Hatena::Groupculdcept-ds

マッドクラウンと楽しい仲間たち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-20

今日の教訓

02:11 | 今日の教訓 - マッドクラウンと楽しい仲間たち を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日の教訓 - マッドクラウンと楽しい仲間たち 今日の教訓 - マッドクラウンと楽しい仲間たち のブックマークコメント

Lv上げに必要な魔力を覚えておくこと

当たり前のことなんだけど忘れる。BUGに限って言えば上げのパターンはさほど別れない。

一番多いのはL1->L4。理由は明白だが2つある。1.地変スペル他の対象にならず干渉可能性が相当下がる。2.護符価値向上により買いを抑制しコラプリスクが相対的に下がる。この上げは覚えやすい。無属性地はL1価値が100GでありL4価値が800Gであるので700Gの増資。安い外周部は8割掛けで560G。100Gの方が計算しやすいのでそちらを覚えておけば大丈夫。

次に多いのがL1->L2->L4。じわじわ上げだがこれはこれで結構便利。L2踏みは絶対殺すという程ではないので見逃してくれることも結構あり、そこそこいいお小遣いになる。仮に落とされたとしてもクリ代と1上げ代なのでそれ自体はさほど痛くない。連鎖効果の減は勿論辛いけど持ち出しは少ない。L1->L2は100G土地で100G。L2->L4で600G。安い土地は8掛け。さっき書き忘れたけど無属性地変を最初にかける関係で+100Gなのでその意味ではこちらの侵略召し上げの方が辛い。

ちなみにL3だがこれは普通はあまり作らない。魔力がかかる割に地変して奪われると勿体ない事になる。

L4の異属性侵略陥落は確かに辛いが自力地変するのはリスクも大きいため大抵は塩漬け。よくてラントラ対象であり、遅延以上の意味はあまり持たない。従って、代替要員で高STを控えておけば早期であればリカバーしやすい。

当たり前すぎることぐたぐた書くな?知らん。ここはあたいのスペースだからね。とにかく聖堂使うなり寸前にマナ使うなりの時意味ある手持ちの持ち方にはここら辺は知っていないと駄目、絶対。

メタもいいけど手持ちで何が出来るか考えておく

メタは回転する。だから、絶対に強い組み合わせというのは無い。でも、汎用ブックを作ればある程度どの局面にも対応できる。初期段階で敵ブック特性を読んで自分のブックで保持すべきカード、いずれ引くキーカードを意識する必要がある。

実はこの部分すごく自分は苦手。相手が何であろうと自分が野放し状態のプレイをしたがる傾向がある。しかし、それは最初はよくても必ずひどいことになる。わかっているなら対処すればそこそこ戦えるものをみすみす見逃すのは相当な大損になる。

護符買いあわてない

何故か別エリア護符を馬鹿買いして「あるぇー?何で増えないのー?」とアホ丸出しの反応をして失笑を買います。釣られてマネしてはいけません。

無論上げ前に買いたいのは人情であり戦術的に正しいのだけれど、せめてエリア属性は確かめよう。護符の1-2枚で勝負結果が変わるシビアなプレイをしているなら買いも慎重になるけれど、それ以前のところでつまづくのは論外。orz

敵のブック戦闘時にガン見するのも手

自分の手札すら忘れる訳なので敵の手札をや(反語)。そこでいい手の一つに戦闘中のチェック。ここをノータイムで出来る相手だったら、相当相手が悪いので溜息つくように。大抵の人はお互いのHPSTを見ながら一生懸命戦闘計画を立てるのでその間第三者は手札チェックタイム。よーく見ておくこと。

次に空侵略というのが良い手。アイテム使わないと死なないようなクリで侵略して何を持っているか様子をみる。勿論自分の失っては困る土地のクリは使わない。前もって意識しているなら自分はノータイムで出来るし、、そもそも自分の手は既に周囲の認知済みと覚悟した方が賢明。あくまで防御側手札チェックのためで、自分の手札はゆーっくり曝してもさほど問題はない。

とあれこれ

思い出しつつ書いてみた。

tendon-blocktendon-block2009/02/20 08:17やっぱいざって時アイテムわからんとしむ

Yuki-a-MASYuki-a-MAS2009/02/20 12:02手札覚えられない場合は、
侵略しないブックというのも一つの手…
っていうのは消極的過ぎますか。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/dacs/20090220