Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2009-06-26

考察)キングメーカーとか何とかのはなし

23:12

 完全に流れに乗り遅れてしまった感がありますが。火種にガソリンぶっかけてしまった人として、終盤の妨害についてちょっと思うところを書いてみます。

 

基本的には「何やってもいい」と思う。

 終盤にトップ争いをAとBがしている。自分は断ラス4位確定で手にはメテオ。さてどちらにぶち込む?というのが典型的なケースでしょうか。まあ何らかの意図で打つ人もいれば、順位操作を嫌って打たない人もいますよね。それで良いんじゃないでしょうか。それは自分が持ってるメテオであってAのものでもBのものでもないんだし、好きに撃つ権利も撃たない権利もゲーム上保証されてるんだから。撃たれた方が文句言ってきたら「そんなん知るか俺のメテオだ」で本来的にはケリがつくはなしだと思ってます。人生いろいろ、メテオもいろいろ。

 それだけでは味気ないのでhsuの判断基準も書いておきますね。基本的には前段落のケースだったら、どっちかには必ず打ちます。妨害スペル持ってるのにガン上げしてきた訳ですから、当然報いとして喰らっていただかないと。牽制のためにブックに入れてるのに無視されたんじゃたまったもんじゃありません。そこで撃たなきゃ舐められっぱなしですよ、次回も無視されるに決まってます。「hsuがメテオ持ってたら上げは自重」になってもらわなきゃ困るんです。

 じゃあどちらに撃つ? それはケースバイケースかなあ。リーグ戦だったら得点高い方に撃つかもしれないし、粘着妨害された方に撃つかもしれないし、妨害の法則性を読まれないためにランダムに撃つかもしれません。最終的には「好き嫌い」ですよね。まあ放っておいても相対的に有利な人の勝利に加担してることになるわけですから、メテオ撃たない人が一概に「自重しててエラい」ともいえないと思いますよ。自分の手を汚してないってだけです。

 

とはいえ損得勘定はちゃんとした方が良い。

 とはいえ。トップ目の順位操作にかまけて自分の利益がフイになっちゃう、という事態は賢く避けたいものです。別の手を打てば(それなりに実現性のある)勝ち筋が見えないか、3位に這い上がる筋はないか、逆に3位に逆転されはしないか、というのは常に自問した方がいいでしょう。なかなか難しいんですけどね。「他の人が3連続でメテオドローしてくる可能性はゼロではないからそれに賭けるべきだ! 最後までトップ目の上がり阻止を目指すべき!」というのは、ある意味正論だけど、どうかなあw 申し訳無いけど私は自分の利益確定に動かせていただきますね。

 もちろんこのときの「利益」ってのは色んなケースがあります。順位によって配点が違うリーグ戦だったら一つでも順位を上げることに意味があるし、敗者復活ありのトーナメントなら「強者」と目している人をトップから引きずり落とすことが利益になるかもしれません。1位以外は平等に敗者、だったらそれこそ「好き嫌い」こそが最大のポイントじゃないでしょうか。いや1位以外は平等に敗者という同じレギュレーションでも、カルドセプトを始めたばかりで手持ちカードが少ない人は1枚でもカード報酬を多くするために順位を上げることが「利益」になるでしょう。

 

あなたとあの人は同じではない。

 ここで重要なのは、あなたとあの人の「利益」は違うかもしれないということです。もちろん妨害を喰らって負けると気分が悪いです。私も「何考えてるんだ貴様!」と怒鳴りつけたくなることもあります。でもそこは一呼吸置いて「あの、最後のアレはどういう意図があったんでしょうか?」と穏やかに感想戦で尋ねてみましょう。その対戦者の思いもよらない意図を知ることができて、カルド観が広がるかもしれません。もしくは何の意図も無かったことを知って、愕然とするかもしれません。そのときは気持ちよく「ありがとうございました!」と挨拶してヤケ酒かっくらって寝ましょう。

 そこで「カルドはこうあるべきだ!俺が正しい!お前は間違ってる!」と捲し立てるのは非常によろしくない。そこで言いたいこと言ったところで貴方が妨害喰らって負けた事実に変わりはないし、そのプレイヤーの意図を勉強して対策に役立てた方がナンボか強くなると思います。もちろん「こうした方がお互い良かったですね」という提案はお互いを強くしますよね。

 

 

 理屈だけでもアレなので、ここで私が「神の石板」対戦会で意図的に順位操作したケースを紹介(注:石板対戦会は、原則として1位:50P 2位:10P 3位:10P 4位:-10Pで競うので順位も重要)

 

ケース1)12日目(アリーナ4、VS軍艦甘えびさん、総督さん、紺碧のフィラさん)

 東の離れ小島に飛ばされて25Rも素ダイスで幽閉されていたhsuさんは、総魔力1200程度で息も絶え絶え。中盤まではL4を踏んで大きく後退した軍艦甘えびさんをハメて3位になる機会をうかがっていたが、甘えびさんもその後総魔力3000まで伸ばし踏みの無いエリア脱出。強力な妨害スペル侵略機会もないhsuは4位がほぼ確定状況。

 1位を争っているのが、総魔力5000を超えるも西小島に幽閉されて周回ができない紺碧のフィラさんと、本大陸に連鎖を持ち現金を2500近く手持ちにするも、同じく西小島に幽閉されている総督(総魔力は4000強)。総督は本土復帰するか踏むかして連鎖土地に投資すればほぼ勝ちの状況。フィラさんも本土復帰して入場すればほぼ勝ち。

 そこでhsuは総督の勝ちをアシストする行動に移ります。フィラさんは神の石盤で上位を争うライバルなので、ここでやすやすと50Pを拾わせる訳にはいきません。

 バインドを2枚、カオスパニック1枚を手持ちにして最後の4ラウンド。フィラさんをバインドで縛り上げて本土に帰れないようにしつつ、総督が踏めるようにカオスパニックでサポートをします。総督はを1回踏んでレベル5にするも、最後はフィラさんの総魔力にちょっと足りない状況。最後の最後は私が気合いで総督のレベル4を踏んで通行料を献上。なんとか総督を1位に押し上げることに成功しました。

 

ケース2)13日目(アリーナ3、VSほにほにさん、外鴨なきくさん、さわたけさん)

 なきくさんのカタス2連発が炸裂するも、直前に護符をすべて現金化したhsuが圧倒的有利な状況。一方で焼かれたほにほにさん、さわたけさん、なきくさんはほぼ横一線で焼け跡の確保勝負といった様相に。ここでhsuはローカストを保持。

 ラスト1Rで手番が一番早いほにほにさんが2連鎖ミルメコレオレベル5まで上げ、2位を確保に動きます。hsuはほぼ100%1位確定なので、そのゲームだけを考えればローカストは撃たなくてもいいのですが…。計算するとローカストを撃てばほにほにさんは4位まで落ちる。かつほにほにさんは神の石板で私のすぐ上位におり、今後とも警戒すべき相手。ということで容赦なくローカスト飛ばして4位に落としました。-10P。

 

 

 どちらのケースもその試合だけを考えれば必要の無い順位操作。ですがリーグ戦全体を見据えれば必要な順位操作でした。まあなかなか綺麗に決めるのもむずかしいんですけどねー。

Fira_dsFira_ds2009/06/27 01:25対戦例に登場させてもらいありがとぅ~!^^

嫌い=好き という言葉がありますね^^/

私も 中学校でカルドの授業があったら 好きな子にメテオ&ケルピーはめしまくったかもです!

それはそうと石版完走お疲れ様でした~!

hsu_maihsu_mai2009/06/27 02:43フィラさんも完走したのですね。おめでとうございます!
ゴザではフィラさんにバインドで縛られて枕を濡らしたので
倍返しができて嬉しいです^^ 今後ともよろしくお願いしますー。

好きな子に妨害はやりそうですねえーw
ウィズアイ+シーカーでムフフ妨害とかかな?