Hatena::Groupculdcept-ds

てつの波乗り日記(仮)

2009-07-30

ブック構築のヒント。

| 03:29

"ブック"って何だろう?

試合中に使える50枚のカードの集まり。

試合開始時にシャッフルされ、1ラウンド毎に山札から1枚づつドローしてゲームを進めてゆきます。

50枚全て引ききるかリバイバルや祠によって山札が復旧されない限りリシャッフルはされません。

つまり、それまでに引いたカードを覚えていれば山札の中に何が残っているのか特定する事が出来ます。

どういうカードを入れるべきか

カードを選ぶ上で大切な要素は4つ。

1,役割

2,汎用性

3,費用対効果

4,相乗効果

要素その1:役割

カード試合中に果たす役割。

大きく分けて"目標達成"と"他者妨害"の2種類。

カードタイプ別に分類すると

クリーチャーばら撒き拠点防衛、侵略用など

アイテム:防衛、侵略ゲインなど

スペル:移動(足)、連鎖形成(地変)、ゲインなど

要素その2:汎用性

場の状況に関わらず安定した効果を発揮できるカード。代表的なカードマナホープ

複数の役割を担うカードも汎用性が高いと言える。

例えば、防具としてだけでなくトランス狙いも可能なホーリーグレイルや、連鎖形成に加えて他者の妨害をできる地変スペルなど。

要素その3:費用対効果

効果に対して、その費用(ゲインディスカード)が割安なカード

費用対効果の良いカードの例がヘッジホッグマミー。その逆がニンフ

要素その4:相乗効果

シナジー。2枚以上のカードの組み合わせで、それぞれのカードパワーをより引き立たせる効果

有名なものはカタストロフィジーニーアースシェイカーチャームなど。

侵略ブックドレマジも良い相乗効果を醸し出しています。

てつこの3分ブッキンング

自分の戦略を実現できる役割を持つカードと相乗効果を狙いつつ、汎用性・費用対効果に優れたものからピックアップしてゆくと・・・あら不思議!ブックが完成しています!

さいごに

今回紹介した4つの概念は他のカードゲームにも応用が利くので覚えておいて損はありません。

公開されているブックに入っているカードの役割を予想したり、ブック内のカードでどんな相乗効果を狙っているのか考えてみると楽しいかも。

気が向いたら某デッキ構築理論について書いてみようかな、と思います。ではでは。

mizuha0720mizuha07202009/07/31 12:05こんにちは~
ブック構築のヒント、大変参考になりました。
4つの要素から、ブックを構築して行くんですね。
汎用性があり、分かりやすいです

>気が向いたら某デッキ構築理論について書いてみようかな、と思います。
是非書いてください、期待してます

nami_pikanami_pika2009/08/01 00:03> mizuha0720 さん
こんにちは!
分りやすいですか、ありがとうございますっ
今度からブックを組む時にちょっとだけ意識してみてくださいな~