Hatena::Groupculdcept-ds

マッドクラウンと楽しい仲間たち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-05

わかばクラス

09:56 | わかばクラス - マッドクラウンと楽しい仲間たち を含むブックマーク はてなブックマーク - わかばクラス - マッドクラウンと楽しい仲間たち わかばクラス - マッドクラウンと楽しい仲間たち のブックマークコメント

ドモボーイさんが言っていた初級者への配慮というのも確かにあるのかなあという気もしてきた。自分は正直勝ったり負けたりで強者とはとても言えないし、格別弱いとも認識していない。場の流れ次第で強者を叩き殺す展開もそこそこあるし…*1、MAP攻略で達成イメージがつきやすくなってきたので一段階上がった実感つかめてきた。

なんでこんなことを書くかといえば、2009-04-03 - メテオスのチラ裏 - DS セプト部を読んだから。ここで感じたことは2点。

  1. 強弱の明示が必ずしもよいこととは言えない
  2. 誰しも勝敗に執着しているとは限らない

あくまで順位がつくゲームなので結果は大事だし、それが楽しいからやってるという面もある一方で、それでやる気をなくすこともある。そこは勝者の観点だけで語っても通じないので悩ましいです。

気を遣うというのとも何か違う。ST対戦会といったランク付けはそれはそれで重要として、それ以外の楽しみとか遊び方も用意しておきたい。それはSTとかと参加者を分けちゃう壁じゃなくて一緒に楽しめる何か。壁にしちゃうとね、結局ゲーム出来なくなってつまんないから、「気楽に参加できて参加して楽しかったなー。またもっとやりたいなー」ってなる何かが欲しい。自分も妙案がないので何か何かって言ってるだけなのがアレだけどねー。

コミュ戦後

09:38 | コミュ戦後 - マッドクラウンと楽しい仲間たち を含むブックマーク はてなブックマーク - コミュ戦後 - マッドクラウンと楽しい仲間たち コミュ戦後 - マッドクラウンと楽しい仲間たち のブックマークコメント

3戦ほどした。

EC5戦目

規定戦数は完了させたかったので、ダイジさん、えっくすさんと対戦。序中盤先行出来たのだけど、ダイジさんの羊が二回決められてまくりが入る。ああ、相乗りしておきゃ良かった。終盤かなりお通夜気味になったが、そこはそれ一応残りカードが頭にあったのでポンポンと連鎖あげペカリまでは追い付いた。三ペカリ。ただ、仕掛けが遅過ぎたのでえっくすさんゴール。

負けたけどそこそこ流れをつかめて楽しかった。

ランダムMAP

えびさん(火)、kasupiさん(地)、たかさきさん(火)でランダム。何が出るかと思ったら、アリーナ4だった。汎用ブックだったけどパーミ4だよ。つかえねー。それは他の人も同じだったようだけど。kasupiさんが地で早々にノームL4作成。踏んだら根こそぎふんだくる気満々の姿勢。足だけはふんだんにあるんだけど主戦力がモスマンだったのでありゃきつい。仕方なく無をばらまいてST上げに特化。一方火もST上げに余念が無い。たかさきさんがエルダー拠点作成。あそこはモスマン成長すれば食える筈なので踏んでも問題なし*2

しかし、中盤転送島流しにかかり帰ってこれない。島流しは安全が確保されるけど周回ボーナス無いからジリ貧。リコール欲しい。せめてショップに止めさせてくれー。戻ったころには高額だらけ。仕方ないので自分もヘッジホッグやらジーニーやらで拠点作成。

kasupiさんはL5を二つ作り最早終了体制で時計周り。そこでDACL4踏む。有難う。更にそのあと律儀にたかさきさんとえびさんの高額も踏んで回る。特にえびさんのとこの踏みはkasupiさんには悪いけど爆笑した。一人負け気味のえびさんが渾身のマナで上げたL4。kasupiさんは一歩手前。12.5%だけど、えびさんが「踏め!」と叫んだ直後のダイス「1」。何故かえびさんとDACカードっていつもこういう笑いの神が下りてくる展開になるんだよ。

結果から言うと自分が上げ上げしたところを踏んでもらってイサークイーンをL5化して達成勝利。ちなみに全員手持ちマナ4桁。2000Gとか平気であったな。ドレマジも場にあったけど、なんていうかバブル経済過ぎてドレマジすらかすむ酷い状態。

BUG

かよさん、ioriさん、こっきゅんたんが何かやろうって言ってたのでAI代わりに参加。色々あったけどのびのびやらせてもらえたのでスッキリ勝利。ioriさんの虫にディスコードが刺さったのが気持ち良かった。あのスペルもろ刃の剣なんだけど、ときどきとっても助かるんだよね。比較的攻めにくい配置にも出来たので結構満足。

とはいえ、他の人の事故りとか干渉があった中での逃げ切り達成だから結構運。もっともっと確実性高めたいねー。

コミュニティ対抗戦

09:09 | コミュニティ対抗戦 - マッドクラウンと楽しい仲間たち を含むブックマーク はてなブックマーク - コミュニティ対抗戦 - マッドクラウンと楽しい仲間たち コミュニティ対抗戦 - マッドクラウンと楽しい仲間たち のブックマークコメント

謝辞

SAECOさん、有難うございました。運営&参加者ということでとても大変だったでしょうけれど、お陰様でとっても楽しかったです。

ST道場)と部室という大枠の括りができて、フリー対戦数も減って寂しいなあと思っていた矢先で、燃料を入れてもらえた感じ。そして、作った当初だけ盛り上がって忘れられていったコミュニティという仕切りを上手く使ったセンスに脱帽。

結果

試合内容

火を使用される公算が高い踏みMAP。無防衛を使ったのはひとえに余り属性だったからに他ならない。不安定だけどスワップアンシーンジェム、サキュバスリングがあれば何とかなるや…という安易ぶり。

想定通り、ioriさん(KFC)火防衛、たかさきさん(不思議のぴぃたん)火侵略の火かぶり。基本的に火は高STである一方スペルが薄く巻物フュージョン等無効系へ干渉しにくいから、食い合いしてる間に無効系を上げてしまえば良いと考えていた。

結論から言えば大間違い。火防衛にはチャームがある。手札にあるうちにスクイーズで握りつぶせば問題ないと思っていたマリオもつぶし損ねる。

それ以上に問題だったのは無のくせに置き負けしてろくに連鎖出来ないという厳しい状況があった。火の二人は序盤からウィビル置きまくり(かぶると非常に使える)。ウィビルが機能するとヘッジホッグはまずい。うちの数少ない拠点候補なので仕方なく北地に置くも、これはioriさんんおチャリオットマリオで死ぬ。くそう、SAECOブックでも侵略干渉上手いなあ。困った困った。

しかし、この時点では自分はチャームの致命的な危険性を認識していない。まだ、アンシーンヘッジホッグ拠点で虫、ドレイクがションボリの構図しか頭に無かった。でも、こうもST高いならドレイク欲しいよねってんでたかさきさんのを貰う。アンシーンあげるからね。

さてさて、中盤あたりで火の二人は火地を上げる。そろそろ何か仕掛けたいなあと思っていたところ、ioriさんの虫L3を踏む機会がある。「に食われて死ねや、この虫ころが」とサキュバスリング。はい、どうにもなりません。ごめんなさい。サキュバスリング基本ST0にするけれど能力分は残る。能力生存の上終了発動(触れるかどうか無関係)のため、虫能力分でオーバーキル。ドカーン。お金がお金が。

ドレマジが無いので安心して現金輸送が出来るものの投資先に困る。たかさきさんが真ん中無属を火地にしてアンシーン高額を作っていたところioriさんのチャーム。あばばば。そのうえマリオあちこち健在。ようやく状況のやばさに気づいて暗澹とした気分になる。とにかく踏まずに終盤あたりに一気に増資して踏まないことを祈るくらいしか。なんという負け犬思考!と我ながら思ったけど仕方ない。

結果、実質ioriさんとたかさきさんの戦いになり自分は火事場泥棒で真ん中を取って終了。終わってから、部室でジャンクで無はねえよと色んな人から指摘されしょんぼり。うーうー。

とはいえ

他力本願だけど、そこそこの成績を残して地雷職人の面目はたったし楽しかったからおkおk。正直なとこ、職人練習あまりできませんでした。序盤のコミュ設立合戦の頃はおそらくいのいちばんに専用チャットを作りブック検証を行ったんだけど、そこで力尽きた><。

スパーもなかなか都合が合わないし、メンバー都合も色々あったり。担当MAPとBookが決まったのは4/3の23:00くらいという体たらくであった。(^^;;kasupiさんが大将戦という以外は自由。結局4人だったので、2戦する人はじゃんけんで決めることになり、いちさんに。実際いちさん頑張ってくれて、本当に有難うですよ。

それぞれにベストを尽くしたし、この機会を楽しめたし、良かった。この相当緩い超放置コミュ枠も個人的には合ってたし。kasupiさん、いちさん、なるとさん有難うでした。都合がつかなくなってしまったけどスパー、考察に尽力いただいたこたつさん、タカシさんありがとう。いいチームでしたし、これからもよろしくね。

*1:こういう運発言を臆面もなくするとこが強者になりえないとこですが(^^;;

*2:こういう思い込みがあとでひどいことになるんだけど

ichi456ichi4562009/04/05 09:43お疲れ様でした。
もうちょっといいアドバイスができればよかったんですが
自分も対戦だったもので・・・
そうならないようにスパーをもうちょいやっとけばよかったかな。
このあたりは次に生かしましょ~

KasupiKasupi2009/04/06 22:13遅くなりましたが、お疲れさまでした。
DACさんと一緒に戦えて楽しかったです。
次にやることがあればまたよろしくお願いしますね。
こんどはリベンジしてやりましょう。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/dacs/20090405