Hatena::Groupculdcept-ds

さるたに秘密ブック

2010-12-14

第5回裸婦像杯参加レポ その2 18:30 はてなブックマーク - 第5回裸婦像杯参加レポ その2 - さるたに秘密ブック

名古屋オフレポの続き。

ここでは本選以外のところを書いてみました。

 

欲望の優勝賞品編

残念ながらオフに参加できなかった無面目さんでしたが、お手製のウッドフォーク植木鉢を進呈してくれました。

(うかつにも写真は撮り損ねました…が、少年さんがきっと日記に上げてくれるはず!)

以前に日記でお披露目されていましたが、実際に見ると細かいところまで丁寧に仕上がっていて、ネタとしても実用品としても価値の高い逸品でした。

 

こんなものを見た後では出すのに少々度胸がいったのですが、

「少年さん、実は私も賞品を持ってきてまして…」

「マジっすか? ありがとうございます!」

f:id:Sarutani:20101214182545j:image

「「裸婦像杯」にちなんで『ラフ・ワールド』です!!」

「ちょwww ファミコンwwwww」

箱・取説付きを探すのは少し骨が折れましたが、その苦労が報われる程度にはウケたので満足です。

 

怒涛のエキシビジョンマッチ

試合終了後に小一時間ほど余裕があったので、ボドゲスキーな面々はhige13さんが持ち込んだ海外版DSの『カルカソンヌ』で遊ぶ一方、エキシビジョンマッチと称して、総督、STEVEさん、少年さん、もっちーさんが二心で対戦開始。

「早くやろうぜ少年銀行! 全国三十何位の少年銀行!」

「何やってんだよ総督! 時間ねぇんだから早くしろよ総督! モタモタすんなよ総督!!」

もっちーさんマジジャイアン。

 

「そのレベル1、侵略してみてもいいんじゃね?」

もっちーさんの超テキトー発言を真に受けて侵略を仕掛ける少年さんの素直さに全員大爆笑。

かくして少年さんの切り札だったジオファーグは、もっちーさんのアイスサラマンダー(支援でST+10)の反撃で殴り殺されましたとさ。

 

みんな割と普通のブックを使っている中、STEVEさんのブックヌエゴーストといった珍しげなカードが目立ってます。

そして使用者を含めてヌエ応援を忘れて侵略失敗するのはお約束。

「そういやヌエがいるからジオでディー・ダム殺せますね」

「あ…余計なモン置きやがって! DEAD!!」

 

本選チャンプの総督はそこそこ調子が良かったものの、後半でSTEVEさんの高額地帯を素ダイスで突破しようとしてあえなく玉砕。ここを避けて遠回り…とはいかない状況だったので仕方が無いのですが。

この踏みといい、もっちーさんのレベルリリスをイビブラで焼却した跡地を素ダイスで奪ったりと、やたらSTEVEさんの勝負運が光ります。

 

最終的には序盤の高速周回と得意の口ハウントで立ち回ったもっちーさんが、好調のSTEVEさんとの足勝負を紙一重で制して勝利。

不本意な成績で本選を終えた後、すげぇ不機嫌そうだったもっちーさんのドヤ顔が眩しいです。

 

魅惑の記念撮影編

さて裸婦像杯終了後の恒例行事、会場である生涯学習センター前の裸婦像をバックに優勝者の記念撮影会が開催されましたが、普段強気な総督は思ったよりもシャイだったみたいです。

「え~、撮るの?」(像に一瞬だけ抱きついて)「撮った? もういいよね?」

「撮れねーって! もう一度!」

「総督、離れるの早すぎ!」

過去の優勝者(※参考リンク)を見習ってほしいものです。

f:id:Sarutani:20101214170404j:image

↑一瞬のシャッターチャンスを逃さず激写!

 

享楽の2次会編

その後は皆で名古屋駅近くのお店で2次会へ突入。STEVEさんは参加できなかったのが残念ではありましたが。

 

カルド話や総督ブチ切れ武勇伝、ほうたるさんのレトロPC思い出話などを楽しみつつ、程よく酒が回ったあたりでほうたるさん、hige13さん、伯爵、私の4人で梯子対戦を開始。

 

試合途中でお花を摘みに行きたくなった(婉曲表現)ので、

「すぐ戻るんで、誰かちょっとだけ代わりに頼んます!」

「OK、やっとく」

と快く代打ちを引き受けてくれたもっちーさんへDSを預けてしばし離席。

そして戻ったところで戦況を確認すると、僅か1、2ターン程度の間に私の土地手札総魔力がごっそり無くなっていて驚愕する私。

考えてみりゃこの状況でこの人が遊ばないわけがありませんね。トホホ…。

 

しかしこの試合で一番ひどい目に遭ったのは、ほうたるさんだったり。

スペルで無力化されたほうたるさんのクリーチャーへウィルオーウィスプソウルポットを持って侵略を繰り返す、呑み会での余興試合とは思えない伯爵のドな粘着プレイで魔力を絞りつくされた挙げ句、高額地を踏んだほうたるさんの総魔力は残り27G!

「いっそ枯渇させてくれ…!」

自分が言い出しっぺの対戦で悶絶する羽目となったほうたるさんの姿に、全員涙が止まりませんでした(笑)。

 

戦い終わって ~神々の黄昏~

…と、本選も2次会も盛り上がって大変楽しかったのですが、夜から仕事のある私は残念ながら2次会を途中で離脱して一路名古屋駅へ向かいます。

新幹線で大阪へ向かえば仕事の時間には間に合うはず…だったのですが、

 

>東海道新幹線で10万人に影響 三島駅で人はねる

>(12/12 共同通信)

 

リアルでダイス事故るって、こういうケースを指すんでしょうか。

飛び込みダメ! 絶対!!

 

 

…一応、仕事はギリで間に合いました。

第5回裸婦像杯参加レポ その1 17:29 はてなブックマーク - 第5回裸婦像杯参加レポ その1 - さるたに秘密ブック

先日12/12に開催された裸婦像杯こと名古屋オフに参加してきました。

 

書いてるうちに分量が多くなったので日記は2分割。

まずは私が参加した試合の対戦成績をば。

 

尚、各試合の条件設定は、Eカード禁止、制限時間30秒、サドンデスON、他はデフォルト設定通りとなっています。

 

第1戦 二心

結果29R達成-----
1位ほうたるさん8056G
2位へりとんさん5910G
3位ジャコウ総督5143G
4位さるたに2898G

 

使用ブック

カギっこ2」 written by さるたに
Creature19Item7Spell24
ヘッジホッグ3ウォーターシールド2シャッター2
G・イール3エルブンクローク2シンク3
アンダイン3トライバルメイル2チャリティ2
キングトータス3ライトニング1テレポート2
クラーケン2ドレインマジック2
ジオファーグ2ヘイスト3
ダゴン1ホープ2
ムジナ2ホーリーワードX4
ランドトランス2
リコール2

カギっこ(2) (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

カギっこ(2) (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

代々木杯で使用した水トライバルブックを再調整。

実戦では「3人戦メインになりそう」と聞いてチャリティ×2を抜いてホープムジナを一枚ずつ追加したのですが、クジ引きで組み合わせを決めた結果は4人卓。ブックをいじった意味がまるでありません。

 

火属性の総督、水属性のへりとんさんは順調な立ち上がり、ほうたるさんは早々に地土地を埋められてやりにくそう。

私はダイスが振るわず周回ボーナスが取れない上にシンクをなかなか引けずにスピードが出ませんが、土地は取れているので後半に勝負をかけたいところです。

 

そして終盤、目障りだったメテオシャッターで割って増資に成功した総督が俄然優勢、入目前という状況で総督のレベル5エルドラを直踏みできるダイスを引いたほうたるさんが気合のバジ特攻に成功!

これで全員が横並びとなるという番狂わせとなりました。

 

一方の私はようやく引いたシンクラントラ達成圏内に入ったものの、

「7さえ出なきゃ次のヘイストでへりとんさんのレベル5を越せるな…」

ちゃりーん!

「ここで1出してほうたるさんの高額踏んだ達成されるんじゃね?」

ちゃりーん!

…他の3人が総支払額100G前後の状況で、1人だけ2700G超も振り込んでちゃどうしようもなかったです。

 

第2戦 新大陸ブック交換対戦)

結果32R達成-----
1位さるたに7232G
2位ほうたるさん7499G
3位えっくすさん7093G
4位もっちーさん6504G

 

提供ブック

タマさん」 written by さるたに
Creature20Item6Spell24
アームドギア1エルブンクローク1ウェザリング2
クレリック2エンジェルケープ1コラプション1
サイクロプス2カウンターアムル1シャッター2
シーフ2ガセアスフォーム2チャリティ2
スチームギア1フュージョン1パーミッション4
バトルギアβ2ヘイスト3
ヘッジホッグ3ホープ2
ボージェス3ホーリーワードX4
ヌエ2マナ2
モスマン2ローカスト2

タマさん 第1巻やで (まんがタイムコミックス)

タマさん 第1巻やで (まんがタイムコミックス)

先の二心と同じく、実戦ではチャリティ×2を抜いてホープマナを一枚ずつ追加してます…が、後で考えたらコンセプトブックドローを減らすのは明らかに改悪ですね。

私とブックを交換したほうたるさんには申し訳ないことをしました。

 

代々木杯新大陸戦で北エリアでの殴りあいに苦労させられた経験から、レベル1防衛戦での生存率を高めるべく無属性主力のヌエボージェスモスマンを入れたブックにしました。

ラントラを入れるかは悩みましたが、聖堂ラントラで代用できると判断して採用は見送りました。

 

私がほうたるさんから貰ったブックは正統派の地属性走りブック、そしてえっくすさんともっちーさんも地属性という地3被りでモスマン涙目。全体的にST低目とあってはヌエボージェスのアドバンテージも薄いという、ほうたるさんには実に残念な環境となってしまいました。

 

えっくすさん&もっちーさんは南地土地、私は北地土地に展開。

そしてほうたるさんはドローダイスも振るわず一向に配置が進まないため有り余る現金で護符相乗りへ移行しますが、ドレマジコラプの的となって苦しそうながら、ショップに止まった際にもっちーさんの煽りに乗ってノリノリでディスコードを購入・即撃ちしてみたりと大人の余裕を感じるプレイングを魅せてくれます。

 

そして終盤、こう着状態となった南地護符を無視して北地エリアを自力で伸ばした私と、ショップで買ったマイコロンの養殖と北風エリアを一気上げしたほうたるさんの1・2フィニッシュとなり、勝利ポイントとブック作成者ボーナスを二人とも獲得する理想的な決着となりました。

 

第3戦 アリーナ1

結果35R達成-----
1位さるたに9391G
2位hige13さん6338G
3位伯爵さん3850G
4位もっちーさん1870G

 

使用ブック

うめぼしの謎」 written by さるたに
Creature17Item5Spell28
アケローン2エルブンクローク1アップヒーバル3
ケットシー2オーディンランス1スナッチ2
ゴーレム3ファイアーシールド2チャリティ2
ドレインローパー2フュージョン1テレポート2
バ=アル2ドレインマジック2
パイロマンサー2ハウント1
ファイアードレイク2パーミッション3
ヘルハウンド2ホープ2
ホーリーワードX4
マジックダイス3
マナ3
ランドプロテクト1

蔵出しうめぼしの謎完全版 (ダイトコミックス)

蔵出しうめぼしの謎完全版 (ダイトコミックス)

どうも私には「水と風ばかり使う人」というイメージが定着しているみたいなので、ちょいと意表を突いて火属性を使ってみました。

拠点要員にはアケローンバ=アルを選択。ハウントはワンポイントのオシャレ心です。

バ=アルはネタっぽく見られたようですが、地形による配置制限がない上に置いてしまえば排除しづらいため、狭いアリ1ではバカにならない有能クリーチャーとなりました。

 

第1戦と同じくクジ引きで組み合わせを決めた結果、またしても4人卓となった上、hige13さんを除く3人が火属性被りとなってしまい、まだ一周もしないうちから素手のドレイクにアケローンが潰されるという阿鼻叫喚の殴り場が展開されます。

 

この試合で一番恐ろしかったのは、何といっても伯爵のケマゾツ

序盤から伯爵に狙われて火護符連鎖を削られ続け、尚も移動でにじり寄ってくるケマゾツを見て「こっちくんな!」と叫ぶ私を他の二人は眺めつつニヤニヤしてますが、そのもっちーさんも中盤以降はケマゾツに粘着されて嫌ぁな顔をしてたりして実にいい気味ご愁傷様でした。

 

殴りあいの被害が比較的少なかったhige13さんが終始安定していたのですが、終盤になってドレインローパーバ=アルといったケマゾツ耐性の高いクリーチャーを軸に北火連鎖を伸ばした私も追いつき、足勝負の様相を呈してきます。

「うわ、ローパーだらけで画面がきめぇ!」「ウネウネきめぇ!!」

既に試合を終えたギャラリーの好き勝手な野次はともかく、

「伯爵、そこのローパーにテレキかけたらろーりー(さるたに)の達成止められるから」

などといったもっちーさんの口ハウントが最大の障害となってたり、そのもっちーさんに私の拠点を踏まれるとドレイク&グレアム確殺されるという状況とあっては「頼むから早く終わってくれ!」と祈らずにいられません。

 

最終的には運良く拠点を落とされることもなく逃げ切りに成功。総魔力では圧勝でしたが、実際にはヒヤヒヤものの勝利でした。

HarjieHarjie2010/12/14 22:36畳の香り漂う対戦記がうらやましいったらありゃしない

SarutaniSarutani2010/12/16 21:05参加者のみんなもはーじーさんと会えなくて残念がってましたよ。
第6回…があれば、ご一緒したいですね。

minaduki26minaduki262010/12/17 21:48次回はぜひもっと大勢で楽しみたいです!

SarutaniSarutani2010/12/19 15:35そういえばSTEVEさんとは対戦できなかったですね。残念。
次の機会があれば、対戦なりお話なりできるといいのですが。

SarutaniSarutani2010/12/21 03:49ラフ・ワールドについての追記
「よくこんなゲーム見つけてきましたね~。聞いたことないですよ」
「大丈夫、八朔さんとかなら私より知ってます。
 つーかこの事をセプト部の日記に書いたらきっとはてなスターを付けてくれます!」
「ああ、八朔さんだったらねぇ…w」