Hatena::Groupculdcept-ds

ROM派

2009-01-24

第二回Wi-Fi予選 第三十六試合

05:47

ブックシンリュウプレッシャーブックとの対戦。

この試合は前回の試合とは逆に風ブックシンリュウブックに絡まれる展開に。

プレッシャーで激安の護符を私と風ブックが買い漁っている所で、トップは私なのに風ブックコラプション2連打とか。

前回の試合がアレだっただけに、風ブックには深く同情しました。

結局私には最後まで妨害が来ないまま、達成勝利。

ブックの方には慎んでお悔やみ申し上げます。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 18 5 5 1000
他者AI 7 1 0 160
25 6 5 1160
勝率 64.29(有効試合数28)

第二回Wi-Fi予選 第三十五試合

05:12

ブックマイコロンパウダーイーターウィルオウィスプネタブックとの勝負。

序盤からネタブックマイコロンを徹底的に横付けされるわ、護符は相乗りされるわと色々絡まれます。

エリアをシフトしようにも東に土地がなく厳しい展開。

特にトランスの為に上げた5連鎖レベル4バ=アルをクレリックウィルオウィスプに落とされたのは致命傷でした。

ブックはネタブックに絡まれることなく、順調に展開しそのまま達成

超つまんなかったです。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 17 5 5 950
他者AI 7 1 0 160
24 6 5 1110
勝率 62.96(有効試合数27)

第二回Wi-Fi予選 第三十四試合

04:19

ブックと火ライフォブックとの勝負。

序盤に西エリア土地を落とされまくったので東で展開。

今回も護符を先買いした直後にコラプションを即打ちされたのが厳しかったです。

見えてないコラプションにビビるのはカッコ悪い気がしてたんですが、

やっぱり護符買い→投資が2R以内に出来ないと護符の先買いは危険ですね。

しかしその後はトランス→護符買い→投資がきれいに決まってトップに。

再度コラプションを喰らうものの、今度は土地価値が上がっているので3連鎖レベル4をトランスして、周回ボーナスとからめてレベル5作成。

最後はスワップスペルで地ブックからパクったテレポート達成

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 17 5 4 950
他者AI 7 1 0 160
24 6 4 1110
勝率 65.38(有効試合数26)

第二回Wi-Fi予選 第三十三試合

02:44

ドラゴンライフォと多色ハメブックとの対戦。

多色ハメブッククリーチャー回りが良く配置順調。トランスして資産運用がきちんと出来ていればかなり有利だったはずですが、勝利よりもオールドウィロウハメることのが重要なようです。

その為に無駄な動きが多く、さらに真っ先にレベル4に上げたのは何故か地土地ドワーフ。その手前にいた私をハメたかったようですが、ずっと足スペルを握っていた私は当然のごとく回避。

ドラゴンライフォブックは私のスワップスペルと多色の個人妨害を受けて終始最下位。

完全に相手に恵まれた勝利でした。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 16 5 4 900
他者AI 7 1 0 160
23 6 4 1060
勝率 64.00(有効試合数25)

第二回Wi-Fi予選 第三十二試合

01:47

ブックと多色ブックとの対戦。

私はクリの引きはそこそこですが、決定的に足が遅く周回遅れ。

ブックは6連鎖レベ4トランス→6連鎖復旧→6連鎖レベル5作成と完璧な流れ。

一回目のトランスタイミングでスワップスペルがあったものの、周回遅れで手持ち資金が少なく打つことが出来なかったのが痛かったです。

更に地変はすでに3枚引き切っていたため妨害も出来ず終始水ブック優勢のまま敗北。

ちなみに私は水ブック達成する直前、多色ブック拠点リリスオーディンランスで落とされてしまい、最下位転落。

3回連続回線落ちの後に牛歩+拠点落ちの最下位とか。

すいません、少し泣いてもいいですか。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 15 5 4 850
他者AI 7 1 0 160
22 6 4 970
勝率 62.50(有効試合数24)

第二回Wi-Fi予選 第三十一試合

01:07

またしても一人がAI化。

少しでも勝率上げたいんですけどね。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 15 5 3 850
他者AI 7 1 0 160
22 6 3 970
勝率 65.22(有効試合数23)

第二回Wi-Fi予選 第三十試合

00:29

久々にフレイムウィビルブックとの対戦。

しかし序盤に先行したのは風ブック。私はトランスからの護符買いが決まるものの、レベルを上げる前にコラプションを引き打ちされて少々苦しい展開に。

そろそろ終盤に差し掛かる頃、トップの風ブック土地に私が侵略をすると風ブックアイテム選択画面で風ブックが回線落ち。

いい勝負だっただけに残念です。

その後はAI相手に負けるはず無く圧勝しました。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 15 5 3 850
他者AI 6 1 0 140
21 6 3 990
勝率 65.22(有効試合数23)

第二回Wi-Fi予選 第二十九試合

23:26

対戦相手は火ブックと風ブック。色的に西エリアを制した者が有利に進めることは明らかです。

しかし私は序盤から中盤にかけてほとんどクリーチャーを引けず配置負けする苦しい展開。このブックで序盤のクリーチャー事故を起こしたのは初めてです。

さらに手札2枚の状況でスワップしたのを恨まれたのか、3位の私に火ブックからコラプションを引き打ちされます。

そんなこんなで私はボロボロの状況。

逆に風ブックは西エリアを制覇しつつあり、火ブックは西火土地は少ないものの東エリアで勢力拡大。

私は何とか3連鎖レベル4をトランスしたものの、投資する土地の目処が立ちません。

土地数3で東水に2連鎖組んでいたので仕方なく東水護符を50枚買いますが、他2名に1000以上離された最下位。正直また敗戦かと諦めの境地に入っていたのですが。

終盤に差し掛かった30ラウンド過ぎ。

ブックが風ブックレベル3を踏みブラストスフィアポールスター通行料回避。その土地が風ブック連鎖の中心だった為、レベル3を2つ含んだ3連鎖が吹っ飛びます。

更にその直後に火ブックレベル3を踏みトップだった風ブック総魔力が1500程に。

そこで風ブックが回線落ち。

まぁ、心情的に分からなくもないですがw

私はその後のダイスがよく東水3連鎖を築き、総魔力トップに。

その後は特にドラマもなく40ラウンドを逃げ切りました。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 15 5 3 850
他者AI 5 1 0 120
20 6 3 970
勝率 65.22(有効試合数23)

第二回Wi-Fi予選 第二十八試合

22:13

前回の2連敗と上位陣に新たに加わった人が数名いるため、勝率抜けは正直無理ですが、一応ランキングは続けていきたいと思います。

出来れば最終勝率を75.00まで上げたいところ。

今回の試合はフルスペルブックとの対戦。

レベルダウンをちらつかせつつ護符買いする戦術のようで、私の西火護符に80枚相乗り。完全に喧嘩売ってくれてます。

そこまで買われたらやることは一つ。西火をトランスして護符価値を下げつつ、東へシフト。

リコールを中盤までに引き切ってしまった上に、スワップスペルリフォームされたので間をぐるぐると回りつつ手順を進め、この周回での上がりを目指します。

まずは4連鎖レベル4をトランスして東火護符を50購入、更に先買いしてしまった西火護符を全売りして投資で目標魔力達成

後は妨害スペルを引かれることなく達成しました。

戦績 1st 2nd 3rd Point
正常終了 15 5 3 850
他者AI 4 1 0 100
19 6 3 950
勝率 65.22(有効試合数23)