Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年09月13日(月)

リバイバルの有効性について検証しました

00:12 | リバイバルの有効性について検証しました - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - リバイバルの有効性について検証しました - イノセンスのワタシ×カルド リバイバルの有効性について検証しました - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

2chのカルドスレで話題になっていたので。


問題を単純化

リバイバル1枚、マナ4枚、その他のカード45枚のブックで、決められた枚数のカードドローする。

ドロー前に、ブック内の残マナ率が基準値(8%=4/50)を下回っている状態でリバイバルを持っていたらそれを使用する。

このとき、マナは平均何枚ドローできるか?


JavaScript でプログラムを組んで実験

カルドセプトDS リバイバル実験

http://www.inosendo.com/culdcept/revival.html


結果

マナ数\ブックからドローする枚数50枚40枚30枚
00%0.1%2.11%
10.01%2.16%14.85%
20.57%15.37%34.18%
37.84%37.12%32.56%
449.56%32.22%13.76%
528.09%10.05%2.17%
610.75%2.51%0.33%
72.65%0.41%0.03%
80.46%0.05%0%
90.06%0%0%
100.01%0%0%
110%0%0%
平均4.513.422.49
リバイバル非使用時の平均4.00枚3.20枚2.40枚
リバイバルにより増加する枚数0.510.220.09

※それぞれ100万回ずつ試行を行った平均


結論

リバイバルには、特定の1種類のカードを引く枚数を増やす効果はほとんどない。

YOSHI-00YOSHI-002010/09/14 00:22 うおー、超興味ある! と、思ったんですが「カルドセプトDS リバイバル実験」リンク先の

 10000回の試行を行った結果は以下(リロードすると値は少し変わる)。

 ……の下の欄が真っ白になっていて何も見えないのです。ブラウザか? javaの設定か? うーむ。

cepter16bitscepter16bits2010/09/14 00:27これはすごい!
こういう方法は自分では試せないから素直に尊敬します。

onotaka1019onotaka10192010/09/14 00:32頭の作りが違う・・・ww

cardhero-bucardhero-bu2010/09/14 00:40>ヨシさん
IEでエラーになってたので修正しました!
あとIEだと実行に時間がかかるようだったので試行回数を1000回に下げました。

ceptercepter2010/09/14 03:59お疲れ様

shellman1234shellman12342010/09/14 05:57某スレからきますた

maohmaoh2010/09/14 12:20
こーゆーのさらっと出来ちゃうのすげー

xcepterxcepter2010/09/14 12:39非常に興味深い結果ですね
ウィビル本とかのドロースペル多めの本で
実践感覚ですと7匹くらいは引けるのですが
その当りの検証も面白そうですね

特化本じゃない限りリバイバルは入れない派です

YOSHI-00YOSHI-002010/09/14 13:41見られました、ありがとうございます!
でもそうなると、リバイバルってどうやって使うべきなのかしら。
リフォーム対策以外の意味合いは無いのか……?

cepcepcepcep2010/09/14 17:17例えば、手札の引きが良く、
早々に特化用のカードを使い切った場合にリバイバルを打てば・・・

というのが理想的な状況だが、
それじゃあ、その時に1/50のリバイバルが手元にあるか?
といった部分を明確に数値化して貰えたのは有り難い。

リフォームに対する保険と、気分的な保険の意味合いが強いのか。

maremare2010/09/14 17:23部外のものです
数字出すのにこんな方法もあるんですね
ウィビル本等の参考に70枚くらいまでの期待値も見てみたいです

すこし質問
この条件だとリバイバル使用よりリンカネ等、ドロースペルを使ったほうが有利な場合があるようにも思えるのですが
たとえば残りブック6枚、マナ3枚出現済みで手にリンカネ、リバイバル所持の時など


リバイバル使用条件が

domovoidomovoi2010/09/14 17:31私はリバイバル肯定派なので、ぜひ2~4枚いれたときの数値もみたいです!
私は大概リバイバルを最低2枚、特化本だと3枚は絶対いれてますが、それはあくまで私の経験則からきた感覚であり、理論もクソもありません><
1枚いれはリフォーム対策の保険としてしか意味がないと思っていますので、特定のカードを4枚以上引きたいときはいつも2~3枚いれます(4枚は逆にダブリすぎるのでメッタにしません)
ついでに言うと、特化本でリバイバル単体投入は完全に意味がなく、ホープ系との併用は必須だと思ってますが(特化本だとドロー8枚とか入ってます)、それって数値化できるんでしょうか?
リバイバルをいれておけば、リンカーネーション等でディスカードしまくっても任意のタイミングでリセット→再度リンカネーションで引きなおしを狙う、といったことができるのも強みだと思っているので、数値化は難しい特典があるとも思ってます
無茶ぶりですみません><

cardhero-bucardhero-bu2010/09/14 23:51皆さんご意見ありがとうございます。
とりあえず、リバイバル枚数を1~4枚、ドロー枚数を10~100枚から選択して結果を見れるように改良したバージョンを作りました。
http://www.inosendo.com/culdcept/revival2.html
既にこのバージョンで詳細なデータは取ったので、明日レポートにまとめます。

YOSHI-00YOSHI-002010/09/15 00:04すげー! 超使える! 欲張りに希望を出しちゃおうと思うんですが、引きたいカードが4枚以上であればどうなのでしょうか? 例えば「フレイムウィビル4枚とパーミッション4枚どちらかを引きたい」と思った場合は、引きたい対象手札は8枚ですよね? そうなった場合のケースもちょっと知りたいなあと思ったんですが。もしお時間があれば一つ!

cardhero-bucardhero-bu2010/09/15 00:17>ヨシさん
マナの枚数を4~12から選択できるように変更しました!

maremare2010/09/15 09:40見直したら、何か頓珍漢なこと言ってました
失礼しました
残り6枚の中に一枚あるなら確率は4/50より高いに決まってる

50枚超の数字も見てみましたが、マナ枚数を大幅に上げるのは結局ドロー数なんですね
60、70枚引いたらウィビル本の感覚にもなじむ数値がでました
リバイバルは偏りを是正するためのスペルなんだなぁ

YOSHI-00YOSHI-002010/09/15 21:26仕事早すぎワロタ、ありがとうございます活用します!
いやーお見事にございます。

ぶぼんぶぼん2010/09/16 00:20リバイバルを使うかどうかで、ブックから引ける平均枚数が
ほとんど変わらないとしても、分散(リスク)を広げる、
という効果はどうでしょうか。

例えば、残り25ターン、ブック残り枚数25枚で、
4枚入れたマナの内、残り2枚がまだ出てない場合、
手札にリバイバルがあれば、使っても使わなくても、
残りターンでマナの出てくる枚数は、期待値 2です。
つまり平均値の意味では効果なしです。

但し、マナを4枚引ければ決死の大逆転を狙えるという状況(??)では、
リバイバルを使わなければ、泣いても笑っても残りターンで
3枚以上のマナを引けないのに対し、使えばその可能性が出てきます。
もちろん、逆に全く引けなくなるかも知れませんが。


リバイバル肯定派の人たちの頭には、
上のような気分もあるのではないでしょうか。

cardhero-bucardhero-bu2010/09/17 21:41>ぶぼんさん
ハマれば強い、というやつですね。
リバイバル1枚のブックで50枚ドローしたとき、狙いのカードを6枚以上引ける確率は14%程度あるので、普通に戦ったのでは自分の勝率が25%以下であるような相手との対戦時には考慮してもいいかもしれません。