Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年11月15日(日)

対戦会「二つの玉座」に参加しました

23:02 | 対戦会「二つの玉座」に参加しました - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 対戦会「二つの玉座」に参加しました - イノセンスのワタシ×カルド 対戦会「二つの玉座」に参加しました - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

1位と2位の二人を勝者とみなす特殊ルール対戦会二つの玉座」に参加しました。


予選は11戦して1位が6回、2位が3回、3位が1回、切断が1回の実質9勝1敗で総合2位で決勝進出。

総合1位のヤマトさん(id:yamatoppp)との直接対決で切断が発生したのが非常に痛かった。

唯一3位になった試合は、Lv5を作った直後にメテオを引き打ちされ、それでも30R終了まで粘って2位とわずか5G差での敗北。

総じて圧勝ムードだったと言えるでしょう。

伊達に09年4月前半ランキングでうし年を100戦以上やってません。


f:id:cardhero-bu:20091115230340j:image

全て対人戦での記録。

カルドセプトで勝つにはマップの特性をよく理解することも非常に大切です。


そういう訳で今回は優勝する自信があったのですが、決勝トーナメント初戦で3位となりあえなく敗退。

kasupiさん(id:Kasupi)にホーリーワードXでLv4を踏まされたときの対応がまずかった。

まあ、私がメテオを保持していたにも関わらず所持金が200を切っていて、潤沢な足スペルもなくなっていた瞬間を狙ったkasupiさんがうまかった。


しかし決勝戦ではそんなkasupiさんと抜群の安定感を誇るヤマトさんが破れ、1位たかさきさん(id:tksk_0901)、2位たきさん(id:taki77)という結果に。

一発勝負で勝ち切ることのなんと難しいことか。

たかさきさん、たきさん、優勝おめでとうございます。


今回の勝者が二人となるルールは、普通の対戦以上に4人の思惑が複雑に絡み合う感じが非常に面白かったです。

また別のマップでもやってみたいと感じました。

誰と擬似的に組むかの駆け引きは護符があってこそ際立つと思うので、やるなら聖堂ありで試合中のエリア切り替えもしやすいLADYBUGが面白そうな気がします。


以下、私の使用ブック


支配者」 written by イノセンス
Creature18Item3Spell29
クレリック2アースシールド1ウィザードアイ4
デコイ1エンジェルケープ1カタストロフィ3
ヘッジホッグ4カウンターアムル1コラプション1
ウーズ1フライ4
ガーゴイル2ヘイスト4
ディー・ダム3ホープ4
ドリアード4ホーリーワードX4
バロン1メテオ2
ワイルドグロース3


うし年と言ったらウィザードアイカタストロフィ

3~4周で勝負がつくのでマナより稼げるし、周回が長くて領地コマンドを狙った場所に使いにくいので、いざとなればカタストロフィの焼きも機能しやすいです。


順位操作がしやすいようにメテオ2枚とコラプション1枚。

自分の2位を確定させるために使うもよし、自分が1位のときに2位を引き離して妨害の矛先が自分に向かないようにコントロールするのもよし。


パーミッションは入れてません。

大抵のマップではパーミッションを使うことで自分の狙ったエリアだけを通れるようになるのがメリットなのですが、うし年ではパーミッションを使うと角部分か聖堂付近のどちらかが通れないので、土地取りや領地コマンド機会で遅れを取りやすいのが難点です。

ただ、2周くらいした後で角を通ってパーミッションを使うことで方向転換する技は便利なので、2枚くらい入れておいてもよかったかもしれません(その場合、抜くのはフライ)。


スペルはフルに投入しています。

うし年パーミッションなしだと1周に36歩かかりますが角部分は片方だけ通ればいいので、自分の狙いのエリアは24歩、逆のエリアは12歩とアンバランスな歩数で周回できます。

このため、自エリアはゆっくりクリーチャー配置しながら5~6Rくらいかけて歩き、逆エリアは足スペルを使って1~2Rで駆け抜けます。

これで大体、3周で達成なら20R台前半で終了する計算です。


クリーチャーアイテムは安くて固いのを適当に。

侵略要素はほとんどいりません。