Hatena::Groupculdcept-ds

風来のシュンの妄想カルド日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-20

今更ながらのファーストインプレッション!

| 00:53 | 今更ながらのファーストインプレッション! - 風来のシュンの妄想カルド日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今更ながらのファーストインプレッション! - 風来のシュンの妄想カルド日記 今更ながらのファーストインプレッション! - 風来のシュンの妄想カルド日記 のブックマークコメント

カルドD購入以来、止め時が見つからず。

昨日の昼間は秋の行事の合間を縫って「同盟戦回し」でカード収集、

夕方からは誰でも対戦で野良試合

夜は部員の皆さんと友達対戦。

しっかし、今回のカルドはかなり危険ですね。

ストーリーもカード収集も対戦も全てのレスポンスが良すぎて、一息つけないw

お陰で昨日はドップリカルドにハマりまくってしまいました(^-^;


ちょっと昨日まではヒートアップし過ぎてしまいましたので、オ・ト・ナ♪な僕としてはw

今日は少し落ち着いて今作の「ファーストインプレッション」を書こうと思います。


先ずリメイクの第一印象から。

オープニングを含むムービーは若干変更点もあるが、全体の雰囲気はほぼ忠実な移植。

そう言えば今回、キャラ紹介ムービーは無くなったのかな?

サウンドは版とはアレンジが違うが、古代サウンドはやはり最高。

セカンド以降のイトケンサウンドも好きだが、1stの少しクラシカルなカード絵や雰囲気には良く似合う。

デモのキャラデザインが一般受けする絵の、1枚絵バストアップに変わった。

概ね良い感じだが、1stの漫画を書いている「かねこしんや氏」に書いて貰えると文句なしだった。

個人的にはポコポコはオリジナルの方が、可愛さ凶悪さ共に好きだ。w

ストーリーという名のチュートリアルを一通りクリアし、クリア後の外伝ストーリーも堪能したが、

クリア後のストーリー変更は良い変更点だ。

同盟戦のチュートリアルを加えるなどの他にも、キャラが立ったサイドストーリーを展開している。

個人的には人数が少ない分、キャラ立ちがシリーズ最高だと思う。


次に天上天下唯我独尊、唯一無二なゲームシステムについて。

オリジナルと遜色なく、且つむしろシリーズ最高に快適な画像処理。

キーレスポンス極上!ユーザーインターフェース文句なし!

テレキネシス手札に持っている時だけ少し処理が重たくなるのだけが少し気がかり。

今回NPCキャラが賢くなっている。

それでもまあ、アホな事するけどw愛嬌はある。

メダルシステムで1Pプレイも多彩なヤリ込み有り。

前回までのカード集め「デク回し」より「同盟回し」は放置できる分、優秀w


そしてある意味今作のキモ、Wifi含む対戦周りについて。

ワイヤレス通信のみカード交換が出来る仕様、Wifi対戦は友達対戦のみボイチャ可能、誰でも対戦はアイコンチャットでやり取りさせるなど、無駄は無いが安心でかゆい所まで手が届いている。

Wifi対戦の仕組みそのものは「簡単・安心・無料」の任天堂の功績大だが、

大宮ソフトはそれを上手く活用し切っている。

今思うとPS2の頃からSCEは本気でネット環境整えとけば、PS3のスタートはかなり違ったはず・・・

あと、ネットだと多めにカードが入手できるのも良い。

お陰で初期ブックからWifi突入!負けまくっても、勝者のプレイングに関心しながら楽しめる。

発売初夜はセプト部にて「初期ブック対戦会」で友達対戦。

やはり対人戦とブック編集の無限ループで正直、底無し!

今後、ダウンロードやらネット対戦やら楽しみは尽きない。


加藤直之氏のパケ絵はやはり良い。パケ裏も世界観出てる。

一見さんが手に取るかは謎だがw 

手頃な値段なのでオトナ買いな自分は家族で楽しむ為に、結局3個買いましたw

説明書もやけに紙質良く手抜きがない。オンラインマニュアルで充分なのにw


【結論】幾多のゲームをプレイしてきたが今回のカルドD、このシリーズでも屈指の完成度

これ程の完成度を誇るゲームは近年稀。

小さなチームならではのギュッと凝縮されたゲームとしての統一感を感じる。

さすが職人集団「大宮ソフト」丁寧で隙のない作り。

サーガの件と今回の件で、この小さなソフトハウスの偉大さを改めて痛感した。

そんな大宮ソフトに敬意を表し、今日イヤホンマイクを買いに行ったついでに「アーモダイン」を捕獲してきましたw

今度、息抜きにプレイしてみようと思います。

なんか書き出したらこんな時間・・・寝なくては・・・(^-^;

切断魔なおt切断魔なおt2008/10/22 17:17昨日はすいませんでした><
すごく楽しかったのに水をさしてしまって;;
回線が安定したら またしてくださいね
ほんとすいませんでした

ShunTheWandererShunTheWanderer2008/10/22 21:32なおtさん、昨日は残念でしたね。
結局AIのなおtさんに侵略されまくり、なおtさんがブッチギリで優勝!w
なおtさんに2連敗中の僕が言うのもなんですが、対戦はいつでも受けて立ちますのでw
またヨロシクです。

2008-10-11

カルドセプトとの出逢い

| 04:01 | カルドセプトとの出逢い - 風来のシュンの妄想カルド日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - カルドセプトとの出逢い - 風来のシュンの妄想カルド日記 カルドセプトとの出逢い - 風来のシュンの妄想カルド日記 のブックマークコメント

カルドセプトDS発売まであと数日。

今回は僕のカルドとの出逢いを随筆風に書いてみたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

私がカルドを初めて知ったのは、確かファミ通の紙面で1st発売前の紹介記事だったろうか?

10年以上前、もう随分前のことなので記憶は定かでは無いが、緻密なドット絵のマップ(確かロカスネフ)と独特のカード絵(ウルフファイターだったかな?)の雰囲気に一発でやられ、その後何度目かの情報の中で音楽が古代祐三と知って「もう買うしかない!」と言う気になった。

それからどれくらい経ったのだろうか、発売日には出張先のゲーム売り場に買いに行き、遠征先のホテルで寝る間を惜しんでプレイしたのを覚えている。

そして友人や弟と対戦し、カードが集まりプレイングの幅が広がり、ブック編集してカードのテキスト読みながら、カルドの世界にドップリ浸かった。

対戦戦績は全く振るわなかったが、唯一無二のゲームシステム、昔のゲームブックの持っていた独特のファンタジーの雰囲気がとても好きだった。

ほどなくして我が家に一つの小包が届いた。

それは応募していた「カルドセプト」のキャンペーン賞品Hobby Japan製『カルドセプト The Card Game』だった。

抽選で500人しか当たらないと聞いていたので驚いたが、このソフト人気がないのだろうか?・・・当時は随分心配した(^-^;

それからPS版で大きくユーザー広がり、全国大会DC版ではネット対戦機能搭載と、カルドは輪廻して広がっていった。

私はその度にカルドの世界をリアルタイムで体験できた。

それはとても幸せな世代、またそのように思える稀なソフトが私にとってのカルドセプトだった。

                風来のシュン

f:id:ShunTheWanderer:20081012011549j:image

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/ShunTheWanderer/20081011