カルドのスヴニール達

2008-11-02

無属性+オルメクヘッドの晒し

23:49

さんの助言で大きく形を変えたジーニーブック。第2回対戦会を直前にブックもう一つ用意した方がよくね?と思い、ジーニーを参考に急造したブックです。

無属性+顔」 written by スヴニール
Creature18Item8Spell24
アンシーン3クレイモア2グロースボディ3
デコイ2グレムリンアムル2コラプション1
ヘッジホッグ4ハンドカフス3チャリティ2
オルメクヘッド2フュージョン1パーミッション3
ガーゴイル1ファンタズム2
ケルベロス2ホープ3
バジリスク1ホーリーワードX3
マミー3マナ3
ランドトランス2
リバイバル1
リンカネーション1
対戦会をしながら若干の調整を加えておりました。当初はグロースボディによる強化を前提としていた為、ラントラは入って折らず、アイテムもソウルポッドを3枚入れてました。ジーニーとの一番の違いはそこですね。

成長させるがゆえにラントラ要因ではなく、純粋な拠点としての起用。

しかしながら、オルメクヘッド防御型ゆえに移動侵略HPを増やす事もできないし、戦闘の回数なんてたかが知れてます。

師匠とも呼べるさんにも、「ソウルポッドとグロースボディは片方だけで良いかも」との助言を受けた為、手札を圧迫しにくいグロースボディを採用。ソウルポッドはリストラされました。

その時、さんに、「今回のブックは中々良く組めてると思うよ」って言ってもらえました!

ジーニーの地盤があったとはいえ、非常にうれしかったです!!!

ラントラを採用した理由は僕のプレイスタイルとあっているからですね。

どうも現金輸送に近い形になるので、いっきにレベルを上げてラントラ。さらに上げて達成させる。ってパターンが戦いやすいです。

そのくせ、ドレインマジック対策はしてませんw

また、ジーニーと同じ用に、無効・反射を主としている為、土地色は余り気になりません。

オルメクヘッドジーニーより安く、配置条件もないので、地に拘らない戦術はジーニーよりしやすいです。

無属性+ジーニーの晒し

23:21

さんに2度ほどアドバイスを頂き、やっとこさ戦えるブックになりました。

さんに感謝。

無属性+ジーニー」 written by スヴニール
Creature18Item8Spell24
アンシーン4クレイモア1ウェザリング1
デコイ2グレムリンアムル2チャリティ2
ニンジャ2ハンドカフス3テレキネシス1
ヘッジホッグ4フュージョン2ドレインマジック1
ジーニー2パーミッション3
スペクター2ファンタズム2
モスマン2ホープ3
ホーリーワードX4
マナ3
ランドトランス2
リバイバル1
リンカネーション1

元々はジーニーすげ!!!!!!ってことで作ってみたブックです。最初は風単色に近いブックでしたが、さんの「ジーニー巻物に弱いから、他のクリーチャー巻物に弱いだけってクリーチャーにしたらいいんじゃない?」という助言を受けて、アンシーンヘッジホッグを大量投入。風属性クリーチャーはどんどんリストラされていきました。

だいぶ調整された後、再びさんの助言、「ばら撒き無属性だからモスマン入れたら火力補強できると思うよ」って事でモスマン投入。モスマンブックぽくなるのが嫌で避けてたんですが、実際使ってみると、自分のプレイスタイルのせいかあまりモスマンブックぽさは出ず。

ジーニーすげ!!!!!のコンセプトで始まったこのブックは今はジーニーラントラ要因。

ヘッジホッグアンシーン連鎖を稼ぎ、ジーニーレベルを上げてラントラ

ファンタズムの掛かっているヘッジホッグアンシーンレベルを上げてまでダッシュというブックに変化しました。

活躍の仕方は変わったものの、ジーニーブックの主要カードなので、ジーニーを使いたいと言う欲望は満たされています。

このブックの最大の特徴は、ジーニースペクターウェザリングをちらつかせる事によって風ブックだと思わせる所にあります。

実際、ジーニー及び無属性による無効化反射が主体なので、ジーニー配置できる水でもOKなのです。

ま、水に切り替えると時間が掛かるので、あくまで風を確保できなかった時の予備的技ですがね。

第2回対戦会決勝

22:58

第2回対戦会の決勝に進出しました。

まさか・・・ですよ・・・

さて、記憶はあいまいながら、決勝戦の様子を・・・

使用ブック

EGAさん:地ブック

自分 :地ブック

さん :スペルブック

なきくさん:地ブック


はい、まさかの3人被りです。

序盤、EGAさんは事故って中々クリーチャーを置けず苦労していました。

さんはいつもの如く護符を買い漁りながら周回を重ね、なきくさんは順調にクリーチャー配置

自分はといえば・・・最初にマミーを地において以降、地の土地に止まれず、変なところにクリーチャーをばら撒いてました。

そんな中、クリーチャー配置地形変化が上手く行っていた、なきくさんが一人抜け出します。

これはいかんとばかりに3人でなきくさんを集中砲火ですw

自分は連鎖を減らすべく、レベル2のバロンの隣にバジリスク配置

高額土地踏みながらもバジリスクで3度攻めましたよ。1度は無効化されたものの2度は攻撃成功しました!!

でも、即死発動せず・・・

自分がアホな事をしている中、EGAさんはレベル1の土地を奪って連鎖を減らしたりさんは地形変化スペル連鎖を減らしたりで、なきくさんの総魔力はがた落ち。

その時点で地で置き負けている自分は、地土地を諦めて水土地の確保へ方向転換。

他の3人にばれないように連鎖を増やしつつ、水護符の購入のタイミングを見計らいます。

なきくさんは領地を3つまで減らされたにも関わらず、さんへのメタクリーチャーバロン領地を5レベルまで上げて再び1位へ躍り出ます。

レベル5の土地はまずいとまたもなきくさんが狙われます。

EGAさんが移動侵略バロンHPを削った所にさんのイビルブラストが炸裂!

ついになきくさんは壊滅状態に・・・

自分はと言うと・・・手が出せずにひたすら地を固めておりましたw

イビルブラスト破壊された土地にEGAさんのアンバーモスが移動。

(破壊された後にヘイストで8が出ていればなきくさんが再びレベル5の土地を取れていたのですが)

一気にEGAさんの総魔力が膨れ上がります。

今度はEGAさんを必死に落とそうとするさんとなきくさん。

特に、さんは地形変化スペルを駆使し、7000を超えた魔力を5000代まで落とします。

自分はと言うと・・・手が出せずにひたすら地を固めておりましたw

EGAさんがもう一周を覚悟した時、ついになきくさんがレベル5の土地に捕まってしまいます。

成すすべなく魔力を支払ったなきくさんは枯渇してしまいます。

自分はやっとこさ水が4連鎖になり、護符も40枚買い、準備が出来たので、EGAさんの二つ先の領地レベル4に上げます。

当然のようにスルーしたEGAさんはに到着。決着が付きました。


最後のレベルアップのお陰で2位になったとは言え、正直何もしてない・・・。

最終的に枯渇してしまい、ビリだったとはいえ、なきくさんは上手かったです。

自分には理解できないくらいの早さで連鎖を組み、レベルを上げていきます。

さんさえ居なければ、なきくさんの独走態勢に入ってもおかしくなかったと思います。

EGAさんも、侵略防御、妨害と非常にバランスの取れている、強いブックでした。

さんは今対戦会を通してずっとスペルによる場の平坦化、盛り上げ役でした。

スペルの使い方が上手く、普通に戦ったらかなり強いと思います。

予選一位通過にも関わらず、決勝戦はなんとも情けない戦いでした・・・

精進します!

次の日記に対戦会で使用した2つのブックを晒してみようと思います。

ご指摘等ありましたら、よろしくお願いします。

第2回対戦会真っ最中

11:45

第2回の対戦会予選の待ち中にちまちま書きましたよ。

対戦会用のブックを一つしか組んでなかったので

寝る前にもう一つ作っておくか・・・と急造したブックが通用するものかどうか・・・

どうにもブックを作ると中途半端なネタに走ってしまい、

かなりの調整を加えないと使えるブックに育たないんですよね~;;



さて、それはそれとしてこれからの日記は自分なりのカード考察みたいなのを書こうと思ってます。

僕の偏見が入ってる考察になると思うんで、部内のカード解説には書きません><


適当に書いていくとどのカードを書いたか分からなくなるんで、端から攻めて行こうと思います。

記念すべき1枚目は「Gクローラー」ですね。

=========================

属性無属性

種族獣族

ステータス :ST30 HP40

コスト :30G

アイテム制限巻物不可

配置制限 :なし

能力即死植物族

==========================

ステータスだけで言うならば、普通ですね。

同ステータスにはアームドギアスケルトンホブゴブリンリザードマンパン等、普通なステータスだけあって、多いです。

リザードマンパンと比べるとコストが安いのは無属性の特徴ですね。


このクリーチャーの最大の特徴は能力即死です。

しかし、植物族は数が少なく、注意すべきクリーチャーオールドウィロウアヌビアスくらいなもの。

また、即死系全般に言える事ですが、無効化されたら発動しません。

とは言え、足止めとして有名すぎるオールドウィロウや脅威のHPになる事もあるアヌビアスを100%即死出来るので、ブックに組み込む価値はあるかと・・・。


個人的には余り使いません。そもそも今のところ即死系は全然使ってないのです。





でわでわ、対戦会頑張って参ります!

Akitsuki_DSAkitsuki_DS2008/11/02 20:24はじめまして。カード解説作業お疲れ様です。
事後報告になってしまうのですが、
ヒドラの解説について竜族だから防具が使えないという旨の記述をされておられましたが、
今作では、種族とアイテム使用制限は切り離されていますので
(竜族でも、ドラゴエイビス、ドラゴノイド、ファイアドレイク、ギルドラプターは使用可能です)
混乱が生じないように、竜族だからという記述部分のみを削除させていただきました。

お互い、解説が埋めきれるよう、がんばっていきましょう。