Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年05月24日(日)

対戦会「聖者の行進」のブックを作ってみた

01:46 | 対戦会「聖者の行進」のブックを作ってみた - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 対戦会「聖者の行進」のブックを作ってみた - イノセンスのワタシ×カルド 対戦会「聖者の行進」のブックを作ってみた - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

聖者の行進レギュレーション決定(天下人ダイジの「これが俺のやり方だ」)

http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/wednesday1976/20090522

参加できるかどうかは分からないけど、とりあえずブックは作ってみた。

ブック構築の自由度が低めなので、護符の運用力がかなり物を言う試合になるんじゃないかと予想している。

Re: Tactics cept

20:09 | Re: Tactics cept - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - Re: Tactics cept - イノセンスのワタシ×カルド Re: Tactics cept - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

Tactics cept(りちょペンギンのバックアタック)

http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/noya/20090524

面白いまとめなので軽く乗っかってみる。

元記事を先に読んでください。


土地配置に関するTactics

■同心円配置の応用技

例えばある分岐点から1歩の土地が4箇所あり、そのうち3箇所が他プレイヤーのLv4になっていて、残りの1箇所が自分の土地だとする。

このとき、その自分の土地をLv4以上に上げることができる場合でもあえてLv3で止めておくことで、その土地を他プレイヤーから踏んでもらえる可能性が高くなる。


天然トランスに関するTactics

■リープトランス - Leap transfer -

リープ系スペルで確実に相手の領地を狙って着地して行う天然トランス

「純粋天然トランス」に含まれる概念で、「殴りトランス」等との併用で実行機会が増える。

対戦会「GPアリーナ7」に参戦

18:54 | 対戦会「GPアリーナ7」に参戦 - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 対戦会「GPアリーナ7」に参戦 - イノセンスのワタシ×カルド 対戦会「GPアリーナ7」に参戦 - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

対戦会GPアリーナ7」に参戦しました。

予選で2勝すれば決勝ラウンドに進めるという形式でしたが、7戦全敗して終了


今回はアリーナ7での事前対戦は一度も行っていなかったので、自分のブック構築力を試す意味で、実践なしのマップ考察のみで作ったブックで挑戦してみました。

マップの形状から地と風が有利なリコールマップであることは明らかなので、地対策に力を入れた侵略重視の風ブックを組んでみました。

風ぐるぐる」 written by イノセンス
Creature16Item6Spell28
エルフ2カタパルト2ウェザリング3
ギルドラプター3バトルアックス2シャッター3
シムルグ3マサムネ2スワップスペル2
スペクター4チャリティ4
ハリケーン4ヘイスト4
ホーリーワードX4
マナ4
リコール4

このブックで4戦全敗。

シムルグの高HPや、ハリケーンエルフ先制能力武器土地を守る狙いでしたが、クリーチャーが少なめだったために、土地をあまり確保できずに終わることが多かったです。

相手のクリーチャーを倒して土地を取るために武器を使ってしまうと防御用の武器がなくなってしまうのも問題でした。

また、4人戦だと1人2人止めることができたとしても、その間に他の人に上がられてしまうので、やはり侵略重視の戦いはプレイングが難しいです。


ただ、ムムリクさんが非常に似た構成のブックで勝ちを上げているので(爽やかに(カルドセプト野郎よ byムムリク))、私が勝てなかったのはブックよりもプレイングの問題でしょう。

ちなみに、ムムリクさんが武器マサムネではなくバトルアックスを入れているのは、私と考えが同じならきっとディー・ダム対策ですね。

エルフギルドラプターシムルグはST40なので、バトルアックス(ST+40)を持たせるとLv4ディー・ダムも倒せます。


で、力試しとはいえ負けてばかりだとさすがに面白くないので、ここまでの経験を元に勝ちやすそうなブックを作り直してみました。

高速周回防御重視の水ブック

水ぐるぐる2」 written by イノセンス
Creature17Item3Spell30
G・イール4ウォーターシールド2シンク2
キングトータス4ホーリーグレイル1パーミッション4
ジオファーグ2フライ4
ファンガス4ヘイスト4
ブラッドプリン3ホープ4
ホーリーワードX4
マナ4
リコール4

このブックで2戦、これの前身のブックで1戦して、全部で3戦全敗。

こちらも一度も勝ててませんが、先の風ブックとは違って、終盤まで必ず首位争いには加われています。

あと何戦かすれば、そう遠くないうちに必ず勝てると思います。


戦い方は特筆することは少なく、とにかく高速周回して他の人より早く高額領地を作り、しっかり守って踏み収入に期待します。

ランドトランスでの加速よりも踏み収入に期待する方が勝率が良さそうに思えたので、ランドトランスは入れませんでした。

属性に水を選んだ理由は、パーミッションが有効に活用できることと、マップの構成上、水土地の確保が他の属性土地に比べてかなり楽だからです。

今回の対戦会では巻物攻撃をほとんど見かけなかったので、防具にはウォーターシールドを2枚採用しました。

水属性防御能力の高いクリーチャーには他にアンダインアイスウォールがいますが、不死属性なのでクレリックに弱いことと、防具が使えないという理由から採用しませんでした。

noyanoya2009/05/24 20:17トラバありがとうございまっす!
リープトランスは考えにありませんでした。試す機会があったら狙ってみます!

noyanoya2009/05/24 20:17トラバありがとうございまっす!
リープトランスは考えにありませんでした。試す機会があったら狙ってみます!