Hatena::Groupculdcept-ds

わりとノセト・ブリタークっぽい日々かも

2008-11-30

ガストノッチで使えない。

16:25

ゼビ語は(挨拶)

 そういうわけでガストノッチは絶好調の意らしいです。


 さて、この間からの地ブック。自分的には新しい試みと思って楽しく使っていたのですが、冷静になって見ると実に面白みもなにもない平々凡々としたブックであることに気づき、うむ。と思いました。

 クリ多目、アイテム山盛り、ドローなし。この構成がいままでの自分になかったせいですね、きっと。アイテム山盛りというのが特に。

 比較のため、ドローを入れて回しているとき、ああ普通だと気づいた次第。

 なんというか乱戦になりがちなランキングでは、クリ・アイテムともに絶対数を多くしたほうが、ドローで回すよりもむしろ戦いやすいのではないか、という仮説をもとにした構築だったのですが。

 正直、体感レベルでは差がわかりませんでした。すみません。

 アイテム山盛りであることに関しては、なんというか、モノスゴイ安心感だけはありますね。いままでザゴル的と馬鹿にしていましたが、すみません、ヤミツキになるかも。

 まあ、そんなわけで今は新しいブックの構築と古いブックの煮直しをこつこつとしております。

 ほんとのところ、やれること少ないなぁ、というのがDの当初の感想だったのですが、そういうことは全てをやりつくしてから言うべきでした。さすがカルド。


 以下表題よりの話題ですが、ちょっとスペルバランス」を中核にしたブックを考えていました。

 バランスは結構難しいですね。その性能、全員に周回数*順位*30Gというのは、やっぱりとても使いづらい。単純にはマナに劣ると思います。

 なにしろ条件が多い。自分が下位であったほうがよく、周回数を稼いだ状態(終盤)に効き目が強く、そして、他者に与えたGについて制御しなくてはならない。

 この仕様はただ放り込んで役に立つというものではありません。

 Bookdbをみると、焼き・スペルブックに採用されているのが目立ちます。なるほど、と思います。必然的に周回速度が高く、マナ4以上の集金が必要で、しかも終盤まで上位にあがりづらく、他者の増資はどうでもよい。実に適合していると思います。

 通常のブックで採用するならどうでしょうか。

 まず、ドレマジの制御をいれないのは危険でしょう。スペルブックに対して相手に利するのみになってしまうからです。

 しかしドレマジだけで相殺できるとは思えません。

 メテコンも必須に思えます。

 それもただコントロールするだけでなく、積極的に遅延させる戦略を基幹とするものが良いように思われます。

 もちろん最大利益を上げるためには、拠点侵略を狙う必要があるでしょう。

 うーん。

 つまりは巻き返し型? 

 素直に思いつくのは例えばBookdb登録ひげじょんさんの「地鳴り虫」のようなフレイムウィビル単独型のブック。あれならマナの変わりにバランスも納得。でもプロフェシーがないDSで虫単はつらいという印象が強く、自分が過去に作ったときは、なんだかんだでドロー以外のスペルを使う時間がほとんどなかった記憶もあります。

 もっと普通のブックで採用するには?

 マナの代わりとして4積する価値を出すためには?

 うーん。その価値たぶんなし。

 いや、まて。

 バランスを構成する要素をもう一度見直しましょう。

 まず周回数、これは特に意識しなくてもいいかも。ある程度、足を入れて構成をしていればそこまで差がつかないし、逆にどうがんばっても一方的な差は作れないものです。

 順位はある程度まで制御できるので、ブック構築レベルではそこまで速度を落とす必要もないでしょう。はじめから遅くすると、たいてい挽回できないで終わる気がします。リスキーだが高額自領地を移動、次ターン戻すというアクロバットで順位を操作する方向でがんばりたい。

 問題はやっぱり敵全員に塩を送る行為の危険性でしょうか。自分の手札を消費して相手にマナを使ってやる(一位以外はマナ以上の効果がある!)など本来はありえないのです。

 自分が勝てればそれでいいですが、下手をすると順位操作につながり嫌がられそうな気配も。 

 うーん。やっぱり中核に据えるのはつらそうだ。

 噂に聞く一発逆転できるほどの巨大な収入に目がくらんで、つい使いたくなったのですが。

 一応、バロン、パイロ、バルキリー+アーシェの火地で侵略意識、手札減らしのスワップ併用とか無理そうな組み方で試しています。

 バランスアーシェスワップで渡してもいいですし。

 もちろん自分でバランス使用時は強引に4位になる方向で。

 でも、ちょっとこのブックの回り具合ばかりは、AI相手だと感じがつかめないですね。

 

2008-11-24

どのナプルーサ・バキュラでいけばいいのでしょうか?

00:20

ゼビ語は語感が良いですね(挨拶)。


 ちなみにナ=不、プルーサ=可能、バキュラ=破壊で、あのくるくるまわってくるモノリスらしいです。破壊不可能、良い響きですね。

 カルドセプトにおいて破壊不可能といえば、無効化であり反射であります。搦め手が好きな方にとっては吸収もそうでしょうか。

 アンシーンジーニー無効化デコイヘッジホッグ反射。敵にまわすと厄介ですよね。

 でもこれらのクリーチャーはどんなブックに入れても強い、というわけではありません。カルドセプトの優れたバランスの現れなのでしょう。実際、僕も特定のコンセプトに基づいてしか、これらのクリーチャーを使うことはありません。

 やはりもっと身近な無効化として、アイテムが頼りになってくるわけです。

 でもアイテムいっぱいある。

 表題の疑問は、つまりこれ。


 とにかくなんでもいいから防衛したいとき、一体、どの防御アイテムブックに入れておけば最適なのでしょうか、というものです。


 例えば僕が先回から使用している、ノームを基幹とした地ブックです。

 このブックの場合、防御アイテムに6枚も割いています。

 構成は、カウンターアムル*1 ガセアスフォーム*1 アースシールド*1

     ホーリーグレイル*2 グレムリンアムル*1


・まず大原則として、一種に限定しないでおこう。(リフォームが怖い)

ガセアスフォームカウンターアムルと置換可能だが、(むしろカウンターアムルの方があらゆる点で勝っていると思うが)、これもリフォームを警戒しあえて選択。

でも体感的にガセアスには随分世話になってる。

ホーリーグレイルは、巻物対策。同時に高額地防御天然ラントラ用。でも序盤の1レベル防御に使用できないのが不都合。

グレムリンアムル巻物対策を含む攻守両用に。

アースシールドは特に考え所。種類を散らす、コスト的安さから採用したものの、ウーズバジリスクが使用できない点に懸念が。このブックの場合、ドラゴノイドシーモンクもいる。

・だいたいアイテム多すぎ。普通はこの分をドローにまわし、必要な時、必要なものがある状態を意識したほうが良いのではないか。

 などなど。悩みは尽きません。


 これは多くの要因を考慮しなければならず、結果として答えはないかもしれません。でもちまちま(自分にとって)最適であろう一枚を探すのが、ブック作りの楽しさだとも思うのです。

 

 一応、カウンターアムルガセアスフォーム比較。

 汎用性:同じくT=0。でも反射により攻撃に使用できる以上、圧倒的にカンタマ。

 リフォーム危険度:カンタマ>ガセアス。独走してるときは何もってても消されるので、他人が持ってて他人がリフォームされるのを意識。

 コスト:100Gと80G、20Gの差、これをどう見るか。


 属性盾と上記アイテム比較。

 汎用性:Tそのまま。先制クリへの攻撃時などに役に立つ。ウサギ即死を回避。でも防具。 

 コスト:25G。とにかく安い。1レベル防御に使える。 



 カウンターアムル反射して困ることは基本的にないですよね。支援付きブラストスフィアマンドレイクだけだと思います。グース自爆を意識した削りに晒されることもあるでしょうが、防衛することが本義だし、侵略アイテムにもなりうる汎用性のほうが大事。もし一枚だけ入れるなら、ガセアスフォームではなくカウンターアムルでしょう。

 属性盾は、侵略あるいは嫌がらせ排除を考慮した場合に採用が見込まれるのでしょう。Tが高め、防具装備可能なクリ構成だと良いのかもしれません。

 ポールスターもこれに準じると思います。でもこの場合、どうしてもコンボを意識してしまうので、火か地以外の採用は考えにくいかも。 

 


 書き出してみて思う。

 アースシールドカウンターアムルに切り替えよう。

 アイテム多いし、リフォームされてマナ2回ならそれはそれでいいじゃないか、と。


 まあ、なにか参考になる意見や、それの書かれた上級セプター様のHPとかもし教えていただけたなら幸いです。



 さておき。

 そんなこんなでランキングのジャンクション、ようやく二戦目をこなして参りました。

 先回の地ブックを延々一人スパーしながら修正し、友人とワイヤレス対戦数回を経ての参戦となります。

 ブックの修正点は、①やはりマナが大事ということで3枚追加。②地変は控えめに1枚追加。③パーミッションは今ひとつな印象から2枚に減らし、リコール4枚へ。④侵略能力無視はやっぱりつらいのでデスゲイズ増量の2枚。ドルイドはやっぱりダメな子なのでドラゴノイド1枚追加。⑤フュージョン不要。地盾を入れてみる。


 デスゲイズ巻物対策で高額地防衛も意識しています。

 抹消反射であれ巻物攻撃であれ敵破壊時すべての状況で発動するのですね。相手自壊時はどうなのでしょうか(多分発動しないと思うけど)。これがアネイマブルの能力であったら、どんなに強かったことでしょうけど、基本的には意味のない能力ですね。エフェクトはかっこいいですが。



 ということで4人戦。

 火・火・水?・地の構成でした。


 序盤出遅れ。

 1R目からドラゴノイド+ソウルブラストとかいう行きずりの犯行。(手札を使い切りたい人間なので損得度外視でやってしまった)

 手札パーミあったので使用しショートカット。Gかつかつ。クリ代なし。

 パーミつかって1週目ほかの人たちといっしょくらい。ていたらく。

 たばこを吸って気を取り直すことにするのだけど。


 中盤おとなしくステルス。

 リコールや足のめぐり方がいまいち。素ダイスもいまいちでクリ置けず。ファイアドレイクが猛威を揮っているが実害なく、削りあいを眺めている。

 三連鎖状態で高額領域のノームを3レベルにし、一位の人にHW3。一位の人周回直後だがリコールで回避。

 一位の火の人、天然ラントラからぶっちぎりそうな雰囲気。


 終盤。

 一位の火の人、水領域に生まれた火ケットシーを悩んだ末、4レベルに。

 しょうがないのでノームレベル天然ラントラし、となりのウーズを5レベルへ。地の連鎖2、風が3連鎖状態。なんとか追いつく。

 都合よく素ダイスケットシーに着地。デスゲイズ+ソウルブラストで確保。目標越え阻止。こっちも危ういが達成見える。

 お互い達成圏だが、相手6連鎖現金2000くらいへの帰り。こちらカンタマ・ガセアスホリグレリコール持ちだがに向かう足遅め。

 火の人、なぜかレベル上げ我慢(アイテムなしだったからかな?)。バキュラ、200G残して風ウーズレベル上げ→目標越え。

 火の人だけ削り侵略を掛けてくるが、他の人こちらに削りなし。削りにくれば少なくとも2R以上遅れるので火の人がたぶん勝利したと思う。残り3Rくらいだったし。

 そんなわけでリコール達成。 


 総評。

 たぶんステルスが利いたのでしょう(狙ったわけじゃないんだけど)。削りあいの被害に遭わなかった。アップヒーバルが溢れていたのに、皆自分の土地にかけて使い切ってくれたのも幸い。

 やはり最後、こちらの1レベルノームに止まった人は侵略すべきだったんじゃ、とは思う。ガセアス防御リコール代が5Gだけ割れてしまうので、それが一番嫌だった。でもまあ、それによって火の人が勝つ可能性が高くなるだけだったけど、開幕ブラストとかぶっぱしてしまった相手だけに懸念があった。

 やはり人畜無害を装うのが最良ということで。



 今回アイテム手札に溜まった感じ。

 こういう状態だと、干渉しにくいという意識と、早めに削らなければという意識、どちらを強く与えるものなのでしょうか。

 うーむ。

2008-11-20

ジャンクションに参戦してみました。

06:01

やっぱりゼビ語ってかっこいいですよね(挨拶)。


 基本的に知らない人とも対戦するのに抵抗あるタイプの節度溢れた人間なのですが(人見知り)、勇気を出して誰でも対戦・ランキングに参加してみました。

 

 僕は一人スパーの人なので、何パターンかのブックを作成後、入念に回した(自己満足)結果を鑑み、使って自分的に楽しかったブックでの実戦参加というスタイルを取ります。

 つまりオンラインの一戦一戦が本気対戦です。

 がんばってます。

 

 でも実戦経験すこし少なめ。

 ランキングなんて数の勝負だという意見もある気がしますが、まあそこは好みの問題で。

 だから真面目に今日戦った一戦を記録してこうかなあと思います。

セプターバキュラは、誰でも対戦が怖い人を応援します。)

  


 そんなわけで以下、今日のゲーム状況をうろ覚え的いいかげんさで覚書。

 上手いレポートの書ける人には憧れます。


<ジャンクション、4人対戦>

(順番もう忘れたけど便宜上、下の順番で)


①さん 地ブック バジ多め? パイロ併用。コカ・シンボル入り。

二番手 バキュラ。地ブック使用、ラントラ使用せずの速攻を意識。 

③さん? 火ブック 後情報としてまだブレイブブックもそれに順じた感じ。

④さん? 風ランダムブック 二段変身。バルタンのレベルを上げるタイプ


序盤より

④さんがバルタン・スペクタースプライト等のコスト的都合から優勢。

①さんがコカやバジで積極行動。

③さんが大過なく回る。

バキュラ、分岐側から連鎖とって周回に徹する。


中盤より

 バキュラ速攻で高額粋に3レベルノーム作成→4レベルに。④さんとトップ争い。

狙われる気がしたがコンセプト上仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。

 過程で、火領域に①さんが作った地土地ソウルブラスト侵略。動きすぎでGのたまりの悪かった①さんを枯渇させ、復帰の難しい状況に追い込む。憎しみを買った気がしたが、コンセプトとダイス運の都合上仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。

 高額地踏みの発生がない状態で20R過ぎ、達成が見えたのでがんがんいく。

 3レベルバルダン踏んだのでソウルブラスト侵略。二段変身のおかげで奪取できる。完全トップ、防具満載4連鎖だが「素の領地数が少なく不用意に達成圏」という一番嫌なパターン。これも仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。


終盤より

 目標超えて、まであと三歩のところで4レベルドリアードが④さんにチャームされる。4レベルノームがポイズンミストくらったあと、周回無視の①さん直踏みパイロに落とされる。

 なんとなくそんな気がしたんだよなあと思いながら、2位でした。

 そのあとは結局、④さんの4レベルバルダン+グレアムに、③さんの忍者フュージョンバルダン変身失敗、そのまま達成という感じ。



細かな敗因のメモ①

 中盤、ショップに止まったとき、スミスを買った(これから来るだろうリフォームを警戒)。でも、防具が予想以上にドローされ、手札圧迫。一方土地の少なさにも懸念があったため、やむなく捨てるはめに。その直後、リフォームドローされた。(クリを諦めとけばよかった)

 その後、ガセアスホリグレホリグレ手札で、相手にリフォーム。この状況でショップに到達、あえて鎧を買ったのは悪くない判断だったと自分を慰める。

 でもホリグレを一枚捨てて見せたのだが、これはリフォームさせて二枚マナを使う方が良かったなぁ。結局リフォームされたしなぁ。

細かな敗因のメモ②

 最後、達成見えて余った現金をつい危険な位置のマミーに投資してしまった。結果、防具浪費したかな。いや、ドリアードチャームで潰されたから同じか。

 周回ボーナス上がりは見えていたが、帰りがけに色変えできる土地はなく、(リコール達成を想定するとちょっと自信がなかった)、横付けバルキリーの都合から上げたのだが。

 目標超えとリーチの差が同じに見える人じゃなかった場合を考えたら損したかも。 

細かな敗因のメモ③

 到達直前、4レベルドリアードと1レベルノームのどちらかを、最後にウーズと置き換えできるチャンスがあったにもかかわらず、ノームの方を置き換えてしまった。

 これは明らかな失敗だったかも。

 でも、ノームの方はリコール移動侵略にさらされる可能性があった。そっちを警戒したんだけど、結局のところそうはならなかったし、7分の1の方を恐れるべきだったようです。



 

 バキュラの今回使用ブックは、特徴として次のよう。

・クリ多め(44%)

ノーム4枚。ほかはウーズドリアードマミーバロン、バジ。あとドルイド

水でシーモンクを3枚。

アイテム多め(22%)

ソウルブラスト4枚。フュージョンを1枚だけ。ほか無効化アイテムを散らして採用。

スペル

パーミ*3、リコール*3、リープ*2、HWX*4 HW2*1 HW3*2 

ドローなし。

地変なし。

マナ*2→敗北後の調整で全廃


ノーム

 ジャンクションは土地価値が高いのでノームはおいしいと思う。

 1レベル踏みで無視できるかどうかの瀬戸際だけど、「欲しい土地でない1レベル侵略はダメ」というセオリーに忠実な人ほどカモにできるかなと思った。

 でもどうなのかな、1レベルだけど半端に意識されて潰しにかかられるという気もする。こちらとしては無意味な削り侵略ほど嫌なものはないんだよな。

 即死怖いしスチームギア的無視されかたのほうが素直だろうな。

 侵略力の弱いこちらとしては、確保した森土地は絶対に死守する方針なので、無効化アイテムコストをある程度相殺できるのも都合がいいけど。

ソウルブラスト強打

 周回+マナではなくソウルブラスト。しばらくライフォ+ブラストで金策として使っていた感じが良かったので、素直に周回と掛け合わせる方針にしてみた。

 クリ本来の火力が貧弱、高速周回スペルによる干渉手段を放棄という要素からバランス的に採用。汎用性の高いものが個人的に好き。良結果。

 本質的には弱ってる相手に撃つ、あるいは微妙なレベル上げ封じを目的に遅延として使うのが良いものだと思う。

 やりすぎでラントラ誘発させないようにする注意が必要。

HW2、3

 HWハメはまあ無理だと思うが、土地属性固定のランク戦だし、ショップに止まりたい場面は大いにあるので採用。牽制から周回遅延させる可能性もあるし。

 HWの個人的な印象としては0=オーバーキル、1=汎用性に欠ける(自分で高額地よけに使えない)。

 自分にHW0を使いたいときはアポーツを選びます。

地変なし

 悩みどころだが、手札防具で圧迫されるだろうから不採用とした。自力地変G浪費し、ステルス効果をもたせたいという戒めもあったりなかったり。

ドローなし

 今回はアイテムを保持する形だし、いざという時引きたい一枚だけのカードもなく(相手干渉を放棄してる)、コンセプトカードは多めに積んでいるため。

 それにきっとブック巡りは良いに違いない。

・速攻だけどラントラ不採用

 このMAPの4人戦で土地を確保できる自信がないので基本的にはやらない方針。伸るか反るかの状況だとついつい伸ってしまう性質なので、不安定な状況でラントラし一層不安定になるに違いない気がする。噂によるとラントラに対する周囲の意識も厳しそうだし。

 隙を見てなら天然ラントラで大抵ことたりるし、強引なラントラを踏まえて巻物対策兼のホリグレに落ち着けました。




 ブック名はボザログラム。

 ボザ・ログラムはデロータが完成されるまで、ログラムの攻撃力を向上させるために作られたそうです。連射機能を高めるため四台のログラムを連結、中央のコントロールコアでエネルギーを制御しているらしいです。かっこいいですね。真ん中をうたれると一発で全滅します。

2008-11-19

はじめまして

00:16

入部させていただきました。セプター歴を書いてみます。


セプター名、ともだちコードは?

 セプター名 バキュラと申します。コード 3222-8613-8219



今まで遊んだシリーズは? それとも DS版がはじめて?

 友人に強く勧められ、SS版初代を(嫌々)プレイしたのが最初。

「○○○さん、この手のゲーム好きだよね?」

「たぶん好きだと思うけど、でもさあ……」

 カード資産に差がある状態で対戦してもフェアじゃない、とその時は思ったのでした。

「わかったよう。ちょっと家でカード集めてくるよう」と本体ごと借りて帰り、それから……


 所有しているのはPS版カルドセプトEXPS2版セカンドEXXBOX360サーガ、そしてDSカルドです。

 一番長くやったのは、やはりセカンドEX

 よく覚えてはいませんが、発売後一年以上経ってから思い出したようにはまりだし、サーガ発売まで続けていました。プレイ時間も自分のゲーム暦の中では最長。

 サーガも(賛否ありますが)個人的には好きで、これもDS発売直前までプレイしていました。バグの関係で正確なプレイ時間は不明ですが、相応に。

 PSカルドセプトはあまり印象に残っていませんでしたが、DS発売を前に引っ張り出してつけてみたら、ちゃっかりコンプだけはしていました。



対戦相手は誰でしたか。友達? オフ会? オンライン?

 セカンドEX時は仲間内4、5名と、300戦程度はやりました。

 サーガ時もほぼ同様、(皆XBOX360毎購入)回数は減りましたが。

 DSカルド(やはり皆DS毎購入)も今のところそうです。

 身内戦がメインです。

 サーガと今回DSでは、誰でも対戦(ランキング戦)もしていますが、稀です。DSのは発売日以来まだ10戦くらい。でもこれから楽しんでいこうかなと思っています。


 ちなみに個人的カルドセプトの楽しみ方の中心は、一人で複数キャラを操りブックの回り具合を確かめる、いわゆる一人スパーでした。

 一人スパー楽しいです。

DSカルドはストーリーAI相手の対戦しか一人ではできないので、それが残念)



好きな属性、カード、ブック、作戦などあれば

 

 DSカルドにはいませんが、レーシィが好きです。あれは素晴らしいクリだ。

 セカンドサーガともに僕のブックはレーシィに始まりレーシィに終わりました。

 DS版シルバープロウの(HP+10)に夢を見たいと思っています。



Wi-Fi 対戦できそうな時間帯

 体質的に夜型。でも不定期に平日休みを取れる環境なのでそういうときは昼間から。



何かひとこと、挨拶や意気込みなど

 自分のターンが来て、ダイスを振って、なにかクリ置いてっていうプロセスだけで、単純に楽しめてしまう性質です。 

 とりあえず、楽しくカルドセプトDSを遊べたら良いなあと思いますし、どなたかの楽しい遊び相手になれたら良いなあと思いますので、どうかよろしくお願い致します。