。
http://d.hatena.ne.jp/Sarutani/20101016
 
>少年さん
 
そういや裸婦像杯の対戦で、少年さんにジオ祭りしたのを思い出しました。
なんか少年さんと対戦するたびにロクでもない目に遭わせてしまっているので、
次に対戦する機会が楽しみですw