Hatena::Groupculdcept-ds

セプターなおなおのカルド雑記帳 このページをアンテナに追加

ログイン

2009-12-11

◆コミックバトンを書いてみた

| 15:50 | ◆コミックバトンを書いてみた - セプターなおなおのカルド雑記帳 を含むブックマーク はてなブックマーク - ◆コミックバトンを書いてみた - セプターなおなおのカルド雑記帳 ◆コミックバトンを書いてみた - セプターなおなおのカルド雑記帳 のブックマークコメント

無面目さんからまわってきたので書いてみます。

「思い入れのあるマンガ」は他の人に先に書かれると違う作品を挙げたくなりますね(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①持っているマンガの数

荒木飛呂彦関係 約100冊

魔夜峰央関係 約160冊

クトゥルー関係 約100冊

ガンダム関係 約50冊

アメコミ関係 約150冊

その他 約40冊

計600冊

もっとあるかと思ったけど、意外と少なかった~。

ガンダムエースが出たあたりからガンダム本を買うのを辞めちゃいました。

理由は、アウターガンダムやMジェネレーションの頃のマイナー感がコレクター心をくすぐっていたので、

ガンダム本がメジャー化して色んな作品が発表され、入手しやすくなったから・・・って我ながら天邪鬼な(笑)

アメコミを買わなくなったのは小学館プロから新刊が出なくなり、ジャイブから1冊3000円以上の値段で発行されるようになり、ついていけなくなったから。

(とかいいつつヘルボーイシリーズは集めてたり)

クトゥルー関係は絶版本が多くて、タウンページに載ってた名古屋市内の古本屋を1年かけてスクーターで全軒巡ったりしたなぁ。

やっと見つけたと思ったらプレミア付いちゃって1冊5000円になってたりとか・・・

まだ持ってない本があるので、それを探すのがライフワークになってます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

②今読んでいるマンガ

週刊誌はジャンプ(ワンピース、トリコ、バクマン)、サンデー(絶チル、金剛番長、ケンイチ)、チャンピオン(バキ)、マガジン(一歩)。

ちなみに立ち読み(笑)

育児マンガ雑誌のすくすくパラダイスはずっと買ってたけど、最近内容と値段が釣り合わなくなってきたのでそろそろ買うのやめようかと・・・

単行本ではスティールボールランとパタリロ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

③思い入れのあるマンガ5作

クトゥルーもので挙げようと思ってた「栞と紙魚子シリーズ」と「邪神伝説シリーズ」は、無面目さんとほにほにさんに先に書かれてしまったなぁ。

思い入れがあって一般の人にお薦めできる作品って、この2作品のどっちかだったんですよね(^▽^;

西川魯介の昇天コマンド(ワニマガジン)はパロディーものとして秀逸だけど、エロマンガだから・・・(いやむしろ書くべき?(笑))

というわけで以下の5作品を挙げてみます。


・親バカ日誌(魔夜峰央著)

親バカ日誌 (JETS COMICS (280))

親バカ日誌 (JETS COMICS (280))

パタリロの魔夜峰央による育児日記。魔夜作品の中で一般の人に薦められる数少ない本です(笑)

現在4巻出てるけど(親バカ日誌、親バカの壁、親バカ輪舞、親バカの品格)、一番最初の親バカ日誌が一番面白いです。

普段の作風(過激で強引なギャグで笑いをとる手法)とは一味違う、子供たちのおかしな言動にずっこけながら突っ込みを入れるという作風は魔夜ファンとして新鮮でした。

魔夜作品を読んだことがない人に特にお薦めしたいです!


・うちの3姉妹(松本ぷりっつ著)

うちの3姉妹 1

うちの3姉妹 1

育児コミックつながりでこれを。

ブログがベースのコミックエッセイだけど、4コマ本も発売されてるし、扱い的にはコミックってことでひとつ・・・

3姉妹のそれぞれのキャラが個性的で、母親である作者の絶妙なツッコミとあいまってノンフィクションとは思えないマンガ的な世界を繰り広げています。

笑える育児コミックが好きな人には特にお薦めです。

見始めてからかれこれ4年以上になるので、親戚の子の成長を見ている気分になってます(笑)

現在もブログは更新中→http://ameblo.jp/3shimai/


・ウォッチメン

アメコミといえばスポーンやX-M、バットマンetcのスタイリッシュで派手な誌面の作品が一般的ですが、ちょっと毛色の違う作品を紹介したいと思います。

アラン・ムーア原作のアメコミです。こないだ映画化されましたね。(未見ですが)

アメコミの歴史を変えたとまで評される名作です。

・・・だめだ、何度も文章を書き直して「ここがすごい」という点を書こうとしたんだけど、簡潔にまとまらない・・・

重くて暗くて先の展開が読めなくて1ページあたりの情報量がすごくて登場人物たちの胡散臭さがたまらなくて、とにかくアメコミ好きなら必読書です。


・ウェポンX

アメコミからもう一冊。Xメンのウルヴァリンの過去が描かれた作品です。

こないだ公開された映画版とは全然ストーリーは違います。

この作品のウルヴァリンはコスチュームを着たヒーローではなく、人間兵器の実験体として終始目はうつろ、一言も喋りません。

人扱いすらされず、ひたすら非人道的な実験が繰り返される描写が続きます。

初めて読んだ時、これまでの渋くてカッコいいウルヴァリンとのギャップで強烈に印象に残り、内容的にも異色でアメコミ好きなら押さえておいてほしい一冊です。


・鈴木先生(武富健治著)

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

このマンガの魅力を文章で説明するのは難しいのですが、頑張ります。

『中学校の教師である鈴木先生が生徒たちに起こる些細で重大な事件の数々を、誠実的に且つ情熱的に対応していく姿を描いた作品』(Wikiより)

うん、まったくもって正しい作品解説だけど、これだけだと作品の魅力は伝わらないよね(笑)

この作品の魅力は、赤裸々な本音をぶつけ合って問題を解決する過程を丁寧かつ、抜群の説得力をもって丹念に描写する・・・

というところにあるように思います。

「給食の時間に汚い単語を大声で言うようになった男子生徒」の話が、あそこまで論理的な議論に発展して解決に導かれるとは思いませんでした。

問題児じゃない生徒に焦点を当てた話も考えさせられるものがありましたね。

実はこの本を最初見た時絵柄やタイトルからスルーしてたけど、暇だったので1話だけ読んでみたらあまりの面白さに一気に全巻読んでしまいました。

もし読む機会があったら、絶対に読んでほしい作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バトンをまわす先はミレイアさん(id:selenite)にしておこう。

意外と濃い作品が出てくる気がします(笑)

cuthulurivercuthuluriver2009/12/12 11:47さすがジャンルが偏ってらっしゃるw アメコミにも詳しいんですね〜。
ウォッチメンと鈴木先生が気になったので、また読んでみようと思います。
クトゥルー関係の漫画って100冊以上もでてるのか〜。なおなおさんのリスト見て僕も集めてみようかな。
西川魯介の昇天コマンド、凄く気になります・・・。

cepter_naonaocepter_naonao2009/12/14 09:59あずまんが大王とか寄生獣とかメジャーなタイトルもあったんですが、
他の人が紹介済みだったので避けていったら最後はマニアックな作品になりました(^▽^;
ウォッチメンは今読み返しているところです。結末が分かっているのに面白い。
昇天コマンドは矢野健太郎の邪神伝説シリーズと併せておススメですよ!
鈴木先生は相性があるので、まずは漫喫かBOOKOFFでお試しくださいな~。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/cepter_naonao/20091211