Hatena::Groupculdcept-ds

わりとノセト・ブリタークっぽい日々かも

2008-11-20

ジャンクションに参戦してみました。

06:01

やっぱりゼビ語ってかっこいいですよね(挨拶)。


 基本的に知らない人とも対戦するのに抵抗あるタイプの節度溢れた人間なのですが(人見知り)、勇気を出して誰でも対戦・ランキングに参加してみました。

 

 僕は一人スパーの人なので、何パターンかのブックを作成後、入念に回した(自己満足)結果を鑑み、使って自分的に楽しかったブックでの実戦参加というスタイルを取ります。

 つまりオンラインの一戦一戦が本気対戦です。

 がんばってます。

 

 でも実戦経験すこし少なめ。

 ランキングなんて数の勝負だという意見もある気がしますが、まあそこは好みの問題で。

 だから真面目に今日戦った一戦を記録してこうかなあと思います。

セプターバキュラは、誰でも対戦が怖い人を応援します。)

  


 そんなわけで以下、今日のゲーム状況をうろ覚え的いいかげんさで覚書。

 上手いレポートの書ける人には憧れます。


<ジャンクション、4人対戦>

(順番もう忘れたけど便宜上、下の順番で)


①さん 地ブック バジ多め? パイロ併用。コカ・シンボル入り。

二番手 バキュラ。地ブック使用、ラントラ使用せずの速攻を意識。 

③さん? 火ブック 後情報としてまだブレイブブックもそれに順じた感じ。

④さん? 風ランダムブック 二段変身。バルタンのレベルを上げるタイプ


序盤より

④さんがバルタン・スペクタースプライト等のコスト的都合から優勢。

①さんがコカやバジで積極行動。

③さんが大過なく回る。

バキュラ、分岐側から連鎖とって周回に徹する。


中盤より

 バキュラ速攻で高額粋に3レベルノーム作成→4レベルに。④さんとトップ争い。

狙われる気がしたがコンセプト上仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。

 過程で、火領域に①さんが作った地土地ソウルブラスト侵略。動きすぎでGのたまりの悪かった①さんを枯渇させ、復帰の難しい状況に追い込む。憎しみを買った気がしたが、コンセプトとダイス運の都合上仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。

 高額地踏みの発生がない状態で20R過ぎ、達成が見えたのでがんがんいく。

 3レベルバルダン踏んだのでソウルブラスト侵略。二段変身のおかげで奪取できる。完全トップ、防具満載4連鎖だが「素の領地数が少なく不用意に達成圏」という一番嫌なパターン。これも仕方ないと強い心で自分に言い聞かせる。


終盤より

 目標超えて、まであと三歩のところで4レベルドリアードが④さんにチャームされる。4レベルノームがポイズンミストくらったあと、周回無視の①さん直踏みパイロに落とされる。

 なんとなくそんな気がしたんだよなあと思いながら、2位でした。

 そのあとは結局、④さんの4レベルバルダン+グレアムに、③さんの忍者フュージョンバルダン変身失敗、そのまま達成という感じ。



細かな敗因のメモ①

 中盤、ショップに止まったとき、スミスを買った(これから来るだろうリフォームを警戒)。でも、防具が予想以上にドローされ、手札圧迫。一方土地の少なさにも懸念があったため、やむなく捨てるはめに。その直後、リフォームドローされた。(クリを諦めとけばよかった)

 その後、ガセアスホリグレホリグレ手札で、相手にリフォーム。この状況でショップに到達、あえて鎧を買ったのは悪くない判断だったと自分を慰める。

 でもホリグレを一枚捨てて見せたのだが、これはリフォームさせて二枚マナを使う方が良かったなぁ。結局リフォームされたしなぁ。

細かな敗因のメモ②

 最後、達成見えて余った現金をつい危険な位置のマミーに投資してしまった。結果、防具浪費したかな。いや、ドリアードチャームで潰されたから同じか。

 周回ボーナス上がりは見えていたが、帰りがけに色変えできる土地はなく、(リコール達成を想定するとちょっと自信がなかった)、横付けバルキリーの都合から上げたのだが。

 目標超えとリーチの差が同じに見える人じゃなかった場合を考えたら損したかも。 

細かな敗因のメモ③

 到達直前、4レベルドリアードと1レベルノームのどちらかを、最後にウーズと置き換えできるチャンスがあったにもかかわらず、ノームの方を置き換えてしまった。

 これは明らかな失敗だったかも。

 でも、ノームの方はリコール移動侵略にさらされる可能性があった。そっちを警戒したんだけど、結局のところそうはならなかったし、7分の1の方を恐れるべきだったようです。



 

 バキュラの今回使用ブックは、特徴として次のよう。

・クリ多め(44%)

ノーム4枚。ほかはウーズドリアードマミーバロン、バジ。あとドルイド

水でシーモンクを3枚。

アイテム多め(22%)

ソウルブラスト4枚。フュージョンを1枚だけ。ほか無効化アイテムを散らして採用。

スペル

パーミ*3、リコール*3、リープ*2、HWX*4 HW2*1 HW3*2 

ドローなし。

地変なし。

マナ*2→敗北後の調整で全廃


ノーム

 ジャンクションは土地価値が高いのでノームはおいしいと思う。

 1レベル踏みで無視できるかどうかの瀬戸際だけど、「欲しい土地でない1レベル侵略はダメ」というセオリーに忠実な人ほどカモにできるかなと思った。

 でもどうなのかな、1レベルだけど半端に意識されて潰しにかかられるという気もする。こちらとしては無意味な削り侵略ほど嫌なものはないんだよな。

 即死怖いしスチームギア的無視されかたのほうが素直だろうな。

 侵略力の弱いこちらとしては、確保した森土地は絶対に死守する方針なので、無効化アイテムコストをある程度相殺できるのも都合がいいけど。

ソウルブラスト強打

 周回+マナではなくソウルブラスト。しばらくライフォ+ブラストで金策として使っていた感じが良かったので、素直に周回と掛け合わせる方針にしてみた。

 クリ本来の火力が貧弱、高速周回スペルによる干渉手段を放棄という要素からバランス的に採用。汎用性の高いものが個人的に好き。良結果。

 本質的には弱ってる相手に撃つ、あるいは微妙なレベル上げ封じを目的に遅延として使うのが良いものだと思う。

 やりすぎでラントラ誘発させないようにする注意が必要。

HW2、3

 HWハメはまあ無理だと思うが、土地属性固定のランク戦だし、ショップに止まりたい場面は大いにあるので採用。牽制から周回遅延させる可能性もあるし。

 HWの個人的な印象としては0=オーバーキル、1=汎用性に欠ける(自分で高額地よけに使えない)。

 自分にHW0を使いたいときはアポーツを選びます。

地変なし

 悩みどころだが、手札防具で圧迫されるだろうから不採用とした。自力地変G浪費し、ステルス効果をもたせたいという戒めもあったりなかったり。

ドローなし

 今回はアイテムを保持する形だし、いざという時引きたい一枚だけのカードもなく(相手干渉を放棄してる)、コンセプトカードは多めに積んでいるため。

 それにきっとブック巡りは良いに違いない。

・速攻だけどラントラ不採用

 このMAPの4人戦で土地を確保できる自信がないので基本的にはやらない方針。伸るか反るかの状況だとついつい伸ってしまう性質なので、不安定な状況でラントラし一層不安定になるに違いない気がする。噂によるとラントラに対する周囲の意識も厳しそうだし。

 隙を見てなら天然ラントラで大抵ことたりるし、強引なラントラを踏まえて巻物対策兼のホリグレに落ち着けました。




 ブック名はボザログラム。

 ボザ・ログラムはデロータが完成されるまで、ログラムの攻撃力を向上させるために作られたそうです。連射機能を高めるため四台のログラムを連結、中央のコントロールコアでエネルギーを制御しているらしいです。かっこいいですね。真ん中をうたれると一発で全滅します。