Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2009-10-08

考察)ブックの組み方のはなし

01:28

 平日が忙しくてなかなか対戦会に参加できないhsuです、こんばんは。もりかるっ!!もアリーナ8リーグも楽しそうなんですが、睡眠時間や妻の機嫌などと相談しながら自重の毎日です。くやしいっ!

 

 という理由で。というわけでも無いんですが、私はアタマの中で組んだブックをそのまま対戦会の本番に投入することが多いです。スパーもCPU戦も時間が取れないというか勿体ないというかねえ。ひたすら同じブックで対戦して枚数や構成を練り込んでいくのが理想的なのはわかってるんですが、どうにもこうにも時間が取れない。白状しますと覇王1戦目やGPQ決勝ラウンドブック(類似ブックすらも)は、1度たりとも実戦やスパーで回してません。

 なんとなく脳内ブック構築のコツみたいなものが掴めてきたので、少し箇条書きで。昔はオーディンランスエンジェルケープなどを山盛りにしてましたが、それでは勝てないと入部以来の10ヶ月間で思い知りましたw

 

 

 意図的にひどいコンセプトブックを作るときもありますが、本気の時はだいたいこの基準に沿ってブックを作り投入しています。つらつら書きましたが、要はですね「どういう試合になるか厳密に考えて予想する」ことじゃないかなあ。

 みんなメタ読みは程度の差こそあれしてるはずなんですよ、護符無しマップコラプション持ってく人は流石にいないはずですし(パイエティコイン護符をゲットする人がいてギリギリの局面で刺さるかも知れませんが、それは99.99%あり得ないので排除しているはずです)。そこをどれだけ厳密にやるか。どんなクリーチャーが使われそうか、多用されるスペルは何か。そこを考えるのが面白いのだと思います。

ゲスト



トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/hsu_mai/20091008