Hatena::Groupculdcept-ds

ダウンロードマラソン

DSセプト部 > 最近更新された日記 > 最近更新されたページ > カレンダー > このサイトについて : カルドセプトDSで楽しく遊ぶ部活動。活動は終了しました。
無火水地風アス

ダウンロードマラソン

ダウンロードマラソンは全部で15種類あるダウンロードマップを完走する企画。

対戦会リーグ戦ではないので優勝争いや順位表などはなく、自分のペースでのんびり遊ぶ。

概要

日程2010-01-01 00:00 ~ 無期限
主催ウェザリング (id:weathering)
  • ダウンロードマップを、どんな形でも構わないのでプレイします
  • 順番やレギュレーションは自由ですし、フリー対戦でもワイヤレス対戦でもオフ会でも公式ランキングでも何でも構いません
  • どのマップからプレイしても構いません
  • 対戦結果に応じてスタンプを獲得します (後述)
  • スタンプが規定数貯まったらクリアとなります
  • 15種類のマップすべてをクリアしたら完走となります
  • 早めに完走した人は、ぜひ他の人の完走にご協力ください

スタンプ

2〜4人戦、同盟戦のいずれであるかと、その順位によって次のスタンプを獲得します。スタンプを何個集めたかは全て自己申告とし、自分で管理してください。

 4人戦3人戦2人戦同盟戦
1位1位  
2位2位1位1位
3〜4位3位2位2位
  • ひとりで対戦モードでコンピューターと対戦した場合、スタンプは得られません
  • 故意・事故に関わらず切断してAI化した人は、スタンプは得られません
  • 切断した本人以外は、最後までプレイすればスタンプを得られます
  • マップごとに、次のいずれかを満たすとマップクリアとなります
    • 金スタンプ1つ獲得
    • 銀スタンプ2つ獲得
    • 銅・銀スタンプを合わせて3つ獲得
  • 最小で1回、最大で3回プレイすれば必ずマップクリアとなります
  • 2010年アタマから開催期間としますので、既に対象マップをプレイしている場合、自己申告でスタンプをつけて構いません
  • 途中から遅れてスタートする人も、CMS の記録や自分自身の記憶を頼りに自己申告でスタンプをつけて構いません
  • 心機一転して最初からスタンプを集めたい人はゼロからスタートしても構いません

参加方法

開催期間中に既にダウンロードマップで対戦した人は、参加時点で自己申告でスタンプを獲得できます (しなくても構いません)。まだ対戦してない人は、参加する前に1度対戦してください。

その対戦成績に応じてスタンプを獲得し、それを自分の日記に記録します。次のコードを自分の最新日記にコピペしてください。

(↓ここから)

***ダウンロードマラソン スタンプ帳
|*マップ|*1|*2|*3|*状態|
|HEXAPOD| | | |未クリア|
|ねじねじ| | | |未クリア|
|JUNCTION| | | |未クリア|
|S| | | |未クリア|
|10周年| | | |未クリア|
|Q| | | |未クリア|
|LADYBUG| | | |未クリア|
|うし年| | | |未クリア|
|双発飛空船| | | |未クリア|
|アイアンハート| | | |未クリア|
|梯子| | | |未クリア|
|二心| | | |未クリア|
|ムーンベース| | | |未クリア|
|逆ケルダー| | | |未クリア|
|新大陸| | | |未クリア|

(↑ここまで)

最初の対戦で得たスタンプに合わせて「| |」を「|銀|」のように書き換えます。金1つか、銀2つか、銀・銅3つが貯まったら「|未クリア|」を「|クリア済|」のように書き換えます。

その後、対戦を続けてスタンプを得るたびに更新します。単に表を書き換えただけなら日記を保存する時に「ちょっとした更新」のチェックを入れるとオススメです。また最新の日記を書く際に、対戦時のメモや使用ブックなどを添えて、更新されたスタンプ帳を表示してくれたりすると素敵ですね。

以下はスタンプ帳の例です。次のように表示されます。

ダウンロードマラソン スタンプ帳
マップ状態
HEXAPOD 未クリア
ねじねじ   未クリア
JUNCTION   未クリア
  未クリア
10周年 未クリア
 クリア済
LADYBUGクリア済
うし年   未クリア
双発飛空船   未クリア
アイアンハート   未クリア
梯子  未クリア
二心  クリア済
ムーンベース  未クリア
逆ケルダー   未クリア
新大陸 クリア済

他の誰かと優勝などを争うわけではないので、すべて自己申告で大丈夫です。自分のペースで完走を目指しながらスタンプを集めてください。

ちなみにスタンプ帳はあなた自身がわかればそれで良いので、スタイルシートなどに詳しい人や画像を使える人は、表示方法を自由に改造してくれて構いません。

基本的にある程度のゆるいルールに従いつつも、各自が自分のペース・自分の楽しみ方で続けてくれるのが理想です。