Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年08月02日(月)

対戦会「GPカリン」3位でした

00:27 | 対戦会「GPカリン」3位でした - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 対戦会「GPカリン」3位でした - イノセンスのワタシ×カルド 対戦会「GPカリン」3位でした - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

予選通過はできなかったのですが、決勝リーグの人数が足りてなかったのでリザーバー枠で参加させてもらい、3位になりました。

カリンは「カルドセプトっぽさ」を強く感じる面白いマップでした。


予選では最初の12戦はずっと火ブックを使用。

自分は無敵のエルドラを拠点に構え、相手の拠点はほぼ何でも落とせる構成で超強いと思っていたのですが、1勝しかできませんでした。

最終日に2戦水ブックを使用して1勝し、この方向性の方が勝ちやすそうだという手ごたえを感じたところで予選終了


決勝リーグ使用ブック

カリン水」 written by イノセンス
Creature22Item10Spell18
サイクロプス2エルブンクローク2シャッター2
ティラノサウルス4カウンターアムル2シンク2
バンディット4ゴールドグース4チャリティ4
パイロマンサー2フュージョン2パーミッション4
ダゴン2ホープ2
ネッシー4マナ4
ブラッドプリン4


予選で使ったブックフュージョン強打の要素を追加し、非常に戦いやすくなりました。

クリーチャー援護主体で多めの22枚。

配置クリのブラッドプリンバンディットネッシーはどれも安いので、序盤からたくさん土地を取りやすいです。

1周目のバンディットは非常に強力で、ST50援護で140G奪えればその相手をしばらく無力化できます。


ゴールドグースマナであり、防具であり、武器

ティラノサウルスで相手のドラゴノイド侵略するとき、ゴールドグースを持っていれば相手は援護を使わずに土地を明け渡してくれることが何度かありました。


土地を取りやすく人より先にレベルアップもしやすいので、チャリティホープの枚数は反対の方がよかったかも。


スペルを入れていませんが、「パーミッションによる回避」と「先上げによる踏みの被害軽減」でなんとかなりました。


GPカリン 準決勝C卓

15戦目

マップカリン

日時:2010年08月01日 21:03

6000G 4人戦 40 30秒 サドンデスなしE禁止

36

1位イノセンス(id:cardhero-bu6314G
2位ヤマト(id:yamatoppp)さん4617G
3位ヨシ(id:YOSHI-00)さん4034G
4位納豆(id:daizu_ce)さん3049G

結果:1位


全員の通行料収入、支払がどれも2000Gくらいある出入りの激しい試合でした。

中盤、全員が複数ルートにLv4を並べ合う中、南ルートに一人でLv4を二つ作って自分専用の安全通路を確保していたヤマトさんが配置的には有利。

しかし、ヤマトさんはヨシさんとのボイチャで集中力が低下していたためか、私のエルブンクロークを見落としてLv4ブラッドプリンクレリックで特攻して撃沈。

直後に私も納豆さんのLv4を踏んで試合はもつれますが、いろいろあって勝利。


GPカリン 決勝卓

16戦目

マップカリン

日時:2010年08月01日 22:09

6000G 4人戦 40 30秒 サドンデスなしE禁止

37

1位ほうたる(id:ryotaro_s)さん6867G
2位kasupiid:Kasupi)さん5708G
3位イノセンス(id:cardhero-bu5441G
4位C.AXE(id:CleanAxe)さん1131G

結果:3位


4人全員水ブック

1R目、1番手のほうたるさんがダイス1で水土地シーモンク配置。残り125Gで手札アイテムなし。

4番手の私もダイス1だったのでバンディットサイクロプス(ST70)でシーモンク侵略

「ほうたるさん1R目で枯渇www」と一人で盛り上がっていたら人族無効でカーンとはじかれて頭を抱えた。

その後いろいろあって終盤、私は6000G越えでまで5歩、C.AXEさんは5800Gでまで3歩。両者同じルートにいて進路に高額はなし。

ここでほうたるさんが分岐からC.AXEさんのLv5ネッシー踏み込んでジオファーグで特攻。

即死が失敗すると手番が先のC.AXEさんがほぼ勝利なのでドキドキしましたが即死成功。

この時点で私以外の3人は皆3000G台になり、ざっと見積もって99%くらいは自分の勝ちだと思ったんですが、ここからダイスが2、1、1と続きに届かない。

その間に先のLv5に続いてC.AXEさんのLv4ブラッドプリン(HP20)をフュージョンで落としたほうたるさんが、今度はホーリーワードXを使って私のLv5ダゴンジオファーグで特攻し、またも即死成功。

3Rの間に魔力を1800Gから6800Gまで増やしたほうたるさんがそのまま勝利。

自分が経験した中で最高クラスの逆転劇でした。


注目したいのは、ほうたるさんが最初にC.AXEさんのLv5に突っ込んだのは、分岐から自分の意思で行ったということです。

Lv5を落としてもまだほうたるさんは勝ちには程遠い(おそらく1%もない)ので、このような場面だと「二人の勝負の邪魔をしてはいけない」と考えて勝利を放棄する人もいると思います。

でも、ほうたるさんがそのような選択をしていたら、今回の逆転はなかったんですね。

私のダイスが悪かったり、ジオファーグ即死が成功したりしたのは運。

しかし、分岐からの進路選択、そしてホーリーワードXを使っての侵略は意思。

最後まで諦めることなくベストを尽くしたプレイを見ることができると、勝っても負けても私は満足です。

ryotaro_sryotaro_s2010/08/04 13:15ちょっとうまくいえないんですが、読んでとてもうれしい気持ちになりました。対戦ありがとうございました。