Hatena::Groupculdcept-ds

hsuのさわやか研究所

2009-10-20

告知)「二つの玉座」を開催します。

00:47

 1周年大会のレギュレーション案として提案するも、惜しくも(?)敗れ去った「二つの玉座」。数人のセプターから「開催してください」と熱烈なご要望を頂いたので、自主開催いたします。

 期間は11月14日〜15日。GPと同じく予選リーグ大会と決勝大会の2本立てで開催します。詳しくは大会ページをご覧ください。成績優秀者に対するSPに関してもそれなりにつくように(予選突破1、優勝2が希望)管理部と交渉させて頂きたいと思います。

 

 どういう大会かを一言で表現すると「2位までが勝ち、3位以下が負け」という大会です。普段の大会では皆が1位を狙うようなポイント設計になっていますが、今回は1位11点、2位10点、3位-10点、4位-10点と、2位と3位で大きな差がつくようにしています。するとどうなるか。終盤の駆け引きで色々なパターンが出てくると推測されます。例えばこんなケースが出てくるでしょう。

  • 2位の人が1位にHWXをかけて、わざと上がらせる。
  • 3位の人が2位の人にメテオを打ち込んで自分の順位と入れ替える。
  • トップ目の護符に大きく乗っかっておこぼれに預かり2位を確保する。
  • 次にダイスを振るセプターが上がることを承知の上でバランスを打ち、自分の順位を2位に上げる。
  • 3人で競っているとき、2人が擬似的に同盟を組みトップを追い落とす。
  • リーグで上位のセプターを集中攻撃しつつ、自分は2位を狙う。

などなど。

 

 一つ注意しなければならないのは1位は11点と、微妙に2位より1点だけ点数が高いことです。リーグ終盤では1点単位で進出の可否が決まることもあるでしょうから、セプターによっては「何が何でも1位を狙う」状況の人もいるはずです。その辺の「思惑のアヤ」も楽しんでください。

 あと今回はリザーバー枠も設けました。決勝進出者から辞退者が出た場合はもちろんですが、必ず1人はリザーバーで参加できるようになっています。リザーバーは抽選で選びますが、抽選に参加するための条件は「2戦以上こなしたうえで1点以上(0点台は不可)を確保する」です。序盤に負けが込んでしまう人もいると思いますが、まずは自分の点数をプラスにすることを目標として対戦を続けてもらえればと思います。

 

 もう一つの特徴は、新入部員の方や初級者の方でも2位以内に入りやすくするためにハンディ制を用意したことです。セプター・オブ・ザ・イヤーにおけるシーズンポイントSP)が3以下の人だけ、普段の対戦会では使えないEカードを使えるというルールです。オムニポーテント護符20枚もらうだけでも相当強いですよ! とはいえ闇雲に使っても真価が得られないのがEカードの難しいところ。このあたりはまた別項でレビューしたいと思います。

 

 色々な人に終盤の駆け引きを楽しんでもらえる対戦会にできたらなーと。また折に触れて関連記事をアップしていきたいと思います。少し先の話になりますが、記憶の片隅に止めておいて頂けると幸いです。

 

 

追記:管理部との交渉の結果、SPは予選突破1、優勝2に決定しました。ふるってご参加ください。

 

ゲスト



トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/hsu_mai/20091020