Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2010-07-08

代々木杯⑤)新大陸考察、および「ミダスの手」について

00:18

 新大陸はとても良いマップだと思います。土地の攻防、伸ばし、護符運用、柔軟な構想力。セプターとしての能力が高いレベルで揃わないと、高い勝率を出すのは難しい。全国一のセプターを決める決戦場としては、これ以上ふさわしいマップはないのではないでしょうか。

 

考察編

パーミッションがとにかく強力。いつ撃っても収支はプラス

・どんなブックが来ても、何が起きても不思議じゃない。プラン変更を柔軟に。

・北エリアに必要以上に拘泥しない。相性が悪ければすぐ南に逃げろ。

f:id:hsu_mai:20100708212250g:image

 

 北エリアは往復路で土地の奪い合いになりやすく、南エリアは円環状で戦闘が起きにくい、という全く違った特徴の2エリアで構成されるマップ。1エリアあたりの土地数が少ないため大きな連鎖が組みづらく、機械的に連鎖を伸ばして押し切る、という勝ちパターンが通用しづらいです。アクセスのいい聖堂を利用しながら、その場その場に合わせて、達成プランを構築・修正していくことが重要になります。

 

「手堅さ」を追いづらい

 このマップ、とにかく安定しません。北エリアは往復路+短い円環のため熾烈な侵略合戦になりやすく、運良く大きな連鎖を組めたとしても、本気で守らないとすぐにズタズタに引き裂かれてしまいます。南エリアは比較的安全に見えますが、そもそも置ける土地数が少ないので、滞在時間が短いことも影響し、大きな連鎖を組むのはとても難しい。よくて3連鎖で勝負せざるを得ず、地変などのスペルによる連鎖削りがとんでもなく痛いです。

 アクセスのいい聖堂での護符運用が早期達成へのカギですが、護符戦を警戒してコラプションが積まれまくっているので、安易に大量購入すると引き撃ちで死ねます。最大ダイス目が9と大きいので踏み期待も小さく、土地の早上げは大きなリスク要因。「どうすりゃいいのよ?」と言いたくなるくらい、「こうすれば安全」という手堅い運用方法がありません。相手次第でどのような運用が安全かを考える必要がある、非常に高いアドリブ能力が問われるマップです。

 

スペルは必要か

 最大ダイスが9と大きいのが特徴のマップヘイストを使わなくても6以上のダイスがポンポン出るので、普通に足スペルを入れているブック周回スピードを、ライフォブックが上回る、ということだってあります。また北エリアはどこにいてもパーミッション打てば即周回短縮が出来るので(たくさんパーミが撃てるという前提で)足スペルを入れてなくても、体感的な周回速度はそれほど変わりません。

 もちろん足スペルが「弱いから使えない」ということではなくて、土地取りのための確定停止や高額避け、終盤の確実な手順作りなど、依然として足スペルの役割が大きいのも事実。特にフライは平均10というコストパフォーマンスの高さもさることながら、最大18というあり得ないダイスの長さで「最後の一歩」に大きな威力を発揮します。しかし周回速度の向上だけを考えるなら、このマップでは必ずしも足スペルは必要ではないということです。

 ということで。新大陸は恐ろしいことに、足スペルがゼロのブックが大手を振って成立してしまいます。足スペルがゼロということは、他のスペルが入り込む余地があるということで、様々な変態ブックが全て通用してしまうということです。全て試したわけではありませんが、ライフォも、ウィビルも、シンリュウも、足止めも、フルスペルも、全焼きも、それなりのレベルで成立するはず。ということは、いわゆる「まともなブック」以外の人と卓を囲む確率を、普段よりかなり高めに見積もっておく必要があります。「変なブックと当たったから負けた」は、新大陸においては言い訳にならない、と思います。

 

パーミッションが強力

 一方でパーミッションが異常に強力なマップでもあります。北エリアパーミッションを撃てば、ほぼ1〜2ダイス周回できるため、北エリアにとどまってパーミを打ち続けることで簡単に周回を増やすことができます。現金収入はもちろんですがマナ威力増大を考えてもかなり魅力的です。

 ではこのパーミッションはどれほど強いのか。部内で一時論争になったのは「いくつを回った状態でパーミッションを撃てば、セプターにとって得になるか」という命題でした。砦ボーナスが1つ150Gとかなり大きいうえ最大ダイス目が大きいので、下手なパーミッションの撃ち方は逆に損になるのでは?という疑問です。例えばを1つも回らない状態でのパーミッションはアリかナシか?南だけを回った状態でのパーミッションはアリかナシか?北エリアに向かっている最中にパーミッションを撃っても損をしないのか?という疑問です。

 この疑問に明確な解答を用意してくれたのが、チームデスマーチのヨシさんでした。詳しい計算は省きますが(ヨシさんが発表してくれるかな?)、1ラウンドごとに想定される収入を1試合分積み上げていくと「どのタイミングで撃ったとしてもパーミを撃たないより撃った方がプラスになる」という結論が明確に導き出されました(3回った、回る状態でのパーミはもちろん論外)

 つまりは「手札循環などの関係で、パーミを撃とうかどうか少しでも迷ったら、撃ってしまってよい」ということです。これはプレイの指針をかなり明確にしてくれました。スワップパーミが攫われる可能性があるとき、パーミ手札でだぶつき始めているとき、パーミが邪魔でリンカネーションが撃てないとき、どこにいようがパーミ即撃ちで解決できるということがわかったからです。

 もちろん変則的なドローをしない限りパーミッションは1試合4回までしか撃てませんから、余裕を持ってパーミを保持できるなら極力砦ボーナスを無駄にしない方がいいとは思います。ただリフォームスワップを多用する変則ブックも多いですから、そうパーミを抱え続けられない状況もあります。その時に「即打ちでいい」とわかっているのは、かなり大きな強みです。

 またパーミッションが強力ということは、パーミを4枚以上引けるよう手札を高速循環させるタイプブックが強いということです。ディスコードエレメンタルラスショップに売っているにもかかわらずフレイムウィビルブックが横行しているのは、「パーミをたくさん引く」ことと「ウィビルをたくさん引く」ことが手札高速循環で両立させやすいからです。

 

こだわらず、柔軟に

 大抵のマップで成立するセオリーは「1エリアの特定の色で大きな連鎖を確保し、レベル上げで上がる」というものです。ただ新大陸は1エリアが狭いうえ、長期滞在する北エリア侵略に弱い構造になっているため、北エリアだけで達成に必要な総魔力を用意するのが結構難しいです。

 1つの解決方法は護符をどこかのタイミングで大量に買うこと。ただしこれはコラプションのリスクを必ず抱えるので、ある意味バクチに近いものがあります。もう1つの解決方法は、2エリアを利用して上がりに向かうこと。これは手間はかかりますがリスクは小さいので、うまくいけば安定して勝ちに向かえます。チームデスマーチのこっきゅんさんは、北エリアから南エリアの移住を前提にした上がり計画を、詳細な手順つきで用意していました。護符の最大枚数を30枚に抑えることにより、コラプリスクを最低限に抑えたうえで、大きな連鎖を必要としない上がり手順です。

 ただもちろんこれも「うまくいった場合のはなし」であって、変則ブックに当たったときは柔軟に自分のプランを修正していく必要があります。「南でつなぎ直す」という修正方法を知らないと、北連鎖が崩壊した瞬間にゲームが終わってしまいます。単一の上がり方だけを練習するのではなく、色々なパターンをあらかじめ考えておくのが、新大陸の勝率を上げるコツだと思います。

 

 

メーンブック『ミダスの手』

ミダスの手」 written by hsu
Creature16Item4Spell30
パイロマンサー2エルブンクローク2グレイス3
フレイムウィビル4カウンターアムル2コラプション4
ディー・ダム4スワップスペル1
ドラゴンゾンビ2チャリティ3
バンパイア2ドレインマジック4
マミー2パーミッション4
ホープ2
マナ4
リバイバル1
リフォーム3
リンカネーション1

 

 渾身の一作。

 

 もちろん優勝が第1目標だが、このブックを3回戦A卓か決勝卓で世に問うのが第2の目標だった。だから、このブックでいい勝負ができたことは、とても満足している。

 

 普段は相手によってブックを変更することを公言しているけれど、これに関しては然るべき場が用意されるなら相性無視でぶつけるつもりだった。新大陸というマップで研究してきたことの成果が余すところ無く盛り込まれているし、たぶん似たブックは見つからない。自分というセプターの「化身」というか、全てを賭けた戦いの場で全てを任せられる、そんな思い入れのあるブック

 もちろん「負けても構わない」ということではなくて、初見では対応できないと思った、ということもある。たぶんこれは20枚見ても残りの30枚は推測がつかない。そういう意味でも一発勝負の「奇襲」としては優秀な戦略だったと思う。このブックについては少し詳しく解説したい。

 

基本戦術

 どのような状況にも対応できる護符主体ブックリフォームコラプションドレインマジックなどを破壊することによって場の環境を切り替え、全体と自分のスピードをコントロールする。パーミッション周回を稼ぎ、中盤はマナ連打、後半はグレイスゲインを増やすのが基本戦術。クリーチャーが前半に偏れば通常の高速ブックとして機能させられるし、後半に寄れば抑圧主体の護符ブックとして機能させられる。

 地変はゼロ。空いている属性で柔軟にやる。もちろん火か地で組めれば理想的だが、他属性でもやれるようにクリーチャーは選定したつもり。北エリアで3連鎖もしくは2連鎖を組んで、最後に1カ所レベル上げをして勝つのが理想的。

 ブック名の「ミダス」は、触れるもの全てが黄金になる手を持つ王の名。リフォームブック内をマナで満たすことから、この名を取った。

 

スペル

 コラプション4、ドレインマジック4が最大の特徴。これだけ積んだのは、もちろん抑制の意味もあるけれど「リフォーム破壊したときに自分のブックマナで満ちるようにする」ため。最後は護符ブック的な動きになるので、少なくともコラプション破壊しなければならない。すると引いていないコラプブック内でマナに変わるので、最大で8枚までマナが引けるようになる。

 速度的にぶっちぎれる、と思ったらドレマジも割ってしまえばいい。すると最大12枚で本当に連打が可能になる。パーミッションと高速ドロー周回は稼いでいるので、中盤から威力がとんでもないことになる。

 ドローはやや強めに設定してあり(リバイバル撃たなければ)26ラウンド前後で1周回ることを想定。すると何が起きるかというと、私だけ4積みのコラプション復活して護符を見境無く買いまくったセプターは死ぬ。グレイスを引き直したいということもあり、このタイミングで1周というのはなかなかいいタイミングでは無いかと思う。

 スワップスペルは、中盤まではパーミッション泥棒に使う。たぶん0パーミを使うセプターはそれほど一般的ではないだろうから1枚は必ず抜ける。終盤では手順ゲーになったときの強い選択肢として機能する。

 リバイバルは、原則として虫やパーミッションを前半に多く引いたときに撃つ。3回戦A卓では見事に前半リバイバルが決まり、ブックの中身が相手に全く見えない状態で終盤戦を迎えることができた。最後のグレイス達成には届かなかったが、さぞ泡を食ったのではないかと思う。

 リフォームは細心の注意を払って運用する。破壊先を間違えて状況を悪化させると、あっという間に負ける。状況をよく観察して有効に使うこと。

 

アイテム

 特筆すべきことはない。どんどんブックを回すので、クリは守れるのなら全力で守る(特にフレイムウィビル)。最後にレベル上げをするときに1枚残るくらいの枚数、ということでブックには4枚入れた。これはあと1枚少なくても機能したかも知れない。

 

クリーチャー

 基本的には地で組みたい、と考えて選定した。タフなディー・ダムにドラゴンゾンビ移動侵略に強いバンパイアマミーは今考えるともう少し堅いクリの方がいいかとも思う。デコイをよく見るのでパイロマンサーは有効。

 ブックがやや高速に回るので、コストパフォーマンスのいいフレイムウィビルも有力なクリーチャーディスコードエレメンタルラスショップに売っているが、序盤は200Gも払ってそんな仕事をする殊勝な人はいない。終盤は上がり目のある人は周辺に張り付いて、ショップどころではない。したがって購入してまで妨害が入るのは中盤に限られ、それほど心配する必要はない。またディスコードは意外と使いづらく、ウィビル以外のクリがゴブリン化するため買えないことも。エレメンタルラスについても、デコイを採用しているセプターはまず自分では撃てないだろう。見た目ほどショップは怖くないと思う。

 

 

 対戦についてはニコニコ動画に精細版がアップされてから、よく状況を見返して書こうと思います。

 

 ⑥につづく。

  

Yuki-a-MASYuki-a-MAS2010/07/09 09:58なんか読んでて既視感に捕らわれた。
ああ、これ、メルさんの本戦レポート読んだ時と同じ気持ちだ…って気づいた。
悔しいけど、私が2戦目勝っててもこういうレポートは書けないなぁ…流石ですぜ。

mochimochi_1192mochimochi_11922010/07/09 18:19チームによって解答が違うのが面白いね。
俺も書こうかなぁ…

shellman1234shellman12342010/07/09 23:41ミダスの手は、完全なる防護よりもやることがはっきりしていて非常に好みのブックです。
大会当日プロジェクタ画面に、hsuさんの見たことある名前のブックが
一覧で出た時は思わずニヤリとしてしまいましたw

hsu_maihsu_mai2010/07/11 12:10>こっきゅんさん
あそこまで精緻に考えることは出来てないと思いますが、
ガチの場だからこそ新しいブックを世に問おうという気概は同じかも知れません。
「熱帯雨林」から1年、護符主体の新しいコントロールブックというコンセプトは
ここで1つの完成をみたかなあと。

>もっちーさん
是非書いて!是非書いて!
たぶんドラウトアカデミーは配置および生存優先だと思うので、
そこからの精緻な勝ち筋がどうなるのか読んでみたいです。
 
>saecoさん
いや本当にブック選択画面だけはキレイにしておこうと思いました。
空ブックで仕切り線まで入れて。普段は整頓が苦手なのですが・・・。
「完全なる防護」は確かにやることが散漫ですねえ、
バリアー撃ってる間にもうちょっといいスペルが撃てる気がします。