Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年11月28日(土)

1歩の価値は

09:38 | 1歩の価値は - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 1歩の価値は - イノセンスのワタシ×カルド 1歩の価値は - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

アリーナ1で1周目にショップに止まったとき、まだマナ効果が弱いからといって大した考えもなくフライを買っている人はいませんか?


フライを買うのに30G、使うのに30G必要なので、合計60Gの支出。

マナを1周目に使った場合の収入は50Gなので、その収支の差は110Gです。

アリーナ1の平均ダイス目は4なので、110G払って4歩進んでいるようなものです(1歩あたり27.5G)。

これって得してるんでしょうか?


たとえば

ホーリーワードXを使った場合: 60G/(10-4) =1歩あたり10G

ヘイストを使った場合: 50G/((7-4)×2) =1歩あたり8.3G

なので、ショップフライを買って使うという行為は、ブックに入れてある足スペルを使うのに比べて非常に費用対効果が低いです。


それでもあなたは、1周目にフライを買いますか?


こう言われて、「ではマナにしよう」と安易に考えてしまってはいけません。

本当に比較すべき数値は他にあります。


アリーナ1の基本周回ボーナスは250G、砦ボーナスは120G×2なので、1周すると最低490Gもらえます。

1周には32歩かかるので、周回による価値は 490G/32 =1歩あたり15.3Gです。

クリーチャーを5体配置していれば周回ボーナスは590G、1歩あたり18.4Gの価値になります。


これでもまだ、1周目ショップフライの「1歩あたり27.5G」は高い計算になりますが、周回を重ねるごとに

周回ボーナスが増加

マナ効果が増加

という付加価値があることを考えれば、あながち損な選択とは言い切れなくなるでしょう。


また、早く南エリア土地を取りたいのでフライを使って北エリアを素早く通り抜けたい、というのも立派な行動基準です。


カルドセプトは判断が難しい場面が試合中に多く出てきますが、こんな感じで事前に損得の計算を行って自分なりの判断基準を設けておくと、制限時間が短くても迷うことが少なくなりますよ。