Hatena::Groupculdcept-ds

155冊目の備忘録

 | 

2010-03-26

HEXAPODで使用したウサギブックについて 00:32

前書き(ウサギが分からない人向け)

 ウサギとはルナティックヘアの事です。対人戦で使われている所をあまりみかけませんが意外と高性能クリーチャーです。ウサギは、デコイクンフーモンク基本ST0のクリーチャーを問答無用で即死できますし、HP偏重の抵STクリーチャーアケローンキングトータスバロン等)に侵略して能力値交換をしておくと再度侵略するとき非常に倒し易くなります。拠点候補地に対する嫌がらせとしては結構良い感じです。それとウサギにはこの能力交換を用いた即死コンボが存在します。ウィークネスサキュバスリングとの組み合わせは有名です。

 僕は上記の即死コンボなら、サキュバスリングよりもウィークネス派です。サキュバスリング戦闘時に結構防がれますが、ウィークネス戦闘前に相手のSTを0に出来るので後は、ウサギが生き残るように配慮するだけです。また、ウィークネスウサギの良い所はコスト30Gで即死が期待できる点です。これは非常に安いです。こんなんでLv.5領地を抜かれた日には寝付きが悪くなるのは間違いありません。この他にも、ウサギとの組み合わせで即死が狙えるのはシェイドサキュバス等、相手のSTを0にするクリーチャーです。僕的にはサキュバスよりもシェイドがお勧めです。シェイドはST40の先制持ちでコスト60Gと悪くないステータスです。手札侵略移動侵略ウサギ即死の下地作りをすると良いでしょう。ただし、パイロマンサーには注意が必要です。パイロマンサーはダメージを与えると能力値置換でHP30/ST20になります。シェイドで0にしたSTが20まで戻ってしまいます。ここにウサギをぶつけると悲惨なことになります(要注意!!)。

 こういう書き方をするとウサギパイロマンサーの相性が悪く映るかもしれませんが、パイロマンサーに対しもウィークネスサキュバスリングでの即死コンボは有効です。

 これはウサギ侵略側だとパイロマンサーよりも先にウサギ能力値交換が処理されるためです。

 …こういった細かいことを前書きで述べてあまり長くしてもいけませんので、ここまでにしておきます。

 最後に、これから僕が紹介するウサギブック侵略回数が増えるブックなのでヘイト(恨み)の観点から言うと好ましくありませんし、また、僕の考えが至らないせいでブックバランスが悪いです。何か良い勝ち筋やブック改善の方法があればご教授願います。後、説明不足や間違い、表現が悪い点を指摘していただければすごく助かります。

 

ブック内容

 クリーチャー21枚

 アンシーン 1 シーフ 3 シェイド 3 ニンジャ 1 ヘッジホッグ 2

 ボージェス 3 ルナティックヘア 3 ヌエ 2 モスマン 3

 アイテム7枚

 カウンターアムル 1 サキュバスリング 1 チャーム 1 フュージョン 1

 ヘルブレイズ 2 ホーリーシンボル 1

 スペル22枚

 ウィークネス 3 シャッター 1 チャリオット 1 チャリティ 3 

 ドレインマジック 2 パーミッション 3 ポイゾンミスト 2 

 マジックダイス 3 リバイバル 1 リフォーム 2 リンカネーション 1

ブック解説

 ウサギ巻物がメインとなる侵略ブックです。モスマンはおまけ(多分)。

 このブックは小粒なクリーチャばかりなので、手順をきちんと踏まないと大変脆いです。ブックの力を引き出すためには、ボージェスヌエを場に出して、維持する必要があります。彼らがいないと本当に脆いです。ボージェスヌエは僻地に配置してなるべく殺されないようにしましょう。

 ただし、いったん彼らを置いてしまえば、配置したシーフはST69まで耐え、ヘッジホッグはST109まで耐えます。ルナティックヘアもST59まで耐えてくれます。アイテム無しの侵略で落とされることはまずないでしょう(支援・応援などで条件が整えば別です)。

 あと、ボージェスヌエが場にいる状態なら、相手のクリーチャーSTを0にする為にシェイド侵略する際、カウンターアムルを恐れないですみます。これは凄い強み。理由は、

  応援無しの場合 HP20 / ST40 

  応援有りの場合 HP40 / ST30 (応援効果HP+20、ST-10)

となり、HPSTより高くなり、反射ダメージで死ななくなります(自分か相手に支援が付いたら死にます。ウィルスエルダードラゴン応援でもか…)。

 ヌエボージェス応援について補足

 ヌエ応援効果は結構忘れられていますが、“侵略側ST-10”は見落とすと手痛い目に合います。自分が防衛側の場合、これにボージェス応援が組み合わされば無属性HP+30されているようなもので、アイテム無しの侵略ではまず落ちません。ただし、ST青天井系のクリーチャーST-10の影響をほぼ無視するので見かけたら要注意です。(後はエルダードラゴン等の重クリーチャーサーベルクローパラディンバジリスク等の即死系か)

 その他としては、

 領地コスト配置制限持ちがモスマンヌエの計5体。他は全て無属性ばかりが16体。これは、ぼちぼち初手事故を起こす数字です。HEXAPOD土地配置の仕方が巧妙なので配置制限持ちは運用が難しいです。特殊地形や地土地に阻まれて、モスマンはあまり良い働きをしないでしょう。

 先制持ち同士での争いはモスマンとST40の先制クリーチャーが合計7体いるので、そこそこ対応できます。

 拠点候補はヌエシーフの計5体。準拠点ヘッジホッグ2体となります。割と心もとない数字です。

このブック侵略手段について

 結構多彩な攻め方が可能です。まとめてみました。

  ホーリーシンボル侵略             不死即死

 モスマン侵略                  そこそこのSTで殴れる

 ウサギ侵略                  基本ST0のクリーチャを即死

 ウサギ侵略後にチャーム            能力交換前の基本ST30まで対応

 ウサギ侵略後に普通に殴る           殴ったクリーチャの能力の範囲で倒せる

 シェイド侵略後にウサギ             即死

 シェイド侵略後にヘルブレイズ         MHP60まで対応

 サキュバスリングウサギ           即死コンボ

 ウィークネスウサギ             理不尽な即死コンボ

         +ヘルブレイズ           MHP60まで対応

 ポイゾンミスト                   MHP10まで対応  10-10=0

 ポイゾンミストチャーム             MHP40まで対応  (40-10)≦30

          +ヘルブレイズ          MHP60まで対応  (60-10)-40-15=-5

          +ヘルブレス強打        MHP90まで対応  (90-10)-60-24=-4

          +フュージョン          MHP80まで対応  (80-10)-50-21=-1

          +フュージョン強打       MHP110まで対応 (110-10)-75-30=-5

                            (↑ゲーム上でのMHPは100が上限)

 侵略補助スペル

 チャリオットルナティックヘアモスマンシェイド等で奇襲をかけられる。侵略機会の増加を見込め、条件さえ合えば、1ラウンドに2回侵略出来る。

 

 リフォーム対象:グレムリンアムルザ・ハンドネクロスカラベホーリーグレイル

シャッター対象)マジックシールドハンドカフス巻物ST 50補正の武器カード… 等、状況を観ながら適当に。

 といった感じです。正面から堂々と敵の拠点を落とせるのはモスマンだけです。他はすべて搦め手になります。グレムリンアムルを積んだらもう少しモスマンが活躍するとは思うのですが、巻物メインのブックであるため、天敵であるグレムリンアムルリフォーム対象だからブックから抜いてあります。ただ、グレムリンアムルは加えた方がいいかもしれません。検討の余地ありです。

相手のSTを0にする方法について

 前書きにも書きましたが、僕はサキュバスリングよりもウィークネス派です。アイテム戦闘が起きないと消費できませんが、スペル手札で腐りそうになったらとりあえず撃てる強みがあります。それともし、手札ウサギがいて、踏める範囲に落とせる高額領地がある場合はウィークネスをかけておくと踏み対策にもなります。あと、これは理想論ですが、ボージェスヌエの隣に置かれたクリーチャーに撃つとST0になるので侵略はまずされません。(実際にはボージェスヌエも大体“踏み”で倒されます。)

 あとはシェイド手札にあればとりあえず侵略してST0 にしておきます。即死ヘルブレイズ強打の下地作りは大切です。

ポイゾンミストについて

 対人戦であまりみないスペル呪いをかけたクリーチャーは結構放置されてる。やっぱり、バインドミストみたいに完全に無防備になるわけじゃないからか。でも巻物との相性は良好。応援が無い場合は、ポイゾンミストフュージョンでエルドラ・ダゴンを倒せます。侵略する際は、応援の有無を確認する事が大切です。

(*追記:倒すだけで領地の取得は望めない。理由はダメージは戦闘終了時だから反撃を食らう。土地が欲しいなら事前にSTを0にする必要があります。それかアンシーンを使う。)

 それと、ダメージは地味に効いてくるので、巻物が無くても適当に呪いをかけて、アンシーンシェイドヘッジホッグ辺りでノックすると良い感じです。

 あと、ダメージスペルとして使えば、Gラットデコイフレイムウィビルパウダーイーターウィルス破壊できる。(フレイムウィビル以外はどうでもよさげ。)

スペルについて

 パーミッションマジックダイスの計6枚。パーミッションは他の足スペル地変スペルに置き換えても問題ないと思います。マジックダイス土地を取るとき便利です。ヘイストだと走り過ぎる恐れがあります(たんに自分がMAPのどこにいるかの問題かも知れませんが)。

 足スペルが少ないような気がしますが、侵略ブックなので、ブックを回すコストをまかなえれば問題ないので、それ程周回数にこだわらなくても良いと思います。そもそもマナ積んでないや。

ドローエンジンについて

 チャリティ3、リンかネーション1、リバイバル1、の計5枚。いまだに1枚挿しのリバイバルにどれ程の価値があるかは未知数です。役に立ったり、立たなかったりです。リバイバルガセアスフォーム等の防衛アイテムに差し替えると良いかもしれません。

ドレインマジックについて

 手札に持ってると相手の現金輸送を防げます。護符の無いMAPだと“土地への投資”1択。ランドトランスも牽制できる。後は、手札が揃うまで待って、高額領地を落としにいきます。ただし、落とせるかどうかはいつも運しだい。

ブックの使用感

 無属性中心で小粒揃いなので、全体ダメージスペルには弱く、エレメンタルラステンペストが来たら全滅することがあります。そこはまぁご愛嬌ということで。

 魔力形成速度は地変スペルを入れていないので遅いです。おかげでチャリティ手札を回せます。魔力形成こそ遅いですが、ブックコスト自体は良好なので投資用の魔力を拠出する事は十分可能です。ヌエシーフ拠点化しましょう。

 アイテム数を絞っているブックに対しては強いです。でも、援護ブック特に無属性援護とは相性が悪いです。援護ブックをみかけたら、他の人の影に隠れましょう。

 リフォーム対策でアイテムを分散しているブックもしくは、全員がバラバラなアイテムを持っている状況は対処に困ります。そういう状況のときは起きないかもしれませんが、潰し合いが発生するまで待ってみましょう。乱戦となればお手の物です。落とした土地を守れないのは困った点です。 

ブックの改善案

 パーミッション    →   スナッチ

 リンカネーション   →   スナッチ

 シャッター      →   スナッチ

 スナッチ3積みでヘイトがガンガン上昇しそうな予感。ただ、上手いこと機能すれば膠着した場面を転換する力になります。失敗すれば50Gとスペル機会を損した形です。スナッチはある種のギャンブルなので、シャッターの方が堅実かもしれません。

 クリーチャーに関しては、配置制限のあるモスマンは、ナイトエルフに差し替えても問題ないと思います。ナイトを加えれば不足がちな拠点候補が若干改善されそうです。また、これらのカード強打持ちで侵略力があるので投入する際はマサムネを2本程入れると良いのではないでしょうか。拠点化と先制巻物クンフーモンクも良い感じ。

 

最後に

  最後に、重要なことを一つ。ST0のパラディンでも支援もしくはアイテムが付けば無属性即死できます。特に支援は見落としがちなので調子に乗って支援付きパラディンウサギで突っ込むとウサギが死にます。ご注意を。(僕は結構コレをやってます。)

 それでは良いウサギライフをお送りください。

追記(2010/3/27/12:10)

 ST補正があるクリーチャーウサギで殴るときも要注意です。

 基本STは0にできますが、補正値はそのまま残るのでウサギ殺されます。忘れてました。

 ガーゴイルは防衛時常にST50まで補正が入ります。モスマンデュラハンファイアードレイクフレイムウィビルあたりは配置数で補正が入りますので気をつけてください。

                                  以上

cepter16bitscepter16bits2010/03/27 00:54先日の対戦では、お疲れ様でした。
不躾なお願いにも関わらず、詳細なレポートをありがとうございます。

HEXAPODでは連鎖が作りにくいので、地変を入れていないことのデメリットがかなり緩和されています。
相手の拠点のみを落とすこのコンセプトなら、地変は無くて良いような。

ルナティックヘアの何が問題って、奪った後で他人に奪い返され(漁夫の利になり)やすいことです。
その後のフォローをするためのボージェス+ヌエなんですが、維持が難しいですね。

ヌエは、レベル1侵略を抑制してクリーチャー戦を抑え目にし、走り合いの展開に仕向けやすい。
そこから高レベル土地を落とすコンセプト&チャリティでコンボカードを揃えるシナジーは、感心させられました。
ただ、もう少し広めで土地を確保しやすく、相手の拠点を踏みに行きやすいマップの方が、このブックの良さは生きると思います。

HEXAPODの試合が終わった後で、私も考察を書くつもりです。
また、対戦する機会があればお願いします。

KasupiKasupi2010/03/27 00:57155さんは色々なコンセプトファイルを使用されていて、解説も丁寧なのでとても分かりやすくて嬉しいです。
僕も兎ブックが使ってみたくなってきました。あと、ブックを日記に張る時はbookdb(http://aa1.versus.jp/bookdb/)を使うとやりやすいですよ。ページを開いたらブック登録でブックを登録してExportというところをクリックすれば貼付けようのタグが出ます

ichigo-goichigo-go2010/03/27 02:0516bitsさんへ
 ヘキサの土地は20マスなので4人だと一人頭5マスの計算。この中でヌエとボジェを維持するのは多分無理があると思います。ヌエはHPが50あるからいいですが、ボジェは2体配置できないと厳しいです。
ご指摘の通り、もう少し広いマップで隅っこの方におけたらブックが機能すると思います。
 あと、ヘキサの考察楽しみにしてます。重力制御を閲覧させていただいております。僕は、あそこで護符の重要性を認識した人間なので。
Kasupiさんへ
 ブックデーターベースってそうやって使うんですか!初めて知りました。有難うございます。今までは単にブックを保存する目的で使ってました。今度からこの機能を利用します。

o_co_c2010/03/27 02:51こないだの対戦どもでした~^^全力のウサギブックは久しぶりに見た気がしますw

ただ、ちょっと気になったんですが、兎の変換能力は永続的なものじゃなくて戦闘終了時のみなのでST10の奴が試合後にMHP10にはならなかったと思います。侵略手段に「ウサギ侵略後にチャーム」があったので一応・・^^;

SUPPASUPPA2010/03/27 03:34梯子にて、うさぎブックにボコられた者です!対戦どもでした~。
侵略手段をここまで用意してるのも驚きですが、足スペルがほとんど無い事にもっと驚きました。
自分には全く無かった考え方なので、刺激になります。ぜひ使わせてもらおうw
また対戦よろしくです~。

ichigo-goichigo-go2010/03/27 10:28o_cさんへ
ウサギの変換はチェンジソルブとは違い、永続的なものです。
これにより素晴らしいのロマンが望めます。
ダゴンプリンをHP20/ST100にして遊んだり、成長させたパウダーイーターをHP41/ST100にしたり出来ます。
同盟戦向けのロマンですね。機会があれば是非試してください!!
SUPPAさんへ
エルダードラゴンをボコッてごめんなさい。最後にイビルブラスト引かれた時は、焦りました。
絶対ヘッジホッグに飛んでくる。飛んでくるぞ!とだって、SUPPAさんの足が火土地に向かってましたもん。
シーフとの交換が間に合って本当に良かったと思います。
こちらこそ、対戦をよろしくお願いします。

Evy256Evy2562010/03/27 13:50すみませんw
もう、いろいろ語りたい事はさておき、155さんみたいな学者肌の熱い人大好きですっ!!
今度対戦させて下さい!!

ichigo-goichigo-go2010/03/27 22:07>Evy256さんへ
セプト部での対戦は皆それぞれ個性があって面白いですね。
wi-fiではこの人面白いブック使っているなぁと思っても、
また対戦できるかどうかわかりませんから、こういうコミュニティーは楽しいです。
今度、お互い部室で顔を合わせたら対戦しましょう!

 |