Hatena::Groupculdcept-ds

←ハウンター

2009-06-07

名古屋OFF「第2回 裸婦像杯」のこと

| 19:55

2ヶ月くらいカルドセプトをやっておらず部室でもご無沙汰していたので、第2回名古屋OFFに参加しました。勢いで。

1回戦交換用ブックを前日の夜、2回戦用ブックを当日移動中に作っている辺り、無計画にもほどがあります。しかも二心新大陸の両マップ共に当日午前のスパーが初体験だったりして、マップ画像作成者なのになんたることか。ただ、アバウトさに溢れてはいますがブックは真面目に作りましたし、対戦も即興の計算とフィーリングで最適と思う行動を選んでいきました。

結果、1回戦と2回戦で両方とも1位。自作ブックが4位だったので総合ポイントで2位でした(もう一人、イノセンスさん(id:cardhero-bu)が同順位)。

私のブックを使ったたきさん(id:taki77)は「私のプレイングのせいで、ブックのせいじゃないですよ」と言ってくれましたが、それでも反省点は多々ありますし、もっと練ったブックを渡せばよかったなぁ、というのが率直な感想です。

以下、各対戦を少し詳しく。よく覚えていない部分が多いので、詳しくと言いつつ大雑把気味。

1回戦

新大陸ブック交換戦。私が使用したのはひげさん(id:hige13)が作成した火ブック。相手はダイジさん(id:wednesday1976)、少年さん(id:shonen13)、イノセンスさん。

ドロー配置条件などの関係で4人ともほとんどクリーチャーを置けない展開。そのため全体的にスロースタート。辛うじて伸びているのが、北の火土地と無土地に数体置けた私。そこで他の人たちに北の火護符を買いに走られたので、火連鎖を伸ばすのを遅らせて私も護符を70枚購入。そこから領地伸ばして、この時点でぎりぎり1位。

そんな状況で「コラプションが来たら嫌だな~」とか言っていたら、本当にコラプションを引き撃ちされて手持ちが-450Gに落ちる。既に全員がかなりの量の北火護符を持っていたことから、護符を売りすぎると追いつけなくなる可能性が高く、領地を売ると保有枚数が多い私の損失が大きすぎる。なんてことを少し考えて、護符を手持ちがプラスにならない程度に売り、1個だけ作ってあったLv3領地を売却。かなり安くなった護符を買い戻して最終的に90枚にまで増やしました。

あとはパーミッションや足を駆使して北に高レベル土地を量産。もちろんローカストや再度のコラプションといった遅延が連打されましたが、致命的になる前にパーミッション引き撃ちで逃げ切り1位終了コラプションでの損失は計1600G也。

2回戦

二心で対戦。水ブックを使用。

二心用水単」 written by IC
Creature18Item5Spell27
G・イール4エンジェルケープ2シンク2
キングトータス2グレムリンアムル1テレポート3
シーモンク3フュージョン1ハウント3
ジオファーグ2ホーリーシンボル1パーミッション3
ネッシー2ヘイスト3
ファンガス2ホープ4
リザードマン3ホーリーワードX3
マナ4
リンカネーション2

相手はsaecoさん(id:shellman1234)、ジーアさん(id:umikaze)、ひでのりさん(id:hidenori0418)。

全員比較的よく伸びていき、Lv5やLv4が林立する中を皆が足を駆使して周回していく状況。

終盤、ひでのりさんが手持ち魔力を使い切りアイテムが使用不可になった時、私がホーリーシンボルドロー。即座にひでのりさんのLv5ガーゴイルに隣のリザードマンを突撃させ、それを奪って光る展開に。

まだ山札にホーリーシンボルが残っていることは当然把握していたのですが、盤面で高額を守る不死がアンダインガーゴイルしかおらず、アンダインは水無効なのでずっとガーゴイルを狙っていました。ただ、カウンターアムルホーリーグレイルを持たれていたので、実際に取るのは無理だなぁ、とも考えていました。上手くチャンスが訪れたのは僥倖。

そこからに戻るまで足無しで半周することになりましたが、他の人が比較的防御主体の手札だったせいか妨害も薄く、無事帰還。1位終了

結局、全員が高額領地を多数作り林立してたのに、それを踏んで高額支払いした人が誰一人いませんでした。皆の足スペルの使い方が印象的な試合でした。

taki77taki772009/06/07 23:14オフお疲れ様でした。
そうだ~!私さえ頑張ってればICさんトップだったのかぁ~。
と今更ながら申し訳ないです。
2枚入ってるコラプのタイミングに悩みました。
今後ともよろしくです。

ShunTheWandererShunTheWanderer2009/06/08 21:29第1回に引き続き、遠くからの参加、お疲れ様でした。
最近は部室でお見受けする事も少なかったですが、
ICさんと久しぶりに対戦出来て嬉しかったですよ。
でも、ハウントは勘弁w

HarjieHarjie2009/06/09 13:01ICさんを見て「あぁ名古屋OFFだ」と感じたんですが、
良く考えたらICさんは名古屋の人ではありませんでしたw
またゼヒお越しください!