Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2010-09-23

オフ会)GP山形のはなし③

19:25

 楽しいゲームの話ばかりだとHarjieさんが羨ましがりすぎてしまうので、今回はクソゲーの話を。

 参加者の方々とツイッターで「非電源クソゲー王者決定戦をしよう」と話していたのですが、みんなエントリー予定のクトゥルフダイスに恐れをなしたのか薄い反応。結局はクソゲーマスターの八朔さんが1つ持ってきてくれただけでした。

 ということで、第1回非電源クソゲー王者決定戦は、『クトゥルフダイス』(hsu持参)と『Once upon a time』(八朔さん持参)の一騎打ち。2日目の深夜に審査員のみなさま(ほうたるさん、風来のシュンさん、まそっぷさん、ヨシさん、八朔さん、hsu)をお迎えして、しこたま酒を飲みながら厳正な審査が執り行われました。

 

エントリーNo1『クトゥルフダイス

 まずは遂にベールを脱いだ無冠の帝王「クトゥルフダイス」。過去2回のオフでプレイしていますが、プレイが終わると「ジャンケンの方がマシ」「ルールを覚えた時間は全くのムダだった」と参加者が激賞せずにいられない逸品です。

 2日目の温泉後に一度プレイしようか、という流れに一度はなりかけたのですが、ルールを説明しているうちに「ご飯食べようか」「お風呂行こうか」とどんどん人が離れていきゲームが成立しないという始末。無類のゲーム好きのかよさんですら無言で席を立ち対戦拒否するほどの実力を持っています。どうだ!

 

 ルールの簡単な説明。

  • 各人3個ずつ「正気度ビーズ」を持ってゲームをスタートします。
  • 順番にダイスを振ります。振るときは「犠牲者」を指定します。
  • ダイスの目によってダイスを振った人や犠牲者の正気度ビーズが増減します。
  • 犠牲者はダイスを振ってきた人に「反撃」のダイスを振ります。
  • またダイスの目によってダイスを振った人や犠牲者の正気度ビーズが増減します。
  • 正気度ビーズを全て失うと狂人化します。狂人も脱落するわけではなくダイスを振れます。
  • 自分以外の全員が狂人になったら勝ちです。
  • 全員が狂人になったら大いなるクトゥルフの勝ちです。

 

 ルールを読むと楽しそうに見えるのですが、実際にやるとなかなかに切ないゲームです。勝つときも負けるときも理不尽且つ達成感がゼロ。意味ありげに「犠牲者」を選ばせるギミックがあったりするのですが、すぐに誰を犠牲者に選ぶかなんて些末なことだと気付きます。とにかくいい目が出れば勝ち、悪い目が出れば負け。

 「全員が狂人なんてあり得るのか?」とお思いかも知れませんが、全員が正気度ビーズを1個ずつ失うというダイス目があるので、結構頻繁にクトゥルフが勝ちます。正気度ビーズはかなり減りやすいようゲームが設計されており、自分の振り番が回ってこないうちにいつの間にかゲームが終わっている、ということすらあります。開始から終了まで早ければ1分。親切設計ですね!

 

 英語版ですがクトゥルフダイスを体験するflashを発見しました。これだけプレイすると凄く楽しそうに見えますねw 世の中、内容よりプレゼンだということをまざまざと見せつけるようです。

http://www.sjgames.com/dice/cthulhudice/demo.html

 

 さて審査の様子について書こうと思うのですが、まったく試合内容が思い出せません。それくらい「展開なんてどうでもいい」ゲームだということです。2戦くらいやったけどクトゥルフは勝たなかったような? まそっぷさん勝ったっけ? 終わったときに皆で「イア!イア!イア!」と叫んだのは覚えています。その後は感想戦や総評もなく「次行きましょうか」という流れ。一刻も早くなかったことにしたい、それがクトゥルフダイス

 

エントリーNo2『Once upon a time』

 「私は好きなゲームなんですけど・・・」とは八朔さんの弁。各プレイヤー手札には「王様」「剣」「老婆」などの単語が書かれたカードが。その単語を織り交ぜながらプレイヤーが交代で1つの物語を作り上げていくゲームです。各プレイヤー手札の他に1枚ずつ「結末カード」を持っていて、自分の手札を使い切った後に結末カードに書かれた文章で物語を締めた人が勝者となります。

 ここまで読んで「おや?」と感じたと思うのですが、そうですその気になれば初手の人がカードを次々に消化して1人でゲームを終わらせてしまうことが出来てしまいます。だけどホラそこはみんな大人だからうまくアレして・・・ということで、空気を読める大人が予想外の方向に転がるストーリーを楽しむゲームです。

 

 コレは間違いなく面白くなる、と直観したのでほうたるさんにメモ帳をお借りして審査時の物語を全て記録。まそっぷさんが大暴れしてとても酷い話になりました。

 それではお楽しみ下さい。R15指定なので中学生以下はウィンドウを閉じてね!

 

 

【八朔】むかしむかし(Once upon a time)、あるところに一人の料理人がいました。彼は非常に腕の立つ料理人で王族から信頼を得ていました。あるとき彼は1つのうわさ話を耳にしました。「この世界には3つの伝説の食材がある。それを使った料理を食べた者にはある奇跡が起きる」。料理人は自分の腕とプライドをかけて旅に出ました。

【hsu】料理人は行き先についてよくわかっていなかったが、とりあえず川を下ってみました。歩いていると川沿いに村を見つけました。そこで料理人は3つの食材に関するとてつもないヒントを得たのです。それは村人の議論を立ち聞きしたからです。その内容とはーー。

【ほうたる】それはとてもよそ者には言えないような秘密でした。それを知ったものには恐ろしい老人の追っ手がかかるような内容でした。

【風来のシュン】立ち聞きした内容によると、指輪にヒントが隠されているということでした。料理人は指輪を持つ妖精の国に旅立つことになりました。

【まそっぷ】その後いろいろあって、3つの伝説の食材を全て手に入れた! 料理人はおの台所で調理を始めました。3つの食材を火にかけるとたちどころに料理は完成しました。王様は余命幾ばくもない娘と一緒に、出来た料理を食べましたが、2人とも食あたりで死んでしまいました。

【八朔】その罪を問われた料理人は、馬に乗って逃げる道すがら気付きました。「自分の作った奇跡の料理はニセ者だったのではないか!あまりに都合良く食材が手に入りすぎた!」。料理人は自分の愚かさを呪いました。

【ヨシ】料理人は盲目的にうまい話を信じてしまった自分を呪い、深く悲しみました。そんな料理人のもとにある兄弟がやってきました。「私たちの村での噂話を信じてしまったようですね。王様と娘様には大変酷いことをしてしまいました」「あれは安易に伝説の食材に近づこうとする者を追い返すためのワナだったのです」「しかしあなたは伝説の食材で金儲けをするような不純な人とは違うようです。おわびに本当の伝説の食材についてのヒントを差し上げましょう」「1つは『巨人の涙』です。これを料理に使うとこの世のものとは思えない味になると言われています」「2つめはーー」

【八朔】「(2つめは)世界で何よりも早く飛べる鳥の肉です」「そして3つめはーー」

【hsu】「(3つめは)南に住む老婆の体毛です」「そしてその3つは小人族のお祓いを受けないと、人間には触れることすら出来ないといわれています」「でもそれでは見つけても持ち出せないんじゃないですか?」「あ、そうか!」

【ほうたる】料理人はその話を聞いて途方に暮れました。その兄弟たちは何が必要かは知っていましたが、どこにあるのかなど肝心なことは全く知らなかったからです。料理人は兄弟の住んでいる村に向かいました。街で料理人はいろいろな人に話を聞いて回りましたが、誰一人知っている人がいません。夜も更けた村をとぼとぼ歩いていると、道で一人の若くて美しい女性に出会いました。「私はあなたがどんなことで困っているか知っているわよ。どの食材がどこにあるかを知っているけれど、あなたは自分が腕を立つことを証明してくれなくてはね。料理を作ってくれないかしら」

【風来のシュン】料理人は女性の家に出向き、料理をすることにしました。新鮮な果物や肉などを使って料理をし、そして一夜が明けました。「きのうは おたのしみでしたね」

【まそっぷ】実は女性は王女だった! 王女は料理人と一夜を共にした後でも、亡き王様と娘のことを忘れることは出来ませんでした。そして王女は娘のことを二度と忘れないように[彼女の形見をいつも身につけていました]。  めでたしめでたし。(結末カードがプレイされたのでゲーム終了

 

 

 終わった瞬間。みんなポカーン、ヨシさんブチ切れ、私はツボに入ったので爆笑。みんなが張りに張った伏線をまそっぷさんが全部台無しにして、そして最後もまそっぷさんが最低かつ叙情的な結末に持って行くという力業。プレイ時間も1時間近くかかりましたが、私はとても満足しました。またメンバーを変えて是非やってみたいです。次回の山形でも是非よろしくお願いします!

 

 

 ということで、投票とか一切してませんが満場一致で今回は「クトゥルフダイス」の勝ちということでよろしいかと思います。「俺はこんなアナログクソゲーを持ってるぜ!」というひとは2011年の山形に是非持参して下さい。受けて立ちましょう。

 

 

 ④につづく

ShunTheWandererShunTheWanderer2010/09/23 20:04いやマジで、クソゲー最高でしたw

「クトゥルフダイス」は1回目、全員「正気度ビーズ0」でクトゥルフの勝ち。
2回目は誰の勝ちだったかな? ・・・思い出せない。
とにかくみんなノリノリで、全ての効果を選べる出目なのに「全員の正気度ビーズが減る効果」を嬉々として選んでましたねw 最高でした。

「Once upon a time」
まそっぷさんの後番なヨシさんは、フラストレーションが
溜まりまくってましたね!(^-^;
見てるこっちは面白かったですがw
まじめな話、僕としては手札に「剣」「魔法」「美女を抱く(お姫様抱っこの絵)」「変身」の手札を持っていたので、3つの食材」である『巨人の涙』『世界で何よりも早く飛べる鳥の肉』『南に住む老婆の体毛』を得る為に「剣」と「魔法」のカードを切ろうとしていたのです、2枚消化できますし(^-^;
ところが、ほうたるさんの『若くて美しい女性』って語りで予定変更w
『美女救出』のカードを切って、まそっぷさんにキラーパスを出してしまいました;;
ヨシさんゴメンね!w でも凄く面白かったです。
次回も非電源クソゲー王者決定戦に参加希望~(^-^)w

cepter16bitscepter16bits2010/09/23 20:21どちらも遊ばなかったのですが、遊び方次第なのかなあと思います。
クトゥルフダイスは、正気度ビーズを減らすか、酒(ウォッカ)を飲むかを選べれば、
パーティーゲームとして成立すると思います。
急性アルコール中毒は、自分でビーズを減らせば回避できますし。

once upon a timeは、語り遊びなのでやる人次第かと思います。
うーん、でも、どうだろう。
カルドとかのストラテジーゲーム中心の人だと、楽しめないのかなあ。

yatuhimeyatuhime2010/09/23 23:41クトゥルフダイス楽しそう・・・(´ー

HarjieHarjie2010/09/23 23:56山形に行きたい度がMAXを超えてクトゥルフダイスを購入しそうになりましたYO!
Once upon a timeは普通に楽しめそう。面白いと思ったらAP付与って感じで進めるとか
個人個人笑いのツボが違うのでそういうの含めて楽しめるんじゃないかな

masoppu3398masoppu33982010/09/24 00:41クトゥルフは1戦目は全滅、2戦目は私が正気度1つだけ残して終了だったと記憶してます。
ワンスアポンアタイムはもうちょっと濡れ場を用意すればよかったなと反省しています。次回やる機会があれば団鬼六ばりの展開を見せたいと思います。

hsu_maihsu_mai2010/09/24 21:37>シュンさん
思い出しました!みんな破滅に向かって突き進みましたね。
そうか「イア!イア!イア!」もきっとその時のですね。
是非次回も(開催されるのならば)審査よろしくお願いします。
 
>16bitsさん
たぶんウォッカルールだと20分したあたりで
全員リアル狂人になると思われます。とにかくビーズの減りが半端無い。
Once upon a timeはゲームの体裁を取った
コミュニケーションツールなのでしょうね。
そこさえ理解していれば楽しく遊べると思います。
 
>はーすさん
気のせいです^^
 
>Harjieさん
YOU!買っちゃいなYO! 840円は良心的価格な気がしないでもないです。
 
>まそっぷさん
明らかに正気を保ってたとは思えないまそっぷさんが勝ちとはこれ如何に。
濡れ場ですか、受けて立ちましょう。じゃあ私は渡辺淳一先生ばりの展開を・・・。

Fira_dsFira_ds2010/09/25 01:11セプト部のUNO鴻一郎を呼びましたか。

hsu_maihsu_mai2010/09/25 23:53>フィラさん
次回のログはここには載せられなさそうですね。
BBSPINKの創作板にでも投げ込みますか・・・。