Hatena::Groupculdcept-ds

Floating_Space DSセプト部分室

2010-04-29

GPアリーナ6についていろいろと。

| 01:21

偉い人は言いました。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし、と。




GPアリーナ6の前哨戦と予選リーグはは運で勝った試合やどうして勝てたのか分からない試合が多かった。


まで7歩、次のターンで相手が達成という場面で素ダイスで7が出て勝利

・自分がの上、相手が聖堂周辺という状況で足勝負になるが、レイクリープドロー横の自土地に飛び、次のターンに引き返して勝利

・20Rあたりまでクリが3枚くらいしか来ないという壮絶に事故った試合で勝利


まあ最後のは本来なら1手差で負けてたのが第三者のうっかりで勝たせてもらったわけですが。



で、決勝について。

たきさんがフルスペルブックを使ってることは最初のほうでわかりました。

初手5枚がすべてスペルで「もしかして」と思い、グレイスドローしたことで確信した感じです。


その上で最終局面を振り返ってみると、

手番はほうたるさん→私→たきさん→S伯爵さんの順。


自分のターンが回ってきたとき、ほうたるさんが7000Gを超えまで素ダイスで届く範囲。たきさんはまだ総魔力5000台後半。

また、たきさんはリコールメテオを所持。


このターンで私が周回ボーナスをもらって、横の土地レベルアップ

たきさんはこの護符を50枚相乗りしているため総魔力が6300Gほどに。


たきさん、メテオをほうたるさんの土地に撃つと思いきやリコール周回ボーナスが900G近く入り目標達成

自分の上げで達成に届いた以上自分のミスということになりますが、原因としては

・たきさんが「次にほうたるさんの土地メテオを打ち込もうとしている」ことに気をとられすぎていた

護符ブック周回ボーナスを甘く見ていた

ということになるでしょうか。

この時点で自分がかなり遅れを取っていたので、焦りもあったとは思いますが。