Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2008-11-29

戦略)またJUNCTIONのはなし

01:54

 そろそろWiFi予選が始まりますよー、ということでJUNCTION研究のため霜月杯後の4日間はランキングでいろんなタイプブックをぶん回していました。走り、焼き、ライフォ、動物、キノコ、etc... 勝敗は度外視、と自分に言い訳しながらメタクソに負けまくりました。これでいこう、というブックの形はやや見えてきた気がします。以下この4日間で気づいたことをメモ。

◎ 序盤の資金繰りカギ  拠点の落とし合いになるので高コストクリーチャーが多くなりがちなうえが遠い。迂闊なバラマキ侵略をすると手持ち資金が尽きて置き負けヘタをすると再起不能なほど出遅れる。手持ち魔力と今後引くであろうクリーチャーを計算しつつムダな動きは避ける。

◎ 落ちないだろう、は危険  ややマップが狭く踏みゲー化するので拠点攻略や他セプター干渉系のカードが多めに積まれる。広めのマップだとまず落ちないようなクリーチャーも危険。ほぼ全員が巻物強打即死スペル殺を狙ってくるとみていい。速攻以外で高額領地を作るならミューテーションやランドプロテクションなどで補強したいところ。特に序盤でレベル3以上に上げるなら「まず落ちない」というレベルが欲しい。

◎ 目立たない  前項とほぼ同じ理由。序盤から目を付けられると拠点侵略やマイナス呪いがガンガン飛んできて、連鎖がズタズタにされる。酷いときは水たまりに落ちた犬を叩くがごとく最下位に落ちてもなお目の敵にされる。連鎖高額領地造成をあまり早期にやりすぎないように。また焼きやキノコなど極端なブックの採用は慎重に。

 特に最後の「目立たない」というのは難しく、セプターによってはトラウマがあるのかカードレベルで「危険認定」をして執拗に狙ってくる。目の敵にされやすい可哀想な子たちをご紹介します。

アンシーンデコイ…危険な場所にいなくても「とりあえず」で焼かれる。

フレイムウィビル…出た瞬間親の敵のように狙われる。

アンダインシムルグ能力上仕方がないがスペルの標的に。

ジーニー…最近はバインドミストで涙目になるケースが散見。

ケルピーオールドウィロウ…入れてる人あまり見ないなあ。

バジリスクスミスの材料に。

フュージョン…トラウマがある人が多く「とりあえず」で割られる。

グレムリンアムルリフォーム対象No.1

 逆に能力の割に狙われにくいのは以下のカード。奥さんお買い得ですよ!

シーフミューテーションボージェスなら「まず落ちない」。

アヌビアス…序盤に喧嘩を売られると困るはずなのだが何故か狙われない。

スプライト…10Gだが以外と攻めづらい。ライフジェムで特攻も可。

ヌエ応援効果が忘れられやすいうえ狙われづらい。命拾いすること多。

ウィルス領地の取り合いに持ち込みたいからか見逃される。

チャーム…強力だが割られない。ブラッドスポイルと絵柄が紛らわしい。

 さて明日はブックを練り練りしますかね・・・。経験不足からかまだまだプレイングが甘いのでなるべくブック構築で補いたいものです。

hiro-eitherhiro-either2008/11/30 19:05実際にやってみた結果をふまえての考察が一番ありがたいですな。
ねらわれやすい子&ねらわれにくい子は大いに納得。
つ★