Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2008-12-11

戦略)いわゆる「ドロー系」スペルのはなし

22:30

 私がカルドセプトを始めてそろそろ2ヶ月。最初のうちはブックを組んでみても、いざ戦ってみるまでどういう展開になるか全く予想がつきませんでした。いまはなんとなく(あくまで、なんとなく)こう回るんだろうなあ、というのが少し見えるようになっています。

 一番変わったのは、いわゆる「ドロー系」スペルに対する考え方です。先人の攻略サイトなどで「ブック圧縮こそが勝利への近道!」「30Rで一周してナンボですよ旦那!」「圧縮しないのが許されるのは小学生までだよねー」(意訳)という説明を読み、なるほどそんなもんですか、と思いつつホープリンカネーションを大量投入してきましたが、必ずしもそんなことは無いということを体験から学びました。

 結論から言うと私はドロースペルの割合をかなり減らし、それによって勝率は以前より安定しています。何の考えも無いブック圧縮はほとんど意味がないということを、私はあえて申し上げたい!(圧縮に意味が無いというのではありません。初心者が理屈もわからず圧縮すると余計酷いことになるという警鐘です)

 そもそもドロースペルの役割とは何でしょうか?

(1)手札の数を増やす

(2)手札を入れ替えて「事故」状態から立ち直る

(3)ブックを進めて目的のカードを引きやすくする

 大まかにいうとこの3つに大別できます。

 (1)の役割は私もよく理解するところです。スペルアイテムも手持ちにせずにうろうろするほど怖いことは無いですから、出来ればホープチャリティで5−6枚の状態をキープしたいところです。ですが、それを踏まえたうえで「適量はある」と思います。よく見かける光景ですが、チャリティを使って4枚引いたところホープチャリティがザクザク出てきて何ともいえない空気が漂うことがあります。運が悪いケースも中にはあるでしょうが大半は「入れ過ぎ」です(断言)。よほど特殊な事情が無い限りはホープチャリティ、合わせてせいぜい2−3枚が適量ではないでしょうか。それ以上入れてて「ブックの回りが悪い」という人はおそらくそれが原因です。

 余談ですが私はチャリティよりホープの方が高性能だと思いますね。チャリティコストパフォーマンスホープを超えるのは3−4位のときですが3−4枚のドローは過剰なことが多くディスカードしがち。逃げ切るために足スペルアイテムがほしい時でもコンスタントに2枚を引けるホープの方が頼りになる局面が多いです。

 (2)も理解できます。特に開始時点でクリーチャーが無い場合はリンカネーションで立ち直りたいところ。私もキノコブックを使うときには早めに出動願うためリンカネーションを2枚差します。

 だが(3)はどうか。私の意見は「ほとんど意味が無い」です。確かにブック圧縮すればキーカードは山札に埋もれたままにはなりません。でも、そのカードを使いたいときに引けるかは全く別問題。序盤に悲しくテレキネシスランドトランスが出現するのはどうしても避けられないのです。圧縮したからと言って100%「使える」訳ではありません。そして(3)のメーンとして使われるリンカネーションはご存知の通り諸刃の剣。70Gと安くはないし虎の子のアイテムスペルを抱えている状況では使うに使えない。2枚セットで効力を発揮するケース(カタストロフィ×2や、サキュバスリングなど)も、リンカ回しだと揃えにくいことこの上ありません。腐らせてディスカードするくらいならマナの一枚でも積んどけばよかったのにね?

 (3)がどうしても必要なブックも当然あるでしょう。フレイムウィビル増殖とか。だけど大半は「一周したから何なんだ」というブックのはず。どうせ使わないリンカネーションチャリティを入れるくらいならバラマキクリーチャー収入スペルを入れてみませんか?キーカードにこだわってガチガチに戦うより魔力はスイスイ伸びるんじゃないかなあ。

 ドロースペルはあくまで「補助」。補助無しで勝てるのが強いブックなのだと思いながら、いまはブックを組み立てるようにしています。

雑談)WiFi予選中間発表のはなし

21:25

 お待ちかねのWiFi予選中間発表。勝率は8割弱がボーダーになりそうですね、とまあそれはいいとして、、、トップが4010ポイントぉお? 予選開始から10日あまりしか経ってないので、単純計算で一日平均400pt。1−2位をコンスタントに取れる実力でも一日10戦くらいは最低限必要でしょう。想像を遥かに超える世界にぶったまげました。羽場愛里さん、、、恐ろしい子、、、

 私は現在2勝3敗ですから、まあ6連勝できても厳しいかというところ。とりあえずは十番勝負完走で勝率5割を目指しますか! それくらい勝てるようになれば、とりあえず中級者風を吹かせてもサマになると思うんですよねw

2008-12-07

カード)バロン様のはなし

02:09

 WiFi予選五戦目。踏ませを強く意識した地単周回+現金収入ブック侵略は一切放棄して優秀なバラマキクリーチャーを設置しまくり、マナウィザードアイグースで収入→高額領地早期造成で25R程度でケリを付ける戦略です。

 ところが、テンペ焼きやアースシェイカー使いなどかなりクセの強いセプターが相手。プラン通り21Rで7000Gを超えるもテンペ焼きが炸裂し3000Gの3位まで後退します。幸運だったのはレベルマミーと隣接地のレベル1ディーダムが焼け残ったこと。タイミングよく引いたバロン様をマミーと差し替えて巻き返しを狙います。アーシェの人もバロン様のご威光の前には何も手を出せず。ディーダムも2柱目のバロン様と差し替えレベル5化。35Rでようやくバロン様を踏んでいただき上がりと相成りました。

 地味に効いたのが、バロン様+グーススチームギアに特攻して得た350G。これが焼かれてボロボロになっているところから逆転する原資となりました。「復活」の能力があればこそ。土地防衛に小銭稼ぎにフル稼働してくださったバロン様の神々しいお姿には感動を禁じ得ません。しかし改めて確認するとかなりの「壊れ」カードですね。万一沈んでもまたどこかに置き直せる、というのは地味に凄まじい能力です。

 「hsuのWiFi予選十番勝負」も折り返し地点で2勝3敗。勝率であがるのは既に無理目ですが、最後まで勝ちにこだわって戦っていこうと思います。

2008-12-06

戦略)またまたJUNCTIONのはなし

03:04

 WiFi予選4戦目。スイスイと結節点の火領地パイロマンサーで確保して連鎖構築→レベル4化。早々に一回踏んでくれて、速攻で押し切れるかと思いましたが甘かったです。2マス離れた領地から忍び寄るニンフ・・・、これはマズいと思いファイアードレイクに差し替えたら今度は逆方向からナイトが。結局高額領地ニンフナイトに挟まれてしまい、にんともかんともしがたい状況に。

 そこで幸か不幸か引いたのがオールドウィロウ。もういいや、ランプロ手札に無いけど速攻で全員殺す!と勢い込んで設置したところ、芋虫を引かれグレアム特攻でゲームオーバーでございます。頼りのスミス手札にないとは・・・。その後はジリ貧の3位で、通算1勝3敗。ナンボ速攻でも両側空いた状況で高額領地は流石にダメか、あとでどちらか取れると思ったんだけどなあ。

 いまの予選ブックサドンデス狙いの火単踏ませ。連鎖レベル4を早めにつくりカオスパニックHW踏ませるという戦略です。マーク覚悟で序盤から飛ばすのがミソ。

 どうも他の方の日記を拝見していると、ポイントでの勝ち上がりを狙うため「負け試合は早く終わらせて試合数を稼ぐ」というセプターが少なからずいるようです。勝ち目が無いと悟ると自分にHWをかけてレベル5に突っ込む、という仏様のようなセプターもいるとのこと。これは利用しない手は無いでしょう。誰かがHWハメで死にかけていたとしても他スペルで引き上げない(初級者が気づかない、というケースも期待できます)かも知れません。どうせ踏みゲーになりやすいマップですし、踏ませ前提の方が安定するとの見方もあります。

 「負け試合を早く終わらせるセプターってモラル的にどうなのか」という議論はもちろんあります。しかしWiFi予選のルール上は(残念ながら?)それが合理的な戦略なのも確か。意味不明に自殺する迷惑セプターとはちょっと本質が違うでしょう。大会のルールに則ってそのプレイヤーなりに「最適戦略」を選んでいる以上、頭ごなしに否定するのはどうかな、と個人的には思います。仮に道義的に否定したとしても、ルール上問題ない訳ですから(むしろそういう行動を奨励しているかのようなポイント制度です)そういう行動を規制するのは不可能です。となれば利用するしか無いのでは?というサドンデスブック。いかがでしょうか?

2008-12-03

カード)バインドミストのはなし

00:41

 全国大会WiFi予選を始めました。ポイント勝負に持ち込めない勤労者セプターの私は、旧全日本プロレスばりに十番勝負の心境でやっておりますが現在の戦績は1勝2敗・・・。どうも序盤の置き負け率が高すぎます。クリーチャーの数を増やして(援護クリを追加)アイテムを控えめにしてみましょうかね。あと7戦全部勝つんだー。

 閑話休題。

 最近凝っているカードがバインドミスト。利用割合は中の下といったところでしょうか。カード説明を読むと「対象クリーチャーマヒ呪い効果をつける」と素っ気ないですが、これがなかなか恐ろしいヤツなのですよ。

 マヒ呪い効果を確認してみましょう。まずアイテムが使えません。これだけでもグレムリンアムルと同等の効果があることがわかりますね。そして殴れません。ここまではなんとなく想像がつくと思います。怖いのはここからです。反射無効化能力値上昇、復活などあらゆる特殊能力が発揮できません。マヒしたデコイはHP10のただの案山子、ミルメコレオも干涸びたサナギに過ぎません。

 弱点もあります。スペルとしてかけるので、確実にマヒさせたクリーチャー戦闘を仕掛けられるとは限りません。他セプターに漁父の利をさらわれる可能性もあります。使うタイミングと対象がキモと言っていいでしょう。代表的な使い方を以下にご紹介します。

1)移動侵略を前提に仕掛ける 攻撃を仕掛ける相手領地に、STがそれなりのクリーチャーを横付けしておきます。横付けしたクリーチャー踏み越える直前、相手領地バインドミスト。あとは適当に殴って自分のものにしてしまいましょう。地形効果応援マヒしてても得られるので気をつけて。

2)高額領地踏み払いを回避する それなりの攻撃手段を手持ちにしているとき限定です。ダイスの目によって踏む可能性のある高額領地にかけておきます。踏んだら落とす、もし踏まなくても相手はクリーチャー交換を余儀なくされるので手が遅れます。ただくれぐれも「地形効果は封じられない」ことを忘れずに。レベルエルダードラゴンにかけても、130削れないんじゃだめですよー。

3)とりあえずキークリーチャーっぽいのにかける 序盤で手札を捨てるくらいなら、後々拠点になりそうなヤツにかけておきましょう。所詮50Gです。一手遅らせたと思えば安いものです。誰かが壊してくれるかもしれませんし。

 天敵はもちろんランドプロテクト。最近シャッターで割られる頻度も増えてきました。とはいえ有効な相手が多いロマンあふれるカードなので、攻め手に苦労されてる方は採用を検討されるといいかもしれません。

(追記)ムムリクさんからご指摘をいただき「マヒしたクリーチャー移動侵略できない」としていた記述を削除いたしました。

cepter-mumrikcepter-mumrik2008/12/04 00:50>移動侵略を防ぐ
確かマヒしていてもクリ移動はできたと思います。
移動することでマヒが消えるので、むしろ移動侵略してきそうな気がします(汗)

hsu_maihsu_mai2008/12/04 00:58ご指摘ありがとうございます。以前私はクレリック側の立場だった時があり「やられた」と思って諦め、検証してませんでした。色々調べてみると出来るようですね。ありがとうございます。修正しておきます。