Hatena::Groupculdcept-ds

夜喰兎対戦考察

2008-10-21

ともだち対戦5,6

| 13:04 | ともだち対戦5,6 - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

三人にさらにGuvavaさんを加えた四人対戦

スネフ

今度はちょっと真面目な感じでいこうと火ブックを作成しました。

ブックコンセプトはバアル、バルキリーで攻め、デコイ配置

手札がなくなったらところでスワップスペルだったのですが・・・。

配置は上々に行きチャリオットからホムンクルス侵略させ、フレイムロード変身なんて力技も成功しましたが。

火はかぶらず一人で悠々とバアル2体並べるところへディスコード炸裂

急遽手札ケットシーへ交換します。

touさんのマッドクラウン配置され、急いで倒したいと思うものの

横付けもできないし、とまれない。

水の領地拠点として育成していくのを見てバルキリー無双を結構しようと判断。

拠点までをはさんで8つ先のリリスまで地道に行進させます。

チャリオットで飛び、マッドクラウン効果も忘れていたものの、touさんへのプレッシャーだけでアイテムを使わせずに侵略成功。

あと一歩まできたのですが、シーボンズを配置されていまします。

シーボンズを別のクリーチャーを倒したものの自分のクリーチャーも処分できぬままtouさんの独走を阻止しようとするもゴールまで近い。

一発逆転をかけてケットシーをLv5へあげるとGuvavaさんがどんぴしゃで踏み、首位に並ぶ。

が・・・

なおtさんのカオスパニックで再度ケットシー踏むと今度は略奪される。

これで一気に2000差をつけられたところ自分がtouさんのLv5を踏み

残りG50台まで

Guvavaさんも踏みtouさんが圧倒的な魔力を所持しつつゴール。


四人対戦part2

カリン

アースシェーカーは使えない、テンペストも決定力にかけそうだ。

残ったのはやつしかいないってことでカタストロフィブックです。

最初からジーニー手札に仕込みつつ風を二つ確保するも配置制限にやられてるうちに、エレメンタルラスで風1つ破壊されます。

その後もジーニー配置することかなわず、手札カタストロフィー、スウォームが。

自分の場のクリーチャーは次々と破壊され、仕方ないなっと発動。

手札を警戒し連発する間にクリーチャーを交換したGuvavaさんが首位へ。

なおtさんが育てたLv4ブラッドプリンが見事破壊され、みんなでそこを奪い合います。

みんなでニアピン連発していたところいち早くtouさんが場を抑え一気に駆け上がります。

ソウルスチールブックの最後にうまりまくっていたのを連発しマナを補給しつつ

一発の上位争いに食い込もうとしますが。。手札の補充かなわず一気にうまっていく土地を確保できぬまま。

土地へ~・・・お一人ジャストミート。

これが決定打となりtouさんの勝ち終了しました。


昨日はかなり連戦で戦いました。

なおtさんはまだカードがあまり集まってない中。ジャッジメントやバルタンダースなんていうギャンブル性の高いブックが仕上げられつつあり。

ばら撒きの無色から力を蓄えたモスマンST+90なんて場面も。

電力不足なんかで二度落ちをし、最後の一回で引退をかけての勝負でしたが、見事引退を逃れましたw

touさんはマイコロンマッドクラウンの印象がとても強かったです。

やっぱランドプロテクターはよさげかなぁと思いつつも、自分の守りよりも相手の拠点破壊に目がなく・・でも結局touさんの拠点破壊にはいたらず。

今作では土地変化スペルも弱体化してるながら、テレキネシスがどうしても怖いんですけどね。

次は勝つ!みたいな感じでネタブック作っとこうと思ったり。

Guvavaさんはチャットで何度か見かけながら昨日初対戦。

かなり堅実なプレイしをするんですが、どうも高額領地へ引き寄せられるような気がします。

本人いわくカードが足りないそうなんで、ブックを強化していくと。ブックはどう変わっていくのか次の対戦する機会に見てみようと思います。


自分もいろいろあれやこれやと色を変え、ネタを変えていったんですが。

どのカードにも穴があってしあげが難しいなって印象が否めませんでした。

が、いろいろなカードを試す機会ってのはやはり重要だったのではないか、と思います。

今回の対戦でみたところではマナのような確実なG獲得とはならないものの、乱戦中ならソウルスチールがいいペースでマナを補充してくれました。

まだ書いてないランキング戦で使ったところ、一度目ではマナよりも稼いでくれたので、今後も使うかどうか迷います。

ブックサンプルとか出して改良のためにコメントがついたりしたら面白みがあると思うのですが、どれぐらいコメントついたりするでしょうね?