Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年04月30日(木)

ヒノセンス「真の勇気とは、人々の前でできたことを一人の時でも実行できることだ。」

01:11 | ヒノセンス「真の勇気とは、人々の前でできたことを一人の時でも実行できることだ。」 - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - ヒノセンス「真の勇気とは、人々の前でできたことを一人の時でも実行できることだ。」 - イノセンスのワタシ×カルド ヒノセンス「真の勇気とは、人々の前でできたことを一人の時でも実行できることだ。」 - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

戦国カルドは12戦3勝で勝率25%でしたが、最終日に天下統一戦で勝てたので将軍で終わることができました。やったね!


私はサエコさんがLADYBUG用に作った猿ブック【神速達成】を改変したブックをずっと使ってました(またサエコブックw)。

神速の老兵」 written by イノセンス
Creature20Item2Spell28
アンシーン2ホーリーグレイル2アップヒーバル3
ヘッジホッグ4スクイーズ2
アケローン4テレポート2
ウィルオウィスプ4ドレインマジック3
ソン=ギョウジャ4パーミッション2
パイロマンサー2ヘイスト2
ホープ4
ホーリーワード62
ホーリーワードX4
マナ3
ランドトランス1

サエコさんが戦国初期に公開した水ブック【老兵の知恵】スペル構成がよく似てますが、真似した訳ではなく、「老兵の知恵」が公開されたときには既にほぼこのスペル構成になってました。


以下、簡単に解説。


最初は「神速達成」そのままの構成で使い、少しずつ改変していった。

クリーチャーアイテムスペルの枚数はそのままでいけそうだったので変えず。

汎用的に使えるブックを完成させたかったので、対戦相手の名前や属性を見ての調整は全くしなかった。

逆に、相手に対策されても戦いにくくならないようには工夫した。

アイテムは最初から最後までホーリーグレイル2枚のみ。

クリーチャーの基本防御性能と援護が強いのでこれで十分。

クリーチャー防具として使うことを見越して20枚と多めにしてあるので事故りにくい。

アケローン手札に持ってればソン=ギョウジャに攻め込んでくる人はほとんどいない。

最初の数戦はクリーチャーアイテムはそのままでスペルだけ変えて戦ってみた。

他の人がチャットや日記で書いていたことを参考にして、まずマナドレインマジックホーリーワード6を投入。

代わりに足を減らした。

足がそれほど多くはないので、マナよりドレインマジックの方が高収益が見込める。

各種スペルの使い方は大体他の人が書いてる通り。

二心では火が割と活躍するためケットシーは使いにくかったので抜いて、代わりにパイロマンサーを入れた(唯一の侵略要素)。

オールドウィロウを有効に使えないかとかなり頑張ったんだけど、一度も成功しなかった。

確実なウィロウ嵌めを狙おうとすると、手札オールドウィロウテレポートホーリーグレイルを保持する必要があり、これが非常に窮屈だった。

オールドウィロウを入れてるのを知られたら露骨にG・クローラーで対策されるのも痛い。

そんな訳でオールドウィロウを抜いて、代わりにウィルオウィスプを投入。

アンシーン4枚、ウィルオウィスプ2枚の方が好ましいけど、エレメンタルラスが嫌だったので枚数を逆にした。

ウィルオウィスプはやっぱりアシュラの方がいいかもしれない。

その他、基本的な戦い方はサエコさんが「老兵の知恵」の解説で書いてるのと同じ。

試合終了後に「火かぶりだったのに戦闘少なかったですね」って声を何度か聞いたけど、こういうブックだったからね。

このブックかむいまる杯も頑張るぞ!