Hatena::Groupculdcept-ds

16bitsの日記

2008-09-28

カルドセプトを例えるなら・・・? 23:27

カルドセプトゲーム性を、他のものに置き換えて説明するのはとても難しいです。

以前、大宮ソフトデザイナーズノートにも書かれていたことなのですが、カルドはシミュレート重視のゲームでは無くて、ゲーム性主導型なのだとか。

http://www.omiyasoft.com/jnote02.html

しかし、カルドセプトに触れたことのない人にゲームを説明する(勧める)ことを考えると、何かに置き換えて説明できれば、こちらも相手も楽というものです。

マリオカートは「何でもアリのカーレース」ですし、ドラゴンクエストは「勇者が魔王を倒す物語」と、何かに例えることが出来ます。

ゲームにおけるストーリー(世界観)というのは、プレイヤーに興味を持たせるという狙いもありますが、ゲーム性を理解してもらうという目的もあります。

じゃあ、カルドをどうやって説明すれば、理解して貰えるんでしょうか。

「漫玉日記」で有名な漫画家の桜玉吉先生がカルドセプトで遊んでいたようなのですが、ここでのカルドの説明が秀逸です。

http://tenshi.org/contents/yuugen/yuugen1.htm

「端的に言えば、これはヤクザのシマ抗争だ。サイの目で着いたシマに構成員を配置すれば、そこに止まった別の組からショバ代を徴収できる。高額なショバ代が欲しいのなら、そのシマを地上げしておけばいい。一方、理不尽なショバ代を払いたくなければ抗争開始だ。ヒットマンを送り込んでタマを奪ればいい。そのシマは自分のモノになる。シマを守りたい時は、チンピラ風情に任せずにそれなりの構成員と置き換えるんだ。ただし、幹部クラスともなれば金もかかる。武器防具にも金がかかる」

「なるほど。ガトリングガンを装備した元傭兵の銀バッジは、トカレフを持ったチンピラ20人に匹敵するがコストが高いという訳だな」

これ以上にカルドのゲーム性をスマートに表現する方法があったでしょうか。

もし、何かうまい例えがあったら、ぜひ教えてください。

初めて触る人に、分かりやすく説明したいものです。

weatheringweathering2008/09/29 23:38僕もカルドセプトを全く知らない人に説明するのに苦労した覚えがあります。
「えーと、モノポリーって知ってます?」
「いや、知らない」
「…………」

全然知らない人に説明する時って、極めて短いセンテンスで語らないと飽きられちゃうこともあるので難しいですね。言葉を尽くしてゼロから説明すれば理解してもらえるかもしれないけれど、そこまで聞いてくれる人はそもそも半分以上興味がある人で、多少説明がまずくても聞いてくれる。

だけどカルドセプトを本当に広めよう、布教しようと考えるなら、ビシッとシンプルにまとめて数個のセンテンスで、喋りならば1〜2分、ウェブサイトならばスクロールせず読める程度で説明できないといけないのでしょうね。

桜玉吉の例はスマートで美しいと思います。これはいい。まあ、ちょっと別の方向に誤解されそうではありますが、こういうセンスは見習いたいものです。

KaichiKaichi2008/10/01 20:0816bitsさんこんちは!わたしも入部したよ。さっそくお邪魔しちゃうぜ。

>>ビシッとシンプルに

これ、どうでしょう。

>> 『カルドセプト』は、「運」の要素が勝ち負けを大きく左右するボードゲームに、考え抜かれた「戦略」がモノを言うトレーディングカードゲームの要素を加えた、ユニークなゲームシステムをもつ作品です。

プロモ映像の、YouTubeの方に書かれてるテキストです。ド直球。
あと、関係無いけど、わたしは桜玉吉と言えば「しあわせのかたち」しか思い浮かびません。w

16bits16bits2008/10/01 22:05>ウェザリングさん
私は、友人にカルドを教えるときには「ヤクザのシマ抗争」と説明すると、比較的すんなりと受け入れてもらえます。あとは、お試しのカードセットがあれば、ベストなんですけどねー。

>カイチさん
おお、こちらでブログを開いたのですね、おめでとうございます!
確かに「運」と「戦略」が絡み合うのは、カルド独特のゲームバランスですよね。コツコツと築いてきたものがカード1枚の引きによってガラガラと崩れるのを何度も見てきました。崩された方はたまったもんじゃありませんが。
これからもよろしくです。

れっつられっつら2008/10/02 00:10桜玉吉先生の話は知らなかったんですけど、
僕も友人にカルドを紹介するとき、ヤクザのシマで説明しましたw
リアルの何かをモチーフにすると、説明される側が楽なんでしょうね。
カタンもカルカソンヌも、Webの説明だけじゃ全然分からなかったですし。

今度やるボードゲームも、やれば簡単なんですよねw?

16bits16bits2008/10/04 00:46>れっつらさん
カルカソンヌは「タイルを揃える」ゲームですし、カタンは「資源をかき集める」ゲームですかね。
今度みんなで遊ぶのも簡単なゲームですよ。
ルールを把握するのには、そんなに時間はかかりません。
やりながら、覚えられますよ。