Hatena::Groupculdcept-ds

ぼくらの35ラウンド戦争 ~ヨシのカルドセプトに関する雑記~

2009-07-06

ガーゴイル杯終了! 地属性高校セプト部

| 01:41

ガーゴイル杯終了! 地属性高校セプト部

「ふう、やれやれ……」

「あら、どうしたんですの? ダークマスター校長。溜息なんてついちゃって」

「あ、セレニア理事! いや、コレですよコレ」

「あらあら、ずいぶんたくさんの学生証……。今年の新入生は元気が一杯ね?」

「ええ、さっきまでグラウンドでは元気のいい声がしてたんですよ。今日はガーゴイル杯だったもので」

「あらあら元気のいいこと」

「はっは、差し入れにスイカなど持って行ったの歓声なんか凄いものでしたよ」

「理事室まで聞こえていたんですよ。『げえ! ウナギが栓抜き持ってきたぞー!』とか『初手ガーゴイル3枚www 詰んだwww』とか『うわー、ヨシがガーゴイルスワップで渡してきがった! ひでえ! 主催者なのに!』とかね……」

「ハハッ! いささか元気すぎる気がしますな」

「良いことですよ、本当に」

「最近は少し、真剣勝負的な対戦会が多かったですからな……」

「ええ。それも本当に良いこと。しかし研ぎ澄まし続けた剣は、いつかあっけなく折れてしまう」

「……」

「研鑽を積み続けるセプター達が歩みをとめて一息つける大会、そういう大会にもきっと意義があります」

「ですなあ、バランスが取れれば良いのですが……。ん……?」



「ふあー! 終わったー! 皆お疲れさまー!」

「無事に終わって何よりね……。ってあれ、先輩どうしたんです? そのコブ」

「いってー……。ヨシにゴールドグース持たされたんだよ……」

「だってらぷそでぃさんのガーゴイル強そうだったし」

「えー!? あなた先輩をグースしたの!? まったくヨシったら非常識ね。やっぱりぃ先輩は私とぉ……」

「ふーんだ、なで声したってダメよ! あたしちゃーんと2勝したもんね!? サリーさんと違って!」

「主催者には主催者の立ち位置ってものがあるの! 見境なく試合に出てどうするのよ」

「あれあれー? 負けるのが怖かったんじゃないのー? サリーちゃーん」

「あらヨシずいぶん言うわね」

「ふふんっ」

「でも私が居なかったら、あなた何にも出来なかったんじゃなくて? あなた看板描けるの?」

「うっ」

「まー、無理だろうな。こいつ護符ⅠAと美術は万年『2』なんだ」

「せ、せんぱーい……、それは言わないでよぉ……」

グースのお返しだ」

「ほぅら見なさい」

「むむ……、返す言葉もないわ……」

「お礼は?」

「え?」

「あら、人に親切にしてもらったらお礼を言うものよ」

「……ぅ……」

「んー? 聞こえなーい」

「……、あ、ありがとうございました! あなたのおかげで大会が開けたわっ! も、もう! これでいいでしょ!?」

「ふふん、よろしい」

「んもう><」

「じゃあ先輩ヨシの話は終わったので、ご飯食べに行きません? ちょうどスネフにいいお店見つけたんですよ!」

「ちょ、ちょっと! 何言ってんのよ!」

「だって私の方が良く働いたもん、ご褒美よご褒美」

「それとこれとは話が別! 先輩と組むのはあくまで強い方よっ!」

「あら、言うわね。私のマサムネの錆になりたい?」

「ふふん望むところよ! カタパルトでひねりつぶしてあげるわ!」

「よーし!」

「勝負よ!」


 ポカスカポカスカ


「ああもう休ませてくれ! 今日俺が何戦したと思ってるんだ!? ……と」

「……」

「ああ、酸(id:sunsung)か。優勝、良かったじゃないか」

「……」

「……ど、どうした?」

「……校長からすいかもらった」

「お、おお、うまそうだな」

「……みんなでたべよう」

「お、おお。ありがとな。おーい、ヨシー! サリー!」


 ポカスカポカスカ


「だめだ、聞いてないな」

「……」

「とりあえず先行ってるか」

「……(コクッ)」


 ポカスカ――ピタッ


「――って、ちょっと! 酸ちゃん、先輩と二人でどこ行く気!?」

「待ちなさいっ! 先輩は私とスネフの海鮮料理屋に行くのよ!」

「いや私と……って、ちょっとホントに先輩待ってえー!」


 ドタバタドタバタ


f:id:YOSHI-00:20090707013927j:image



「……まあ、彼らの場合心配なさそうですな。元気で、健やかだ」

セプト部、いい部活ですね」

 夕焼けの中、四つの影がJUNCTIONを騒がしく歩いて行く。セプト部の夏は、まだ始まったばかりである――。


――to be continued


ガーゴイル杯優勝は酸さん(id:sunsung)です!

 という訳で、お疲れ様でしたー! 当初はどうなることやらといった感じではありましたが、蓋をあけてみれば大盛況! 37卓、のべ38名のご参加を頂きました! ありがとうございます、ありがとうございます! うぐう、泣きそうや……。なお、先輩4枚積みブックを1回も使っていないにもかかわらず、優勝をかっさらって行った酸さんには、ぼくらの35ラウンド戦争謹製「わるくち」を進呈させていただきます! ばーか、ばーか、柳なんて枯れちまえっ! ううっ、いたいけな女子高生から1000Gもむしりやがって……。悔しいけど、ルールなので上の優勝者をたたえる絵画をサリーさんよりプレゼントします! 印刷して定期券入れなどに入れて「先輩……(キュン☆)」と楽しむのがおすすめです。でも学生証はやらねえ! 先輩を2枚しか入れない悪い子はお仕置きよ!



相方サリーさんへ

 妄想を具現化するにはものすごい労力を要します。本大会を作り上げる上でも、それ相応の労力を要することになりました。そんななか「何でこの人俺以上にヨシちゃんに熱いの!?」という熱意のもと、とんでもない馬力でたくさんの絵を描いて下さいました。本当にありがとうございます、もうお礼の言葉もない。私の壮大な冗談にココまで本気で付き合って下さるサリーさんがいたからこそ、ガーゴイル杯が成り立ちました。私は幸せ者だ……。きっとサリーさんなら第2回も付き合ってくださると信じてます! 7月7日のアニマルレースも頑張ってください!


追伸:第2回ではもっとこきつか……じゃなくて頼りにしてますからよろしくお願いしまっす!

SAllySAlly2009/07/07 02:46冗談は本気でやるから楽しいんだぜ。
でもがんばりすぎた気がしないでもない。
しばらく充電して元気が出たら、
また第二回について考えさせてくださいww

お疲れ様&ありがとうございました!

wednesday1976wednesday19762009/07/07 10:15大会乙
サリー>>>越えられない愛>>>>ヨシが証明されたねw。先輩もヨシとか言うお古には見切りをつけるなw

そしてウィローから1900毟られたけど俺は勝った!頑張った。

alpualpu2009/07/07 14:23ガーゴイル杯お疲れ様でした。
先輩4枚縛りということで、皆色々考えてブック組んでるのが伝わってきて楽しかったです。
残念ながら今回はヨシさんと対戦する機会がなかったので、次回大会では是非やってみたいなぁ、と思うしだいです。

sunsungsunsung2009/07/07 22:18謹製わるくちありがとうございますwww

私があんな非道を働いたのは,
ガーゴ対策積んだ人同士の殺し合いが見たかったとか,
無警戒で楽しんでる方の前に柳を植えて困ってるところを見たかったとか,
そんな事は全然ないのです。ギハハハハ
全ては第二回をもっと素敵にしてもらいたいが為にですね・・・。

YOSHI-00YOSHI-002009/07/08 04:12>サリーさん
 ヨシが第2回に向けてアップを始めたようです。イヤッフウ!
サリーさんの絵はレボリューションだー!


>ダイジさん
 よ、ヨシちゃんは純潔です! 古いって言うな! 古いって言うな!

>あるぷさん
 そんなこと言われたら、私もやぶさかではないですな!
地属性高校への門戸は開いておきますよ^^

>酸さん
 どうでもいいですので、校庭の柳伐採してください。セプト部から
苦情が出てます><