Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2010-03-14

大会)カルド甲子園で優勝したはなし(レポ追記あり)

01:50

 やった! 予選・決勝ともにトップの完全優勝! 団体タイトルは初めてなのでとても嬉しいです。決勝のゾクゾク来るような緊張感はチーム戦ならではのものでした、こういう戦いがあるから団体戦は面白いと思います。本当に良かった! 試合の後のビールが美味しいです!

 

 予選はたかしさんが「1日40P」を有言実行してから、私も「本気でやらないとまずいな」とスイッチが入りました。最終週の水曜日に大リードを確保して他チームの戦意を折ったのが奏功した感じですね、アールさんとたかしさんの奮闘はチームの士気を大いに上げたと思います。

 

 決勝の「ねじねじ」のブックはこちら。回線がつながりづらくて途中切断→仕切り直しになったのですが、そこで相性を考えて露骨にブックを変更しました。ここぞの大一番では4色全てブックを用意しているので、こういうセコい小技も可能ですw

 

ねじれもつれ」 written by hsu
Creature20Item4Spell26
アンシーン2エルブンクローク2コラプション1
スチームギア2チャーム1スワップスペル2
デコイ1ホーリーグレイル1ドレインマジック3
パイロマンサー1パーミッション4
ウーズ2ヘイスト4
ウッドフォーク1ホープ3
ディー・ダム3ホーリーワードX3
ドラゴンゾンビ1マナ3
ドリアード2ワイルドグロース3
バジリスク2
バロン3

 地ですが通常使われる地走りブックよりは、殴り耐性スペル耐性を持たせています。ねじねじ聖堂機会が多いので伸ばしからの速攻に行きたいところですが、分岐が異様に多いので配置したクリーチャーをいとも簡単に割られてしまうのが難しいところ。即死系は諦めるとして、少なくともSTで割られにくいようクリを選びました。そのためやや速度が遅くなっていますが、スワップ護符運用などのプレイングで挽回可能です。

 

 試合のレポートはたたみます。

カルド甲子園2010 決勝(3)

1戦目

マップねじねじ

日時:2010年03月14日 22:02

7000G 4人戦 40 30秒 サドンデスあり E禁止

29

1位hsu(id:hsu_mai7624G
2位ウェザリングid:weathering)さん5970G
3位へりとん(id:heriton)さん5775G
4位八朔(id:oudo_001)さん3865G

結果:1位

 

 へりとんさんが動画を実況してくださり(ありがとうございます!)注目を集めたこの一戦。ただ回線の調子が悪く、中盤で全員切断。異例の仕切り直しとなりました。

 切断した試合で私が持参したのは、実はこのブックとは全く違う手札高速循環型のウィビルブックでした。切断後の再戦は「ブック交換可」とのことでしたので、他の3人との相性を考えて(この大一番で根本からコンセプトを変えてくることは無いと判断したため)あらかじめ用意していた地ブックを選択。ちなみに1戦目の他セプターブックは、へりとんさんが地走り、部長がモス入り無風、八朔さんがほぼフルスペル護符。地ブックにしたのは、①3人しかクリを置かないので置き負けしない、②クリが割られる心配がほぼゼロなので(部長モスマンが怖くないうえ、へりとんさんの殴り力が弱い)、レベル2〜3の乱造で護符ブックの八朔さんにプレッシャーをかけやすい、あたりが理由です。

 

 序盤はへりとんさんがスムーズに西地エリア連鎖を展開。手札の巡りもよく、東エリアに展開する私と部長よりもかなり速度的には早そうです。八朔さんはへりとんさんの護符にかなり強めに乗りつつ、比較的スムーズに魔力を増幅。中盤までは「八朔・へりとん同盟 VS hsu・ウェザリング同盟」という様相で推移します。ところどころでグッジョブマーク等のアイコンチャットを混ぜ、部長同盟の意義をアピールしたのも重要なポイントです。

 そうこうするうちにへりとんさんが動きます。ランドトランスを保持した状態でサブの火2連鎖ディー・ダムレベル4上げ。へりとんさんは八朔さんに護符を買い殺されているので、ここでトランスからの買いを挟みたいという意図。八朔さんがリフォームを保持してはいますが、へりとんさんに伸びて欲しい八朔さんはトランスを割らない模様です。私はとりあえずドレインマジックを保持してトランスの使用タイミングを限定しますが、へりとんさんが聖堂の1歩前に着地。手札が五分五分なので積極的に撃ちたくはありませんでしたが、やむなくスワップスペルランドトランスを強奪。ここでトランスを撃てていたら恐らくへりとんさんが勝っていたことでしょう。何とか手順を遅らせることに成功し、hsu・ウェザリング同盟の敗北は回避されました。

 その後は私のコラプション引き撃ちをまともに被弾した八朔さんが脱落、護符ブックはこれがあるから難しい。私はローカストを警戒しつつレベル2を乱造してじわじわと総魔力を伸ばしますが、護符が40枚しか無いこともあり一歩間に合わない様相。うーんどうしたものか。

 へりとんさんの高額を避けるためにヘイストを撃ち、偶然目が出たところで手順がひらめきました。一度護符を15枚程度売ってレベル4を作り、即座にスワップで奪ったトランスを打って護符を70枚前後まで買い戻す。この手順がうまく決まってへりとんさんや部長に追いつきます。3人が総魔力5000前後になり一気に終盤へ。

 終盤に気になるのが、妨害スペルを大量に保持する八朔さんの動向です。全く勝負に絡める状況でないだけに、どう動くか全く想像がつかない。達成を阻止するのか見送るのか。いやむしろ私は強い妨害を警戒すべきでしょう。コラプションヘイトが溜まっている、というのも勿論ですが、八朔さんがチームプレイに徹した場合、予選一位通過で2ポイントのアドバンテージを持つ「東海・北信越」チームを下位に落とすのは合理的だからです。(余談ですが東海・北信越チームのミーティングでは、自分の順位を下げない範囲で有力チームの順位を下げる行動をとる方針を確認しました)

 ということで、八朔さんの方針がわからない以上、強い達成アクションをとるわけにはいきません。幸い足スペルを保持していないへりとんさんを少し先に行かせて、八朔さんがどういう行動をとるかを見ることにしました。しかし途中で計算外の事態が。へりとんさんが部長領地を落としたことにより東エリアで水が2連鎖、入ボーナスで達成が確実な情勢になります。こうなってはリスクを取ってでも動かざるを得ず、部長の2歩先、へりとんさんの1歩先にレベルドリアードを造成。光ってはいませんが、どちらかが踏めHWXで即達成という微妙な状況を作ります。

 結局、八朔さんは私にもへりとんさんにも妨害をせず、へりとんさんが私のドリアード踏んでゲームセット。最後は完全にダイス運の勝負でした。動画を見返してみると、シャッターの使い道やレベル4を作る順番など色々反省点もありますが、中盤で大きく巻き返せたことがギリギリの勝利を呼び込んだと思います。

 

 

 私はコミュニティー戦では、1・2回目は欠場、3回目はデスマーチ軍が参加を見送ったため客将としての参加、とあまり団体戦に縁がありませんでした。こういう形でチーム戦を2週間戦えたのはとても楽しかったです。最初は現住所の東京から出ようかと思っていましたが、序盤にあまりに東京が好調+東京のメンバーが強力だったため、出身地・妻の出身地である東海・北信越チームから出させていただきました。戦っている撃ちにどんどん連帯感が増していき、途中からは普段以上に力が入りました。主催のアヴァさん、サリーさん、案内のあるぷさんを始め、運営してくださった方に厚く御礼申し上げます。ところで、夏もあるのかな?

okome5okome52010/03/15 19:31>ここぞの大一番では4色全てブックを用意している
さすがhsuさん試合巧者だ><
予選もとても心強かったし、決勝でもやってくれてありがとー
東海北信越チームはチームワークも最高だったしもう言うことなしです

ShunTheWandererShunTheWanderer2010/03/15 20:08動画配信見ました!
変幻自在のプレイング、さすがhsuさん。
最後の護符買い増し入場しての増資、その後の達成までの一連の流れが美し過ぎるw
いや~美味しい酒をありがとうございました~

hsu_maihsu_mai2010/03/15 22:06>たかしさん
長い戦いおつかれさまでした!
有言実行でポイントを稼いだたかしさんが予選のMVPだと思います。
東海・北信越は良いチームでした、また組む機会があればいいですね!

>シュンさん
スワップからラントラまでの流れはうまくいったかなあと思いますが、
その後のプレイングは改めて見るとミスだらけです、運は良かったw
1週間後は名古屋オフですね!シュンさんに久しぶりに会えるのを楽しみにしています。