Hatena::Groupculdcept-ds

ぼくらの35ラウンド戦争 ~ヨシのカルドセプトに関する雑記~

2010-03-24春は出会いと別れと自己紹介の季節

春は出会いと別れと自己紹介の季節

22:13

 引っ越しをしてたら、完全に自己紹介バトンの旬が過ぎていた……。せっかく書きためてたし、載せておきます。


セプター名

 こんにちは、ヨシです。一族が義則とか義明とか「義○」って名前が多いのに、俺は義○じゃありませんでした。俺ってばウチの子じゃないの!? 悲しかったので、せめてハンドルネームだけでもと思い「ヨシ」と名乗っています。


 悩みはaduさんの対戦会に行ったときに、ヨシエルさんと名前がかぶることです。「よっしー」と呼ばれると二人して振り返ります。何となくライバル心が芽生えたので、ごきぶりポーカーで辛辣にカメムシを回してやりました。真のよっしーは俺だ!


 余談ですが、中学生のころに漢字5文字くらいの超カッコいいハンドルネームを使っていたのでそれを使おうとも思いましたが、何とか思い留まりました。何なのアレ、読めないよ。やだ、中ニ病って怖い……。考えてみればハンドルネームを考えるということは、自分に名づけるというめずらしい機会ですよね。各々のセンスが垣間見える瞬間だと思います。ウェザリングとか。


略称・通称など

 略しようがないのでヨシとそのまま呼ばれています。略して“ヨ”とか呼ばれたら、いくら温厚な俺でもさすがに怒る。仏の顔もジーニーも3度までです。


 たまによっしーなどとも呼ばれることがあります。緑色だからちょうどいいですねってか? やかましいわ!


略歴

カルドセプトエキスパンションプラス

 デコイクレイモア持てて、グレムリンフュージョン読めたあの頃。僕たちは若かった! 楽しかった! 輝いていた! 週に十数回は部員の方々にボコボコにされている現状を鑑みると、もしかしてあのころが一番純粋にカルド楽しめてたかもしれない……。


 ドローマナも一切入れていなかったあの頃は、4色ブックが当たり前で、クレイモア4積みしないとか馬鹿なの? 死ぬの? といった、スーパーサイヤゼネスブックで友達とちまちま遊んでいました。バンドルギアカッコイイよバンドルギア


2版カルドセプトセカンドエキスパンション

 このころ16bitsさんの重力制御を読み「うおお、カルドセプト奥が深い……! 俺もセプターになるんや……!」と感銘を受けました。しかし残念ながら周りに対戦相手がいなかったので、のめり込むには至りませんでした。このころから鍛えておけば、と悔やまれます。


カルドセプトDS

 そして本作。たまに「こっきゅん」とかいう幸薄そうな名前のキャラにイビルブラスト打たれたりする以外は、最高に楽しいゲームだと思います! 真面目に「強くなろう」と練習しだしたのはこの頃からなので、実質カルド歴は1年くらいのペーペーです。どうぞ今後も皆様ご指導ご鞭撻のほどを。


レイスタイル

 誰もボイチャしていなくても、とりあえずボイチャで「こんばんはー、よろしくお願いします」と言うのが俺のスタイルです。1人でもボイチャをオンにしてくれたら良い夜になります。4人ボイチャとか実現した日には、もはやそこは俺のブロードウェイです。逆に挨拶した瞬間スピーカーマークが×になったりすると、8ラウンド目くらいまで涙でDS画面が見えません。な、泣いてなんかないもん! これは心のシンクだもん!


 ブックはいわゆる走り系のブックを使っています。カルドDSを始めた当初から地ブックを使い込んでいるので、最近ではすっかり緑の人のイメージが定着したように思います。「ヨシさんメタジオファーグいっぱい入れてきました!」とか言われると、ちょっと困る半面、慕われているようで嬉しかったりもします。ですが「ヨシさんメタロックバイターいっぱい入れてきました!」とか言う奴には寛容になれません。テメエ、カタパルトでも入れてろよ!


 そのほかには「踏ませて勝つ」のが好きです。踏みやすいところにしっかり高額を築いて踏ませ勝ちをすると、非常にしてやったり感が出ます。そのため、踏みの確率うんぬんに関しては人並み以上に考察を重ねているつもりです。6マス先は地獄行き(ロカでのスローガン)! 


好きな属性、好きなカード

 ガーゴイルカッコイイよガーゴイルセカンドの「配置された場合ST50」よりも、DS版の「防御側の場合ST=50」のほうが、システマチックでクールな感じがして好きです! テンペストの野郎も、そこらへん融通利かないよなあ。「ガーゴイル先輩は実質ST50だからな、HP10くらい削るにとどめるか」とか考慮すべき。もう少しもの考えろ、バーカ! バーカ! うんこ竜巻!


 どうでもいいことですけど「先輩=ガーゴイル」を定着させることに成功したのは、俺の大きな功績だと自負しています。先日、日本ガーゴイル協会の長より「ガーゴイル界に大いなる功績を残したヨシさんをぜひ表彰させていただきたい」とオファーがありましたが、あくまで一ファンでありたいとお断りさせて頂きました。やべーマジ真のガーゴイルファンだね俺。


 あと、個人的に全体妨害スペルがもっと優遇されれば良いのになーと思っています。4人でやる競技として麻雀を長くたしなんできた身にとっては、カルドセプトの妨害は指向性が高すぎるような気がするんです。もうちょっとアースシェイカーとかテンペストとかが使いやすくなったら、ゲームの幅は広がりそうな気がするんだけどなあ。


好きなマップ嫌いなマップ

 基本的に護符のあるマップは苦手で、護符なしマップが得意です。ロカアリーナ7アリーナ8JUNCTIONなどでは活き活きしています。こうしたマップでは、いかに踏み確率を制御するかに腐心しています。去年のリーグ戦では、その経験がものすごく活かせたので、今度ロカとかで大会開きたいなあ。


 しかし、いつまでも護符護符がとめそめそしてもいられない。今年1月のGPアリーナ1の目標は「もう『護符ができない』を負けの言い訳にしない!」というものでした。その結果GPアリーナ1予選決勝合わせて29戦11勝、勝率37%! うむ、上出来じゃないか。という訳で、護符を克服した俺にもはや死角はありません。どっからでもかかってこい!


 フラグ立ちましたねってか? やかましいわ!


弱点

 「kasupiさんのほうが面白い」という一言。



人間関係とか

 皆にちょっと言いたいんだけど、この項目でズラズラズラーって部員の名前挙げるの止めたほうがいいぞ! 理由は簡単、俺の名前が載ってないと俺がかわいそうだろ! 某さんの日記見た時みたいに「お、名前がいっぱい書いてあるぞ! どれどれ、俺にはどんなコメントしてくれてるのかな……。俺の名前が……ない……だと……」ってなっちゃうだろ! ちゃんと「ヨシさんは面白い人ですね!」って書いておくように。まあ俺もズラズラ書くけどな!


こっきゅんさん

 こっきゅん流の扉を叩いて早1年、そろそろ師範代くらいにはなったかな? とにもかくにも、彼の遊びに本気という姿勢に感銘を受けました。


 私は大学時代に麻雀を嗜んでいた頃、本気で技術向上を目指しました。ベタオリアンパイリストを作ったり、牌効率練習ソフトで日が暮れるまで牌効率を勉強したり、その他もろもろ。競技として本気で取り組んでいた時期があったのですが、その時私は周りから明らかに浮いていました。「何遊びごときにマジになっちゃってんの?」といった感じで。そうした経験があって、何となく遊びに本気を出すのが億劫になっていた頃、こっきゅんさんと出会いました。チャットの内容や、かむいまる杯に臨む姿勢諸々。彼は私の人生の中で最もストイックに本気で遊びに取り組む男でした。彼を見ているうちに「ああ、自分もこういう風に遊びたい」と心より思うようになり、今では通算試合数150試合近く彼と戦っています。


 私のスキルアップの手段は「こっきゅんさんに課題指摘してもらう→スパーで改善」のサイクルがほとんど。なので、いつも「こっきゅんさんはダイスがダサいからなあ」「いい加減事故らないブック使って下さい」「Aボタンの押し方からやりなおしたほうがいいですよ」「ハッ、何こっきゅんのくせに俺のレベ4にジオ突撃? 効くわけねーし、俺ヨシだよ?(効果がなかった)」などと罵倒してはいますが、大切な師匠です。これからも俺強化のためにキリキリ働いてください。当面の目標は、代々木杯で優勝して、優勝者インタビューを受けた際に壇上から師匠を小馬鹿にすることです。俺、がんばるよ! 師匠!


 願わくば、もう少しオープンに遊んでもらえると俺としては嬉しいんだけど、彼は狭く深く水面下でもぞもぞするタイプなのでしょうがない。でも、hsuさんとかいずみんとか八朔さんとかと仲良くなれたのは、紛れもなくこっきゅんコミュニティのおかげだと思っています。ありがたや。まあ彼らは入門のために扉を叩くって言うより、土足で蹴破って荒らして去っていくって感じではありますが……。きょうもこっきゅん流道場はズタボロです。


 そんな師弟で対戦し、師匠の「ヨシさんのシャッターは無い」などと心ない言葉のクレイモアでいじめられた後は、みんなとボイスチャットで楽しむしかないよね!


ウェザリング部長

 部長部室にいると超テンションあがる。師匠といるとカルドセプトが嫌いになるけど、部長といると10周年ですら楽しめそうな気がしてくるから不思議だ! 話してるとマジおもしれーので、週1回くらい山形合宿やってくれればいいのにと常々思っています。コミュニティ全体のことを良く見ている人で、彼が作るコミュニティになら安心して身を置ける。カルドセプト部も期待大だぜ!


カイチさん

 まだ入部してすぐのころ……。アレはストーリーツアータリオでのことでした。「う、うわー! 焼きスペルだー! 怖いよー! 助けてー!」って右往左往しながら怯えてたら、颯爽とリフォームしてくれたあの時から、俺のヒーローはウルトラマンでも仮面ライダーでもなくカイチさんです。イケメン! そんじゃそこらの男どもよりイケメン! DSからの新参者としては、カイチさんのように気さくに話して頂ける古参の方は貴重です。古参の方ってあんまりボイチャするイメージがなくて……。


ちゃおらんさん

 そんな「古参の方ってあんまりボイチャするイメージがなくて……」を、カルド甲子園決勝で真っ向からひっくり返して下さいました。ボイスチャット軽快すぐる! ヘッジホックのコストくらい軽っ! ひたすら面白かったので、ぜひまた対戦して頂きたいです。師弟共々ちゃおらんさんファンになりました!


給食当番さん

 酒が入ると、ホムンクルスばりに戦闘力が上がり、とんでもない面白トークを始めるニクイやつ。俺より面白いことを平気で言うので、今度オフをやるときは俺の面白さがかすまない様に、彼の口には強力パテでも詰めておこうかと思っています。サイレンス(永遠に)!


たきさん

 GP予選デスマの友。深夜にたきさんと2連続で対戦したりすると「ああ、今夜は良い夜だなあ」と思ったりします。ボイスチャットの後ろで、たまにお子さんが「あうあー(パパ、そこは護符買いで710Gちょっと残してレベル4作って護符売ったほうがいいよ)」と話しているのが聞こえてほんわか。


ヤマトさん

 こっきゅんさんが論理の人なら、ヤマトさんは実践の人。セプト部入部当初はひたすらに対戦を繰り返すまさにカルドマシーンな方でした。当初は本当に対戦一筋で、感想戦でヤマトさんに質問して返事が返ってこないなーなんて思っていたら、もう次の卓入っていたなんて日常茶飯。そのひたむきな姿勢に憧れつつも「話してみたいなー」とさびしく思いながら過ごしてきました。そんな彼と初めてボイチャをした時は、高根の花な学園のアイドルを振り向かせたときのような高揚感がありました。「とうとう振り向かせてやったぜ!」的な。今後も健康に気をつけてデスマーチしながら、たまにはボイチャしてくださいね。


八朔さん

 ヨシが動の人なら、八朔さんは静の人。俺のように出しゃばらないで笑いをかすめ取るそのボイチャはまさに職人芸! ただしご自身の日記で「土壇場勝負・重大な選択を求められる局面で緊張に負けます」と仰っているのは、プレイングのみならず笑いにも当てはまっているような気がする。散々悩んで「やっぱり言わないでおきます……」なんてこともしばしば。あと余談かつ年上の男性にこんなこと言うのもアレですが、難しい局面に直面してうんうん唸ってる八朔さんはかわいいと思います。


まそっぷさん

 八朔さんが静の人なら、まそっぷさんは性の人。下ネタが8周目のマナみたいに溢れてくるあのマンティコア顔はそれだけで18禁だ!


たかしさん

 ヨシが動の人なら、たかしさんは動動動動動動の人。やかましいわ! でもいると安心するんだよねー。


kasupiさん

 でも、そんな僕らがいくら頑張っても、kasupiさんの面白い一言の前に霞むんだ……。超ニクい。


ジャコウ総督

 世紀末セプター。声とアバターは悪そうだけど、心がイケメン。この間まで、タメかちょっと上くらいだと思ってたけど、割と年上でビビった。やべー、タメ語で話してたよ! カルド甲子園スパーで「ヨシてめー金持ってんだろ? ジャンプしてレベ4踏めよ」っていじめられたので、今度から総督先輩って呼ぶッス!


シショさん

 なんでそんなブック使っているのにそんな勝率なの……? 何か絶対秘密があるはず! ねえ、シショさんどうやったらシショさんみたいに強くなれるの!?


「とりあえずメガロドンソニックドラム積んでからです」


 黙れ。


風来のシュンさん

 一昨年の年末、Snapさん(私の初代師匠。最近お見かけしないけど元気かなあ)とシュンさんとで、Q3人戦を行ったのは今でも印象的に覚えています。その節はお世話になりました。いつかは本当に登山にご一緒したいけれど、もう俺の体がついていかないだろうなあ……。



hsuさん

スワップスペルがあるから、ディスカードがある安いクリーチャーを入れたかったんだよ」

デコイですか?」

「いや、ドッペル」

「なんでやねん!」

 そんな感じで、普段からブックの中に重りを仕込んでいる怖い人。その重りを外したとき、hsuさんの本当の力が解放される! しかし最近、肉体と重りが一体化し始めていやしないかと心配しています。


Evyさん

 代々木杯開催と言う野望を胸に秘めるEvyさん。色々考えながら「ここはこうしたほうがいいんじゃないか」という検討的ボイチャが多い印象。試合中にすらそういうボイチャができる相手は貴重です。風の噂によると、最近いずみんに師事しているとかいないとか。こっきゅんさんに師事している私が言うのもなんだけど、なんかとんでもないところに入門したなあ……。


いずみさん

 りちょさん曰く「護符の相乗りには、ラブワゴンと鵜飼がある」とのことですが、いずみんの相乗りはそんな生易しいもんじゃない、アレは「鵜殺し」です。アッー! だ、駄目っ! 120枚も乗られたらアタシこわれちゃう! ローテンションながらも、俺の数段高みの思考を垂れ流してくれるそのボイチャは宝の山。また新大陸で酷い目にあわせてもらいながら、ボイチャしたいです。


羽場愛理さん

 セプト部入部当初「俺のカルドセプトジョークははたして通用するんだろうか……」と日記で試行錯誤していた私の道標は、いつだって羽場さんのコメントでした。羽場さんのアドスターがあると「うし、今日の日記は上手くかけたな」とほくそ笑む毎日。ほとんどお話などしたことがないので、機会があればお会いしたりしたいと思ってはいるけど、九州遠いなー……。これはドモボーイさんの帰りの車に乗って行くしかねえな!


サリーさん

 ガーゴイル杯の盟友。というか、大会開催者の盟友ってところでしょうか。セプト部の大会が体裁を整えられるのは、サリーさんの力によるところが大きいですよね。一緒に大会運営するとすごくわかるのですが、サリーさんの頑張りは尋常じゃない。人を楽しませようとする姿勢に関してはホント頭が下がります。


私にとってのカルドセプト

 もう手放せなくなってしまった娯楽。正直なところ、こんなに長い間付き合えるゲームと出会えるとは思っていなかったので、困惑している部分もあったりします。10年後もカルドしてたいなあ。


次に回す人

 流石にもうこのバトンも下火でしょうから特に回しませぬー。

okome5okome52010/03/24 22:43>ヨシが動の人なら、たかしさんは動動動動動動の人。やかましいわ!
こっちのセリフだーw

tendon-blocktendon-block2010/03/25 00:01>やべー、タメ語で話してたよ!
気にスンナw

mochimochi_1192mochimochi_11922010/03/25 00:42俺、ヨッシー入れたのに、俺の名前入ってない。
全部GP奈落90000とかにするしかないな。

KaichiKaichi2010/03/25 18:38あれたしかヨシさんが勝っちゃったんだよなあ・・・。w

AveradeAverade2010/03/25 19:50ちょ!?
パテってなんだよ!?
流石に死ぬぞ!

でも美人のおねぇさんが詰めてくれるプランを練ってくれるなら考えなくm・・・

ShunTheWandererShunTheWanderer2010/03/25 20:02随分昔の事だけど、よく覚えているね~w
懐かしいな~
いつの日か、ヨシりんとテントの中でワイヤレス対戦するのが僕の夢です♪

SAllySAlly2010/03/25 20:16名前が入っていて嬉しいけれど
ヤベー カルドの事はサッパリ褒められてねぇwwww
…もう少し、精進したいと思います(ネタで)

今度「果たし状」送りますね(にっこり)

YOSHI-00YOSHI-002010/03/27 00:40>たかしさん
 動の数は愛情表現です!

>総督
 うん! もはや気にしてないけどねw

>もっちーさん
 見返してみたらヨシの「ヨ」の字も無かった件について。

>カイチさん
 護符も買わずに上げた高レベル踏んでもらった記憶がw

>給食さん
 さあ、アケローンみたいに口あけてー。

>シュンさん
 冬山の中でバッテリー切れに怯えながら
DS握り占めた絵が浮かんできた……。寒っ!

>サリーさん
 果たし状の意味が良くわかったw