Hatena::Groupculdcept-ds

イノセンスのワタシ×カルド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年11月23日(月)

2009年11月21日 京都大学11月祭カルドセプトDS大会参加レポート

05:54 | 2009年11月21日 京都大学11月祭カルドセプトDS大会参加レポート - イノセンスのワタシ×カルド を含むブックマーク はてなブックマーク - 2009年11月21日 京都大学11月祭カルドセプトDS大会参加レポート - イノセンスのワタシ×カルド 2009年11月21日 京都大学11月祭カルドセプトDS大会参加レポート - イノセンスのワタシ×カルド のブックマークコメント

当ブログの関連エントリ

2009年10月15日(木) 京都大学11月祭でカルドセプト対戦会とかぷよぷよ大会とか

2009年10月25日(日) 京都大学11月祭カルドセプト対戦会の日程が11月21日(土)に変更

2009年11月16日(月) 京大11月祭カルドセプト大会の賞品が豪華すぎる

2009年11月21日(土) いざ京大カルドセプト大会に出発

2009年11月21日(土) 京大カルドセプト大会速報

主催は京都大学ゲーム同好会「朽木団」。

大会参加人数は12人。

セプト部からはへりとんさん(id:heriton)、ともともさん(id:tomotomo7)、私イノセンスの3人が参加。

まそっぷさん(id:masoppu3398)も前日の深夜に急遽参加を決めて、はるばる名古屋から京大までやって来たのですが、道に迷って会場に着くのが大幅に遅れてしまって大会には出場できなかったのが残念でした。


原田みどり先生に感謝

小規模な大会ながら、カルドセプトサーガのイラストを担当している原田みどり先生が超豪華な賞品を多数提供してくださったので、非常に熱い大会になりました。

Aire Verte(原田みどり先生のサイト)

http://www.vert.jp/

京都大学のカルドセプトのイベントに賞品提供をさせて頂きました。

優勝者とか速報で出たようです。

自分の絵以外は権利者のある賞品なので皆さん大切にして下さい。

ていうか別のイベントに流用するくらいならうちにあるものあげます...

速報ってこのブログのことですね。

まさか見ていただいているとは思っておらず非常に恐縮です。


最初に私の結果から

絶対優勝しようと相当強く意気込んでの参加でしたが、結果は振るわず12人中5位。

もらえる賞品の選択肢の中に原田先生の風景画が残っていたのですが、休日に好きに遊ばせてもらっている妻に感謝の意を表すために「ロイヤルコペンハーゲン フィッシュプレート(水色)」をいただきました。


f:id:cardhero-bu:20091124054756j:image


妻には「おしゃれなお皿やん」と気に入ってもらえたので良かったです。


では、大会レポート。まずはルールから

マップゴザ」を使用したトーナメント戦。

ルールは全てデフォルト設定。

すなわち7000G、40R、サドンOFF、時間制限なし。Eカードは使用禁止。


トーナメント1戦目は12人を4人×3卓に分けての対戦。

この対戦の結果が1位になった人は最終戦上位卓、4位になった人は最終戦下位卓への参加が決まります。


次に敗者復活戦。

1戦目の各卓で2位になった人同士で3人戦を行い、1位になった人が最終戦上位卓へ、2位以下の二人は最終戦中位卓へ進みます。

同様に、1戦目の各卓で3位になった人同士で3人戦を行い、2位以上の二人が最終戦中位卓、3位の人が最終戦下位卓へ。


こうして決まった4人×3卓の組み合わせで最終戦。

上位卓、中位卓、下位卓の各卓の順位に応じて、1~4位、5~8位、9~12位が決まります。


使用ブック

私はゴザの対人戦の経験は少なく、08年11月前期の公式ランキング(目標魔力6000G)で数戦、第2回コミュニティ対抗戦のスパーで数戦、品川アポーツ2次会で同盟戦を1回、といった程度。

かつ、大会前に対人スパーをする時間がほとんど取れそうになかったので、ブックだけ作って思い切ってぶっつけ本番で行くことにしました。


ゴザは本腰を入れてマップ考察をしたことがなく戦略の理論化もほとんどできてなかったので、まずはBookdbDSを見てストーリーツアーの時期に登録されたブックを見てみました。

ストーリーツアーでは6000G、35Rの設定でしたが参考にはなるでしょう。

いろいろなブックが登録されている中、ひときわ目を引いたのがA.Mさん(id:cepter-AM)登録のブック「ござーーー」

あまりに極端な構成なので、投稿しているのが別の人ならネタブックかと思ってスルーするところでしたが、心の師A.Mさんのブックということでしっかりチェックしておきました。

登録されていたブックを一通り見た感じでは戦闘は少なめで、リコールを4枚入れて連鎖作ってラントラで伸ばす戦略が強そうな印象。


しかし、適当な地走りブックを作ってCPU相手に7000Gで回してみたところ、護符なし、土地価値すべて80Gのゴザでは目標達成がかなり遠く感じました。

妨害を受けることなくLv5ラントラを一度決めても28R程度はかかりそうです。

対人戦で妨害があったりダイス目の具合によっては40Rフルに戦う展開もありえるでしょう。

この結果を参考に、A.Mさんのブックを元に試合展開のイメージを膨らませ続けた結果、大会用のブックが完成しました。


焼き払え」 written by イノセンス
Creature17Item2Spell31
アンシーン2カタパルト2ウィザードアイ4
クンフーモンク3ウェザリング2
シムルグ4カタストロフィ4
ジーニー2スワップスペル1
スペクター4チャリティ1
ワイバーン2ドレインマジック1
ホープ4
ホーリーワードX4
マナ4
メテオ1
ランドトランス1
リコール4


1回戦、最終戦の両方ともこのブックを使いました。


ウィザードアイカタストロフィブックの中核。

2~3周目くらいで一度全焼きを入れる狙いです。

全焼きのときにはもちろん、カタス2回の間に入による周回回復を挟んで自分のクリーチャーは生き残らせます。


土地は取り遅れても焼いたあとで取り返せるだろうということで、クリーチャー地変スペルは少なめ。

クリーチャーは焼きによってHPが減っても被害がほとんどないものばかりをそろえました(というか、A.Mさんのブックの構成から枚数を変えただけ)。

アイテム即死対策になるエルブンクロークと迷いましたが、土地取りにも使える点を重視してカタパルトを採用。


長期戦を前提としているのでマナ4枚は確定。

風かぶりで相手にジーニーがいるときの対策としてメテオを1枚。

ドローが偏って全焼きのチャンスを逃すことがないよう、また、全焼き後の手札回復がしやすいよう、ドロースペルは多めにホープチャリティ合わせて5枚。

全焼きして自分の手札が減ったときに有効に使えるようにスワップスペルを1枚。

全焼き後に他のプレイヤー魔力の投資先を失って現金輸送をしているところを狙えるようにドレインマジックを1枚。

全焼きを入れることで高額領地を避ける必要がある機会は少なくなるだろうと考え、足スペルは少なめにしました。

から左右どちらに進んでも10歩で風土地が取れるので、ホーリーワードXは4枚入れてヘイストを0枚に。


大会で実際に2回使ってみた感覚としては、かなり狙い通りに機能してくれてはいましたが、やはり足スペルヘイスト)をさらに2枚くらいは入れておいた方がよかったかもしれません。


1回戦

対戦結果:40R目標達成

1位2位3位4位
へりとんイノセンスはこまこす
7581G3600G3574G2241G

f:id:cardhero-bu:20091124060607j:image f:id:cardhero-bu:20091124060606j:image


f:id:cardhero-bu:20091124060605j:image f:id:cardhero-bu:20091124060604j:image


(初見の人のプレイングを覚えるのが苦手なので、はこさんとまこすさんのどっちがどっちだったか記憶が曖昧な部分が多数あります)

試合開始。みんな手馴れた様子で操作が速い。

中盤、はこさんかまこすさんのどちらかが私のLv3に地変を打ち込みつつ天然ラントラを狙ったプレイをしてくる。

ダイス目が悪く天然ラントラには失敗したが、かなり手強い相手だと認識。


15Rくらいにまこすさんが私のそばのLv3アンシーン踏んで私が一歩リード。

しかし10R台後半、そのアンシーンの横にいたクリを(たしか)まこすさんがデコイに交換。

その次のラウンドリコールからの移動侵略アンシーンが落とされる。


私は左のショップによく止まり、そのたびにシャッターを購入。

明らかにラントラ狙いで土地レベルを上げたはこさんかまこすさんに対してシャッターラントラ割り、を2回。

シゴトするのは好きじゃないんだけどなあ。


20R手前で、を通過した私の手札にはカタス2枚とリコール1枚。

他の3人がすぐに入できないのを確認してカタスを使用。

続いてリコールを使って入周回回復して、次のラウンドにもう1枚のカタスを使って全焼き。

私のクリ以外では、の2歩左にいたはこさんのLv3デコイソウルポットを使用していて生き残った。

へりとんさんはシャッターを持っていたので私の2枚目のカタスを割ることもできたんだけど使われなかった。

私はどちらかというと割られる展開を想定していて、そうなった場合は他の3人がクリ交換に励んでくれれば私に損はないと考えていた。


全焼きを決めるも私は土地数があまり多くはなかったため、それほど有利にはなれず。

全員が2000~3000Gの間でしばらく推移する。

へりとんさんは全焼き直後には総魔力200台まで落ちていたが、西エリアのLv4風土地空き地を二つ取って余裕で戦線復帰


30R頃、総魔力では全員僅差だが、私は手持ち魔力が多いのでレベル上げすれば一気にトップに立てる形。

しかしここで、私がを通過した際にはこさんのLv5デコイ踏んでしまって1500Gの支払い。

しかも、手持ち魔力が多かったためにトランスもできず、手元に30Gばかりの魔力が残る最悪の展開。

スペルの少ないブック構成にしていたのは自分の責任なので、「運が悪かった」では片付けられない。

この時点ではこさんとへりとんさんは4000G超え。まこすさんは3500Gくらい。

私は2000Gと大きく沈んでしまってトップを取るのは非常に難しくなってしまったので完全に2位狙いに頭を切り替える。

1回戦で2位になれれば、まだ総合優勝できる可能性は残る。


私が逆転の切り札として使えるカードメテオランドトランスの2枚のみ。

この時点で東エリアに風4連鎖でLv4とLv3が一つずつ、それと無土地を一つ取っているのでここで勝負。

しかしすぐには手持ち魔力を増やすことができず、Lv5を作ってラントラするのは無理そうな展開。

全体の様子を見ながら周回していると、まこすさんがへりとんさんのLv5を踏む

まこすさんは大きく落ち込んで一時は4位になるが、踏み時にトランスして得た魔力ですぐに3500G程度に回復

私は3000G程度まで追い上げるが、私のLv3スペクターをへりとんさんに踏まれてモスマンに落とされてまた2000G程度まで落ちる。

相当厳しい。しかしまだ諦めない。


37Rに私はメテオをトップのへりとんさんにではなく2位のはこさんの2連鎖Lv5に発射。

はこさんは大きく総魔力を落としてまこすさんと僅差に。

はこさんも2位狙いを意識せざるを得なくなり、テレキネシスでまこすさんのLv5ヘッジホッグを動かす。

これでまこすさんは2200G程度に。


終盤の私の行動。

35R、無土地地変して風4連鎖に。

36R、Lv4をラントラして資金を得る。

37R、メテオをはこさんに使用。

38R、に向かえば入ボーナスがもらえるが回り道してLv5を作成しつつ、ショップに止まってマナを購入。

39R、マナを使って350G獲得。さらに素ダイスで風土地に止まれる目を出す。

このとき私の風土地連鎖状況はLv5、Lv1、Lv1の3連鎖

私は風の空き地を取って連鎖を増やす手と自領地を一つLv3にする手が選べたが、改めて計算するまでもなく得するのは前者だと分かっていたので、空き地に止まってスペクター配置

その結果総魔力は3600Gになり、3574Gのはこさんをわずかに26G上回って2位に。


その間、へりとんさんは誰からも妨害を受けることなく順調に総魔力を伸ばしていた。

39Rにリコールを使って入してレベル上げで7000Gを超え、最終40Rに上で再度リコールを使って垂直ジャンプ目標達成


こうして、私はなんとかギリギリで2位に踏みとどまれました。

私の最後数ラウンドの運要素を見ると、38Rにショップに止まれていなくても駄目、39Rに素ダイスで風の空き地に止まれる目が出ていなくても駄目、空き地に置ける手札クリーチャーが30Gのスペクター以外でも駄目。

すべての条件がそろう確率はおそらく確率1%以下。

最後まで勝負を諦めない気持ちが奇跡の逆転を呼び寄せました(2位ですが)。


しかし、この試合で私は集中力を使い果たしてしまったのでした…。


敗者復活戦使用ブック

敗者復活戦2位卓では、3人戦で1位になった人だけが最終戦上位卓に進むことができます。

大会の事前情報では「毎試合2位以上が勝ち上がりの3回戦トーナメント」となっていたので3人戦で2位以上を狙うためのブックは作っていたのですが、3人戦でトップを取るためのブックは用意してなかったので、即席で作りました。


3人戦なら地走りが最強だろうということで、このブック


しゅご神」 written by イノセンス
Creature20Item2Spell28
クレリック2エルブンクローク2スワップスペル2
ヘッジホッグ4ヘイスト4
ディー・ダム2ホープ4
ドリアード4ホーリーワードX4
バジリスク1マナ4
バロン3ランドトランス2
マミー4リコール4
リンカネーション1
ワイルドグロース3


クリーチャー配置機会とスペル使用機会のロスを極力なくす構成にしています。

メテオローカストで動きを止められるのが嫌なのでバロンをがっちり3枚。

相手の危険なカードにはスワップスペルで対応。

対戦相手も同系のブックを使ってきたときが一番手強いと考え、メテオローカストは入れず、侵略用にクレリック2枚とバジリスク即死軍団を採用。


敗者復活戦2位卓

対戦結果:30R目標達成

1位2位3位
レノイノセンス◆ALF◆
7472G7620G3776G

f:id:cardhero-bu:20091124060659j:image f:id:cardhero-bu:20091124060658j:image


f:id:cardhero-bu:20091124060657j:image f:id:cardhero-bu:20091124060653j:image


対戦相手のレノさんはカードヒーローのトッププレイヤー

カルドセプトを始めたのは今年の6月頃で、数ヶ月間はずっとCPU相手に練習してカードを集めて、対人戦を始めたのは先月からだそうです。

公式ランキングの09年10月前期に彗星のように現れ、それ以降毎回上位に居続けています(ランキングに名前があるのを見て、私はレノさんがカルドセプトを始めたことを知りました)。

私がレノさんとカルドセプトで対戦するのはこの試合が初めてでしたが、既に初心者などでは到底なく、試合後の感想戦も含めて判断するとおそらくセプト部内で比べても上位レベルと言っていいであろう実力でした。

今回のレノさんの使用ブックは私のブックと非常によく似た構成の地ブックで、完全な走り勝負となりました。


もう一人の対戦相手であるALFさんはぷよぷよ通のトッププレイヤー

翌日に行われた京大ぷよ大会では参加者120人中3位の好成績を残しています。

カルドセプトは初代のバージョンからの経験者で、私がセプト部に入る前はALFさんから特殊なカード効果や使い方などいろいろ教えてもらっていました。

今回のALFさんの使用ブックは、風メインでの周辺でデコイアンシーンを育てて踏ませて勝つ狙いのブック


レノさんもALFさんもこの大会には私が誘ったので、この試合は私にとってはドリームマッチみたいなもの。


試合内容は試合結果のグラフが示す通り、私とレノさんのデッドヒート。

私が東エリアに地連鎖、レノさんが西エリアに地連鎖を、両者順調に形成。

レノさんは5連鎖Lv5からのラントラを一発決めているのに対し、私はラントラ(天然含む)非使用なのにグラフの伸び方がほぼ同じなのが面白い(踏みによる魔力の大きな移動は、レノさんが私のLv3を一度踏んだだけ)。


レノさんは侵略要素が全くなかったのに対し、私は即死攻撃でレノさんを集中攻撃できたのがラントラの差を縮めることができた要因かな。

まずバジリスクでレノさんのドリアードを攻めてエルブンクロークを使わせた。

その上で、東エリアの地土地に置かれたレノさんのウーズクレリックで倒して私の連鎖を増加。

もう1枚のクレリックで西エリアのレノさんのウーズを狙っていたらALFさんからスワップを食らってクレリックを取られてしまったが、ALFさんがレノさんのウーズ踏んでクレリックで倒してくれた。

ちなみに戦闘を起こしたのは全部Lv1の土地


そんなことがあって、先に7000Gに到達したのは私の方。

しかしを通って周回ボーナスを得てLv3を作った時点で総魔力は約7030Gで、手札リコールがあったのに使えない状態。

手札にはマナもあったので2R後に達成はできたのだが、レノさんが私のすぐ後に7000Gに到達して直後にリコールを使って1手差で決着。


途中、レノさんがラントラを保持した状態でLv5を作ったとき、私はスワップスペルを持っていたのに使わずにみすみすラントラを許してしまったのが完全に失敗だった。

初戦での疲労が激しかったようで、相手の状況の把握が全くできていなかった。


この敗北により、私の大会優勝は消えました。


最終戦中位卓

対戦結果:29R目標達成

1位2位3位4位
イノセンス◆ALF◆Bardともとも
7525G4181G3762G3447G

f:id:cardhero-bu:20091124060748j:image f:id:cardhero-bu:20091124060747j:image


f:id:cardhero-bu:20091124060746j:image f:id:cardhero-bu:20091124060740j:image


4人全員風ブック

20Rくらいまでは大きな動きが全くなく、みんな地道に連鎖を作っていく。


私がカタストロフィを引くたび、他の人がシャッターで割ってくる。

全焼きは勝つために必須ではないので、シャッター避けの避雷針になってくれるならそれはそれでよし。


最初に動いたのはともともさん。

西エリアの風土地を順調に取って5連鎖ができて手札ラントラがある状態で、スチームギアをLv5にする。

ここでラントラを許してしまうともう即上がってしまうのを止められない。ピンチ。


と思っていると、その直後にBardさんがメテオドロー。助かった。

が、Bardさんはメテオを使わずに保持。ピンチ継続中。

メテオをすぐ使うように指示することもできたけど、真剣勝負の場で口ハウントはしたくなかったので私は何も言わなかった。


Bardさんがメテオを即打ちしないのを見て安心したのか、ともともさんもラントラを即打ちせず、周回しながらレベルを上げたい土地に近づくまで保持。

そしていよいよ、次のラウンドラントラを使おうかという局面になって、ようやくBardさんがともともさんのLv5スチームギアメテオを使用。

これでともともさんは大きく後退。


一方私はその頃、ウィザードアイで稼いだ資金で自力地変を多用してともともさんと同じ西エリアに風5連鎖を形成していた。

手札ラントラはあったけどBardさんのメテオ使用基準が見えないのでLv4を並べて様子を見ていたが、メテオがなくなった瞬間にLv5を作成。

ラントラからLv5を二つ作成して7000G到達。

その後数ラウンドの間に妨害を受けることもなく、まで歩いて帰って勝利。


最終戦中位卓で1位になったことで、総合順位は5位となりました。


総合順位

f:id:cardhero-bu:20091124060821j:image f:id:cardhero-bu:20091124060820j:image f:id:cardhero-bu:20091124060819j:image


賞品で何がもらえるかといったことより、優勝できなかったことが純粋に悔しい。


おまけ

この日の夕食は京都の四条河原町にあるスパゲティ屋「カルド」に行った。


f:id:cardhero-bu:20091124055118j:image

durantedurante 2009/11/24 10:32 おつかれさまでした!
1戦目であたった「まこす」です
デコイ交換でアンシーンを落としたのはぼくではなくて、はこさんだったと思います
そして、ラントラを1度割られたのがぼくです
読みやすいレポートありがとうございました!
また機会があれば対戦してください^^

masoppu3398masoppu3398 2009/11/24 20:02 先日はお疲れ様でした
当日の朝2時までへりとんさんとスパーやって
「よっしゃーゴザ対策はバッチリじゃー」とか思っていたら
それ以前のところで対策がなっていませんでした。

今後は前日の23時過ぎに参加を決めるという行き当たりばったりをせずに
事前に開催地を下調べしてから望もうと思います。
というか京大広すぎ

taki77taki77 2009/11/24 21:19 大会お疲れさまです。
先日は日記のコメント欄に大変失礼な書き込みをしまして、申し訳ありませんでした。
イノセンスさん、ならびに賞品提供者の方に深くお詫び申し上げます。
悪ノリが過ぎました。猛省してます。
確かに、自分が提供した品が他に流用されると知ったら気分悪いです。配慮がかけておりすみませんでした。
取り急ぎお詫びだけでも。

domovoidomovoi 2009/11/25 15:06 >京都の四条河原町にあるスパゲティ屋「カルド」
非常に京都に行きたくなりました
セプターの聖地となるのかもしれません

ゲスト