Hatena::Groupculdcept-ds

夜喰兎対戦考察

2008-11-01

ともだち対戦XX

| 22:04 | ともだち対戦XX - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

アリーナ1,R2ルール

風来のシュン、コカトリス系のネタブック

なおtさん、火

スヴニール、無色ジーニー

序盤からなおtさんのLv3にあげた土地を奪い合い。

で、自分が自分が序盤から頻繁にイビルブラスト2発。

シュンさんがコカトリスミューティーションで強化し、Lvをあげると

踏みつけ一気に魔力を放出。

さらにそのすきにLv4のグレムリンサーベルクローで自分が奪いました~。

その下側ではスヴニールさんがちゃくちゃくと風土地でのLvあげを破棄し、

水へと土地変化を進めました。

かなりの数がそろったところで護符と一緒にジーニーをLV5へ。

コプラションで所持魔力がマイナスになるとジーニーを手放し、水へ地形変化させたアンシーン、ヘッジフォックへと魔力をそそぎ、目標突破。

最後にスヴニールさんの手札からフージョン、アンシーンを奪いLv5になった土地を奪いにかかったのですが、ダイスの目が大きすぎ、次のラウンドでゴールされてしまいました。

収入6

支払15

戦闘3/8

防御3/5

スペル17

領地4

周回8

風来のシュンさん、地

ライムさん、水地

下駄さん、風ウィルスヌエ

マップゴザ、ランキング仕様

序盤リコールからひたすら半周だけを重点的に周回

土地がうまいこと配置されながらいきますが、ブラッドプリンのLvをあげるわけにもいかずぱっとしないまま。

下駄さんのヌエウィルスが場に成立し戦闘混乱し、ガスクラウドを倒し損ねるなども。

シュンさんとライムさんが地の場で争っている中。

ミューティーションをかけてHPをあげたマントラップをLv5へ。

これで一気に優勢に傾き。

下駄さんがマントラップを落とすべく、隣のクリーチャーニンジャへ交換。

次のラウンドでフージョンを使った戦略にでたのですが。

ここでマントラップを直踏みし、これで破産。

この後の巻き返しができず、下駄さんの勝利。

ライムさんと自分が二位争いに興じると、もう1ラウンドでライムさんの高額領地を取れる状態ながら、シュンさんのゴールで逆転の手段を行使できず。

そのまま3連鎖までいった土地をあげておくべきかと悔やまれます。

途中マントラップを避けるためのフライ手札にためながらも、スペルなしのダイスマントラップ止まりが出てしまい、周回に若干の遅れが。

フライが安定しないとはいえ、あそこまでマントラップ行きのダイスが平均値よりも高いと仕方ない気もしてしまったり。

収入14

支払4

侵略4/9

防御1/6

スペル15

領地11

周回5

ともだち対戦X

| 16:25 | ともだち対戦X - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

ろんめいさんが水、

なおtさんが地火

Snapさんが水キノコ、デコイ強化ブック

コストクリーチャーブック

ランキング仕様のゴザマップで対戦です。


前回Snapさんのキノコが大増殖したわりに今回もずいぶんと弱めのクリーチャー主体です。

ほそぼそと配置しながら、あまり物が増えてきたかなぁと思いつつ初っ端からスワップスペル

さらにここで仕入れたスワップスペルでまた交換と、若干コストパフォーマンスに響くかなぁと思いつつ低コスト化させたおかげで資金的に負担にはならなかったと思います。

最近では戦闘即死に任せたやり方が多くなってきたのですが、

獣が倒せないのが辛いと思いつつ。

ろんめいさんがあげたLv5ブラッドプリンクレリックバンディット

さらになおtさんのクレリックで囲うと。

一足先にクレリックで進撃、がこれが即死しない。

そしてなおtさんが一度ブラッドプリン踏んでしまい、移動侵略からクレリックで今度は倒すも、周回をし終えたろんめいさんがさらにクラーケンクレリックを撃破。

先に土地踏みつけ、所持魔力を減らしてしまったのが響いたようでした。

クラーケンに変わってしまったのでライトニングを用いて再度クレリック攻撃です・・・がこれをまた外す。

さらにテンペストで隣に配置してあったバンディットも倒され、周辺からクリーチャーが一掃されてしまいました。

お金を余らせたろんめいさんが、これを気にクラーケンをLv5へ。

さらにまたしてもなおtさんが踏みつけ破産。

レイクリープも駆使して連鎖をつなぎ。また所持魔力でLvをあげ。

ゴール直線さらに、自分がLV5クラーケン踏むと破産手前。

そのままゴールしてろんめいさんの圧勝。

収入5

支払2

侵略2/6

防御3/6

スペル14

領地3

周回5

ともだち対戦X

| 02:09 | ともだち対戦X - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

マップはアリーナ1

今回は次の部内大会のためにR2ルールで行いました。

自分、ドラゴン無色

スヴニールさんが風

Q太郎さんが火

月島さんが風


序盤から順調にばら撒き、あまり競争率のない水の土地がわりとすぐに確保ができました。

スヴニールさんのジーニーランドプロテクトがかかり、一気にLV5へ。

無効化能力があるものの、三回という戦闘回数の制限から、横付けして攻撃する機会をうかがいます。

さらに風へ土地変化を行っていた月島さんのナイトがLv5へ。

ナイトを通り過ぎ、スワップスペルニンジャフュージョンを手に入れ、運よくジーニーへ殴りこみを成功させます。

と、次の周回でスヴニールさんが同じくその土地踏みジーニーで取り返してきました。

ただ、このスワップで手に入れた武器としてクレイモアがあり、

見事サンダービークマサムネナイトを撃破。

また逆転劇をみせます。

下側の大量の確保した土地の中へ、エルダードラゴンを交換で召喚

また、アースシェーカーの対象からすり抜けたサンダービークはうまいこと

場を切り抜けた感じがありました。

終盤では大きな変動。

スヴニールさんが二体目のジーニー召喚しこれをまたLV5まで一気にあげると

月島さんが踏み一気にリードします。

危険を感じてスワップスペルからテレキネシスを奪い、横へずらすと。

土地に置かれたガスクラウドオールドウィロウのLVをあげ土地を変え、

3連鎖を築き逆転の機会をうかがっていたQ太郎さんが空いた風LV5の土地を確保。

さらに、土地変化で一気に目標魔力を越えます。

スヴニールさんはLV5のサンダービーク踏みサイレンス数歩先にはオールドウィロウ

歩数を稼いでサイレンスはとけたものの、ファイアーシールドG・クローラの攻撃が阻まれ侵略できず。

最後は自分とQ太郎さんとのに着く早さ勝負だったのですが、

前対戦では不調だった足もすこぶるよくに見事到着して、勝利をもっていきました。

収入12

支払4

侵略8/10

防御2/6

スペル21

領地11

周回6