Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年06月14日(日)

「聖者の行進」終了

02:26 | 「聖者の行進」終了 - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 「聖者の行進」終了 - イノセンスのワタシ×カルド 「聖者の行進」終了 - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

切断1回を含む8戦(有効試合7戦)やって、結果は 2,3,1,2,切断,2,4,3 で、最終的に0ポイントで終了

いいところまで行きながら、妨害スペルに牽制されて勝ち切れないというパターンが多かった。

結局勝てたのは昨晩の日記に書いた試合だけ。


使用ブック(8戦ずっと同じ)。

南で地を取る」 written by イノセンス
Creature17Item3Spell30
クレリック2テレイア1オムニポーテント1
ドレインローパー4ホーリーグレイル2チャリティ4
ガーゴイル2パーミッション4
ディー・ダム4ホープ2
ドリアード3ホーリーワード01
バジリスク1ホーリーワード12
ワーボア1ホーリーワード22
ホーリーワード32
ホーリーワード61
ホーリーワードX4
マナ4
ランドトランス1
ワイルドグロース2

特殊ルールとは言えアリーナ1なら南エリアで地土地を取るのが強いだろうと思い、地属性をメインに選択。


初手で南エリアの地土地を取れる確率を高くしたかったので、ホーリーワードの投入枚数は1、2、3を2枚ずつにした。

中盤の土地確保用にも、HW6よりは小さい値の方がやや便利。

でも基本、開幕時以降はX以外のHWドロースペルで回してどんどん捨てる。

この配分は悪くなかったと思うけど、最終盤の聖堂を利用したアクションを起こすときにHW6がほしいことは何度かあったので、良かったとも言い切れない。


クリーチャーは「防御型4枚」の縛りを軸に考えて、不死族植物族はできるだけ排除。

同じことを考える人は多そうだけど、それでもマミースチームギアあたりはよく出てきそうだと思ったのでクレリックを2枚投入。

サブ属性には序盤のばら撒きドリアード援護用にドレインローパー4枚を選択。

アシュラと迷ったけど、資金が少ない序盤に土地を一つ取り損ねる可能性が高い方がリスクが大きいと考えた。

拠点の最有力候補はガーゴイルだけど、トランス一発で勝負を決める狙いのブックなので実際のところは誰でもいい。

ドロースペルでガンガン回す予定なのでクリーチャー総枚数は少なめの17枚。


Eカードはとりあえずオムニポーテントと、攻守に使えるテレイアを選択。


アイテムは、テレイア以外にはホーリーグレイルを2枚。

守るだけならもっと軽めのでも良かったけど、トランス要素として重視した。

実戦ではホリグレトランスを決める機会はなかったけど。


実際にこのブックを使ってみた感触としては、クリーチャーアイテムスペルの構成比は妥当だったと思う。


ヘイストが入れられないのでパーミッションの重要性がかなり高いと考え、手札をどんどん回せるようにドロースペルは多めに、チャリティ4枚とホープ2枚。

今回のレギュレーションにおける私の戦略の最重要ポイントはここ。

盤面を整えて手札に切り札をそろえてから一気に勝負を決める戦略なので、手札が流れるリンカネーションは不採用。

エリアをゆっくり回っている間にパーミッションを待ち、引けなかったときには北エリアを高速で回るという狙い。

この狙いは概ねうまくいって、1試合の間に北エリアを通るのはほぼ1~2回ですみ、聖堂を有効に活用できた。


このブックの弱点としては、トランスを使った短期決戦狙いなので、妨害スペルを保持されて展開を遅延させられると、その間に連鎖を削られやすいのが辛かった。

ブックの弱点というよりかはプレイングの問題かもしれないけど。


聖者の行進」面白かったです。

wednesday1976wednesday19762009/06/15 10:13参加有難う~。
あまりにも上手くダブルトランスを決められて悶絶したw
なんか自分が参加する卓、全体的に悶絶する展開が多かった気がする~。
レギュ改善要望とかあれば遠慮なくドウゾ。